らぁ麺 めん奏心 / あまりにも美味すぎて、夢でも見ているのかと思っちゃいました。


完熟トマトの汐そば 840円(一日10食限定、12月〜6月までの季節限定)
塩系

コッテリ:◎○○○○(トマトの甘酸っぱさとバジルの鮮烈な香りに舌を巻く淡麗アッサリスープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(プリっとした食感がたまらない、自家製平打ち気味ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。煮崩したトマト、ブロッコリー、厚切りロースチャーシューほか)
おすすめ:必食,アッサリ,スッキリ,ジンワリ,濃い味,華やか,上品,自家製麺,無化調,チャーシュー,限定,人気店,モダン,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人,バリアフリー,禁煙

住所:島田市金谷栄町3538
TEL:0547−46−0160
営業時間:11:00〜14:00
     18:00〜20:00(金土日)
休日:水曜、第2・第4火曜
駐車場:11
座席:カウンター16
URL:http://blog.goo.ne.jp/mensousin
最寄り駅:大井川鐵道 大井川本線 代官町駅

藤枝で朝ラーを食べた後は、久しぶりに島田市にある「らぁ麺 めん奏心」さんまで足を伸ばしてみました。
そういえば前回来たのはしずめん!TVの収録の時でしょうか。かな〜りのご無沙汰です。

藤枝から島田までは隣の市ということもあって、車で30分も掛からず、別の場所で時間を潰しつつ、お店に到着したのは開店30分前。
もちろん1番乗りでしたが、直ぐその後にはお客さんの車が続々と駐車場に入り、気がつけば開店10分前には最初のロット分くらいはありそうな、行列が出来てしまいました。
しかも僕がお店を出た後も客足が全く途切れず、外待ちしているお客さんが常に居る状態。
噂には聞いていましたが、凄すぎです!

お、店主さんが暖簾を掲げています。お待ちかねの開店ですね。
僕も他の方がお店の中に入ったことを確認してから、店内に向かいました。

今日は食べるものは決めていなかったんですが、今まで食べたことの無い限定を食べよう!と心に決めていました。
決めてはいたんですが、いざ券売機の前に立つと、ザッと見たところ3種類の限定メニューが並んでいました。
丸鶏、煮干し、トマトと、確かいずれも食べたことがある気がするなぁと、曖昧な記憶を辿りつつ迷っていたところ、ふと店主さんのブログで「トマトがe感じ・・」みたいなことを書かれていたなぁと思い出したので、「完熟トマトの汐そば」の食券を購入してみました。

カウンターは全てがお客さんで埋まっており、しかもメニューもそれなりの種類があるにもかかわらず、食券を渡してからは10分ほどでメニューが到着するのは嬉しいですね。

あれれ?こんな感じの見た目だったかな・・そもそもこのお店じゃ無かったかも・・
ホント記憶が曖昧ですが、兎も角食べてみることに。

出来立てアツアツのほんわり湯気が上がるスープは、スープ表面に浮かぶバジルの香りがかなり鮮烈な感じ。
優しくそれらの避けつつ、レンゲでスープだけを掬って口に・・・

ヤ・ラ・レ・タ・!

丸みを帯びた非常に力強く繊細な魚介の旨味と共に、トマトの淡く奥深い甘味と酸味がジワ〜っと広がるあまりにも美味すぎるスープ!
何ですか!この凄さは!
パセリや乾燥バジルの風味が加わっているためにトマトの香りは完全に消し飛んでいますが、むしろ野菜が持つ青々としたフレッシュな風味をバジルが演出しているかのようで、野菜の力強さが凄く前に出た風味がたまりません!
ついついトマトの甘さや酸味、パセリの苦味にバジルの鮮烈な香りに魅了されがちですが、その脇を固めるように魚介出汁と塩ダレの濃厚な旨味もしっかりと感じられ、その纏め具合にまさに舌を巻く思いでした。

スープばかりに気を取られても居られません!
麺も啜ってみましょう!

やや平打ち気味のストレート細麺は自家製。
しなやかなコシとプリっとした小気味よい歯応えが特徴的で、少し熟成感のあるしっとりとした麺肌はストレート麺にもかかわらずスープ乗りも素晴らしい!
しかも旨味の濃いスープの相乗効果もあってか、噛めば噛むほどぐんぐん旨味が増す感じで、飲み込むのが勿体ないと感じるほど。
でも、喉越しもまた素晴らしいんですよね。

具材は厚切りのロースチャーシューにブロッコリー、軽く煮崩した完熟トマトに水菜、旨味の濃い半熟味付け玉子。
ブロッコリーはいいですね〜。それ自体がほんのり甘味があるので、トマトの甘味をより補強する感じです。
相変わらずこの半熟味付け玉子も、玉子自体の旨味が濃厚でたまらないですね〜。

そしてトマト。

完全に溶けるまで煮込むのでは無く、具材としてもある程度食感や風味を残すように浅く煮込んであるため、麺と絡めつつ食べると、これまた甘味や酸味が口の中でスパークするかのよう。
寒い時期にしか食べられないトマトで、しかも春や夏に向かうほど酸味が穏やかに、逆に甘味が増えていくそうで、食べる時期によって変化が楽しめる、季節感溢れる一杯ですよね。

この後もう1軒行く予定でしたが、一滴残らず完食!
食べ終えた後はトマトの甘味やバジルの香りのしばらく残り、幸せな余韻を楽しむことも出来ました。

(このラーメンは、2012年1月22日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2012 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」