らーめん もかすけ / とろん!優しい白湯スープが超旨い!


塩とんこつらーめん 750円
豚骨系

コッテリ:◎◎◎○○(とろみが魅力の豚と鶏をブレンドした白湯スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(ポクポクと歯切れのいい食感を持つ自家製ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。厚切り柔らかチャーシュー、半熟味付け玉子ほか)
おすすめ:必食,コッサリ,スッキリ,ジンワリ,濃い味,上品,自家製麺,チャーシュー,ぶらり,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人,禁煙

住所:田方郡函南町肥田345
TEL:055−944−6360
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜21:00
休日:水曜
駐車場:5
座席:カウンター10 テーブル4×3
URL:なし
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 原木駅

そろそろ新店巡りというか、ブログ更新をしなくっちゃ・・と思って、まずは近場から攻め始めている今日この頃。
おはようございます、かなり高橋でございます。

ところがそんな戦闘態勢にもかかわらず、先週くらいから振られまくりのやられまくり。
この日も行きたかったお店2軒共に振られてしまい、まごまごしていると晩飯を食い逃しそうな時間に差し掛かってきました。
どうしようか・・どうしようか・・、で、ふと目に飛び込んできたのが、こちらのお店の看板。
店前に置かれた大きな看板には、筆文字で「辛味噌はじめました」みたいなことが書かれていて、赤い唐辛子の絵がフニャっとしてるな・・と、変なところが気に掛かり、一旦は通り過ぎたにもかかわらず、その唐辛子の絵に惹かれて引き返して突撃。

お店の閉店は21時となっており、僕が入ったのは20時30分頃。アブナイアブナイ、ちょっとでも迷ってたら食いっぱぐれるところでした。

こんな時間ではありますが、店内は地元っぽい方々がポツポツと舌鼓を打っており、僕もその仲間に混ぜて貰うことに。

気分は辛味噌ラーメンだったんですけど、メニューを見始めると、開店当初に比べて随分増えたなぁと圧倒されます。
辛味噌に至っても夜限定で花山椒を使った激辛の限定物もあったりして、迷ってしまいます。
そんな中注文したのが、初志を忘れて、「オススメ」とある、「塩とんこつらーめん」。
確かこのメニューは開店当初は無かったですよね。僕も食べたこと無いので、あえて行ってみました。

初めてお目に掛かる一杯は、白濁したスープ表面に5ミリほどはありそうな背脂の層がコッテリを予感させますね。
静かにレンゲでその脂をかき分け、下層のスープを口に運んでみると、これがアツっ!!
多分、「温いラーメンは不味いずら。ぷーすーは熱々がうみゃーずらよ。」なんて伊豆弁でクレームが入った・・わけありませんよね。
ちなみに僕は小学生時代に「伊豆の方言、だら、ずら、みゃあ」で何か賞を貰った気がしますが、関係ないですね。

兎も角、熱々のこのスープ。一口目から圧倒されてしまいました。

豚と鶏を使っているというスープは、ズッシリと重く、それでいて非常にマイルドで滑らかなとろみがある、パワフルさと繊細さの両方が合わさった味わい
肉系の鶏がとろみと旨味を、豚骨が奥深さを互いに邪魔すること無く綺麗に調和しており、そこに一筋の塩味がツンと立っている感じで、実に美しくも調和の取れたスープですね。
塩豚骨とありますが、僕の舌にはむしろ鶏が強く感じられ、鶏白湯と言ってもいいかも・・と。
スープ表面に浮く胡椒・フライドガーリック・白ごまなどが香ばしさをプラスし、重く、どよーんとしがちな動物系スープを引き締めていました。

麺はお店で打ったストレートの細麺。
熟成感のあるしっとりと滑らかな舌触りと、ポクっと歯切れの良さを持ち、同時に小麦の風味がふわりと漂う、これまた上品で洗練されたもの。

具材は軽くボイルしたキャベツ・モヤシに厚切りのチャーシューが2枚、淡い味付けのメンマに半熟味付け玉子、薫り高い海苔に青ネギ。
どれも優しく洗練された味付けや食感に仕上げられており、重みがありながらも上品なスープによーくマッチしていました。

開店当初に食べたラーメンは、いわゆる魚介豚骨醤油で、正直言って「またかぁ・・」と感じたものですが、この塩豚骨はドッシリとした迫力ある重みがありつつも、細かなところまで目が行き届いたような繊細さもあり、実にうんまい一杯でした。

(このラーメンは、2011年12月13日20時30分頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」