大勝軒 みしま / これでいい。これがいい。それが大勝軒。


中華そば 750円
中華そば系

コッテリ:◎◎◎○○(ジワっと強く懐かしい旨味がたまらない王道中華スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(しなやかで力強いコシを持つ、自家製ストレート中太麺)
量の多さ:■■■■■(麺量多め。チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔)
おすすめ:必食,アッテリ,ジンワリ,ガッツリ,濃い味,上品,自家製麺,安い,ぶらり,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人,バリアフリー,禁煙

住所:駿東郡清水町八幡162−1
TEL:055−971−9898
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜21:00
休日:水曜
駐車場:13
座席:カウンター9 テーブル4×2,2×1
URL:大勝軒みしま
最寄り駅:なし

近隣にラーメン店が立ち並び、すっかり東部第2位の超ラーメン激戦区になってしまった駿東郡清水町。
その中に、ラーメン好きなら一目も二目も置いてしまう、伝説のラーメン店のスピリットを引き継ぐお店があります。
それがここ、大勝軒みしまさん。

重苦しい書き出しですが、今日突撃した理由はと言うと、単純にお店でラーメンスープを取ったり麺を打ったりするときに使っているお水が変わったという噂を聞きつけたから。

正直僕レベルだと飲み水は兎も角、ラーメンや麺が水が変わったくらいでは、「わかんな〜い!うふふwOK〜!(ローラ風)」という感じですが、ま、旨きゃいいんでってことで、早速突撃して来ました。

流石都会育ちのお店だけあって、店内BGMもなんだかシャレオツな感じのみしまさん。

田舎育ちで金髪という、田舎者丸出しの僕が入るのもなんだかはばかれる気持ちです。。というのはウソで、面白いことを書こうと思っているだけで、そんなことは一ミリも思わず、そそくさと食券を買ってカウンターにふてぶてしく座ります。

普通の人でも「たいしょーけん」という名前くらいは知ってる方も多いでしょうし、立地の良い場所ですから、開店直後でもやっぱりお客さんはそれなりに入っています。
入ってはいますが、独り客でカウンターは選べる程度の混み具合なのに、何故か前と同じく、カウンターの一番奥に座っちゃいます。

横を向くと、厨房のロスジェネといいますか、微妙に使えないエリアがあるんですが、いつもそこが気になっちゃって足が向かうんですよね。ここで隠れん坊できそう・・って。

気を取り直しまして、本題の中華そば、食べちゃいましょう。
いや、もう、この書き方疲れちゃって。。

これね、写真で見ると小さく見えるんですけど、これ普通の丼に麺が盛り上がるくらい入って、これで「並」ですから。
最近僕小食で、他所のお店じゃ絶対こんなに食べられないんですけど、ここじゃするする〜っと入っちゃうから不思議なんだよ〜、とワクワクしながらレンゲを手に取ります。

相も変わらずジワジワジワ〜っと力強い旨味が迫り来る、そして同時にどこか懐かしさも醸し出す、この何とも言えない中華スープ。
シンプルだけど旨い!旨すぎる!
豚・鶏・魚介に野菜と、いろんな素材から抽出した、まさに渾然一体となった、王道的味わいの中華スープなんですけど、その強い旨味、貝類の出汁のようなあのジーンと来る旨味が凄いんですよね。なんなんでしょう、この旨さ。

止まらなくなりそうなんで、麺行きます。

他所の1.5倍は入っていそうな、とにかくタップリの麺。
モチモチとコシが強く、プ〜〜ッチンと粘る歯応えは、これぞ太麺!これぞ大勝軒!
あれだけインパクトあるスープなのに、麺が全然負けていません。いや、僕の胃袋が負けそうです。
心なしか以前よりもしなやかさが増した気がしますが、絶対気のせいです。とにかく旨けりゃいいんです。

そして具材。
厚切りでしっとりとしていて食べ応えあるチャーシューに、ジャクジャクとした歯応えが心地よいメンマ、チョビっと入ったネギに、チョビっとした海苔にナルト。
これらがスープや麺と違和感なく収まっているところがまた凄い。

旨いラーメンって麺が終わる頃、もう終わっちゃうよ・・と、なんだか切なくなっちゃうんですけど、この一杯もまた切ない系
普通は切ない思いなんてして欲しくないんですけど、ご覧の貴方にも是非この切ない、この上なく切ない思いを体験しちゃって下さい。

最後に真面目な話題ですが、大勝軒みしまさんの営業時間が変わったようです。
また、ホームページも立ち上げられたようです。
直系の愛弟子しか知り得ない情報が、大勝軒だけにたっぷりと盛られていますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

大勝軒みしま

(このラーメンは、2012年3月6日11時30分頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」