麺彩 味くら / 濃厚!ドロドロ!イタリアンスープ!


完熟トマトらーめん 850円
ベジポタ系

コッテリ:◎◎○○○(ドロッとしてるのにしつこくない、濃厚トマトスープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(エッジの立ったストレート極細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。煮崩したトマト、巻きバラチャーシュー、粉チーズほか)
おすすめ:コッサリ,ジンワリ,濃い味,華やか,上品,無化調,チャーシュー,ぶらり,軽呑み,穴場,深夜,ファミリー,接待,友人同僚,女性一人,バリアフリー

住所:熱海市中央町6−3
TEL:0557−82−7003
営業時間:11:30〜14:00
     18:00〜27:00
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンター8 テーブル2×1 座敷6×3
URL:麺彩 味くら
最寄り駅:JR東海 東海道本線 熱海駅

ちょっと前のこと。
ボーっとTwitterのタイムラインを眺めていたら、友人のある呟きが目に止まりました。
確かそこには熱海でトマトラーメン・・・みたいなことが書かれており、確かそこにはお店の名前も書かれていて、即座にメモったのを覚えています。

で、つい先日のこと。
湯河原の飯田商店に行った際、そのつぶやいた友人と話した際、ふとそのトマトラーメンの事を思い出しました。
友人の友人(って複雑だ・・笑)の話によれば、なかなか旨かったとのこと。

旨かった・・と言われたら、行くしか無いですよね!って事で、早速突撃して来ました。

お店の場所は熱海の中心、熱海市役所を少し下ったところの、人影少ないちょっとしんみりとした情緒感のあるところにあります。
赤地に白で大きく「麺彩」と書かれた看板がとても目を引くこちらのお店。
中の様子が見えないので面食らいそうになりますが、そろそろっと扉を開けます。

店内もこぢんまりとしたもので、小さな厨房をL字にカウンターが囲み、その後ろには1卓のテーブル、奥には小上がりの座敷もあるようです。

目当てのトマトラーメンはどこかな・・?と周りを見渡しても見当たらず、少し不安になりながらメニューを広げてみると・・・ありました!

完熟トマトらーめん

夜であり、やや肌寒さがあったので、まだ食べたことの無い味噌ラーメンにもそそられましたが、次の楽しみにとっておき、初志貫徹で「完熟トマトらーめん」をオーダーします。

いつ頃からレギュラーメニューになったのか判らなかったので、お店スタッフの方に聞いてみると、かれこれ半年以上前にはお目見えしていたそう。
最後にこのお店に入ったのは何年も前の気がしますが、ゆっくりと進化していたことにも全然気がつきませんでした。。

思いにふけっているうちに、ラーメンが到着しました。

溶け始めた粉チーズと、見るからにドロットしていそうなスープが目を引きます。
他のメニューラインナップやお店の雰囲気から、サラサラ系のトマトスープだろうと想像していたので、これにはビックリ。
逆に期待感が盛り上がります。

大きくて美味しそうなチャーシューを避けつつ、レンゲでスープを掬ってみます。

粘性の高いトマトスープがゆっくりじわーっとレンゲの中に入っていきます。相当なドロドロさですね〜。
口に運ぶ前から、トマト独特の酸っぱい香りが鼻腔をつつきます。

見た目通りにどろんとしたトマトスープは、味わいも非常に濃厚でコッテリ感のあるトマトスープ
でも濃厚なのに全くしつこさが無く、むしろ上品で繊細なサッパリとした後味に仕上がっているところは流石。
力強いんですけど、じっくりと味わう楽しみもあり、実に奥深いスープですね〜。これは美味しい!
聞けば、イタリアントマトをじっくり煮詰めて作ったスープに、お店自慢の動物スープをブレンド。そこに味噌ダレと塩ダレを控えめに溶かしたんだそう。
その複雑な構成を想像できないほど、仕上がりはシンプルで力強く、それでいてサッパリとした自然な後味。

さあ、いつまでもスープばかりを楽しんでいては麺が伸びてしまうので、早速麺も啜ってみましょう。

この見た目からは意外の、博多麺にも似た非常に細打ちのストレート麺。
水分量が高そうなのは、透明感あるその見た目からも想像できます。
エッジの立った麺はやや硬めの茹で上がりで、プチプチとした歯切れの良さと、麺自体にほんのりと甘味も感じられます。
ドロ系スープなので、水分量が少ない太麺でも食べてみたい気もしましたが、これはこれでアリ!な気もしますね。

具材は柔らかく煮込まれた巻きバラチャーシューに粉チーズ、その上には乾燥パセリ、味付き半熟煮玉子。
チャーシューは柔らかくて旨味が程よく、口の中でホロっと崩れます。
味付け煮玉子も黄身がトロンとして固まっておらず、穏やかな味付けが玉子自体の味を引き立てるよう。
たっぷり盛られた粉チーズは、スープの熱で程よく溶けており、麺と絡めながら食べると、トマトの酸味や旨味にチーズの旨味が加わります。

サッとその場で仕上げたトマトスープも旨いですが、じっくり煮込んだ濃厚なトマトスープもまた旨いですね〜。
これの冷たいつけ麺バージョンも食べてみたい気がしましたが、そうなるとよりパスタに近づくんでしょうか。

そんな想像をかき立てる、美味しい一杯でした。

(このラーメンは、2012年3月21日18時40分頃に食べました)

場所といい、雰囲気といい、まさに穴場的なお店の「麺彩 味くら」さん。

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」