すぎ多 / 本場を思い起こさせる豚骨が、なんと500円で!


豚骨らーめん 500円
九州豚骨系

コッテリ:◎◎◎◎◎(クリーミーなのにサラっとした飲み心地の濃厚豚骨スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(博多を思い起こさせるパツパツ食感がたまらないストレート極細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシュー、キクラゲほか)
おすすめ:必食,コッサリ,ワイルド,オイリー,濃い味,安い,ぶらり,軽呑み,穴場,朝ラーメン,友人同僚

住所:藤枝市岡出山1丁目9−9
TEL:054−645−2171
営業時間: 9:00〜14:00(平日)
      5:00〜14:00(土日)
休日:月曜
駐車場:3
座席:カウンター8 座敷6×3
URL:なし
最寄り駅:なし

先日仕事絡みで朝ラー研究会の会長さんとお会いしたんですが、その際教えて頂いたお店に突撃してみました。
曰く、居酒屋なんだけどこの5月から居酒屋メニューとして好評だったラーメンを、居酒屋タイム以外にも提供し始めたんだそう。
そう言えば、このところ焼津・藤枝地域では朝ラーブームが定着した感があり、その流れに乗って朝からラーメンを出すお店が一気に増えましたよね。

そんなこんなで、久しぶりに朝ラーを食べに藤枝まで車を走らせてみました。

このところ夜遅くまで作業する日が殆どで、かなり早起きがキツい体質になってしまい、この日もやっぱ行くの止めようかな・・寒いし・・なんて布団の中で悩む始末・・
なんとか頑張って起き、予定よりも30分ほど家を出るのが遅れてしまいましたが、何とか朝ラータイムに到着しました。

藤枝市役所からもほど近いこちらのお店。最後に載せた写真の通り、見るからに居酒屋なんですが、なんだか楽しげな雰囲気がします。
引き戸を開けて店内に入ると、そこはやはり居酒屋の雰囲気。
右手にカウンターと、左側には座敷があり、カウンターも手前側2席を除いて靴を脱いで上がります。

メニューを見ると、「豚骨らーめん」を筆頭に豚骨醤油・塩・マー油入りの「すぎ多らーめん」、珍しいところでは焼き麺を使った「パリ麺豚骨らーめん」なんてのもありました。
ちなみにこの時間に飲めるかはわかりません(笑)

というわけで、初めてということと、この後もう1軒行きたかったので、シンプルに「豚骨らーめん」を注文しました。食べる前なので早計かも知れませんが、今時一杯500円って破格ですよね。

んで、供されたのがこちらの一杯。

細かな気泡がたっぷりと浮く、完全に白濁したスープは、その見た目からして「旨さ」を予感させます。
一口そのスープを口に含んで、思わず手が止まりました。

頭の中を、旨い・・・という大きな二文字がゆっくりと流れていきます。

豚骨の髄まで溶け込んだクリーミーなスープは、臭みが無く、それでいてザラりと舌にへばりつく超が付くほど濃厚さを持っています。
飲み口はさながら博多で食べた濃厚な豚骨スープの雰囲気がありますが、不思議と後味がサラっとしているところが興味をそそります。
肉系だけでドロっとした濃厚さを出しているのでは無く、野菜類が効いているんでしょうか。
パンチがありながら、その余韻を爽やかに切り返す、ちょっと不思議な豚骨スープですね。

麺はこれまた博多風のストレート極細麺。
パツパツとしたアノ麺独特の食感が、博多ラーメンを思い起こさせます。
固さのオーダーは特にしませんでしたが、食感的には博多風のチョイ硬めな茹で加減でした。

具材は柔らかく煮込まれたバラチャーシューに、乾燥キクラゲ、小口のアサツキに甘口のメンマ。

流石会長がオススメするだけあって、実に実に旨い豚骨ラーメンでした。
この濃厚な豚骨ラーメンが、居酒屋で出てきたら確かに驚いちゃいますね。

(このラーメンは、2011年12月17日9時頃に食べました)

居酒屋とて侮るなかれ!本格博多風豚骨ラーメンが食べられる「すぎ多」さん。

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」