めん処 火拳 -FIRE FIST- / さて問題です。この屋号、なんて読むでしょう?


ラーメン 650円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(ニンニクフレーバーが強烈なアッサリ野菜スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(水分量の多いプリプリ食感の中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。豚バラチャーシュー、茹で玉子ほか)
おすすめ:アッサリ,ぶらり,通し営業,ファミリー,友人同僚

住所:沼津市下香貫1186
TEL:055−933−6611
営業時間:11:00〜22:00
休日:火曜、第3月曜
駐車場:あり
座席:カウンター5 座敷4×3
URL:なし
最寄り駅:なし

2011年12月1日オープンの新店。

こちらは以前もラーメン屋でしたが、いつのまにか閉店されてましたね。
新たに入ったこの「火拳」さんですけど、確か1ヶ月くらい前には看板が掲げられ、いつ頃オープンするのか?そもそもラーメン店なのか?が気になりながらお店の前を通っていましたが、とうとうオープンしました。

気になりつつもオープン日をすっかり忘れていて、初突撃は翌日の2日。
営業時間が解らなかったんですが、まぁラーメン店ですから11時頃かな・・なんて思いつつ横山トンネルを抜けて一路お店に向かってみました。

オープン間も無いですが、この日は道路工事を行っていてなんか物々しい雰囲気。
でも、開店を祝う花が並んでいかにもオープンしました!という感じ。
丁度11時になったばかりというところで、暖簾が掲げられてお店が開いた直後に入ることが出来ました。
というわけで、オープン2日目の一人目の客?

カウンターに座りメニューを見ると、ラーメンを筆頭に屋号の付いた「火拳ラーメン」の他、つけ麺なんかもありました。
つけ麺のみ「カレーつけ麺」というのもあり、お店曰く絶品カレーつけ麺のシメにライスを入れるのがいいようです。
そして屋号の付いた火拳ラーメンとは辛味を加えたラーメンだそう。初めてということで、よりシンプルに味を楽しもうと思い、ベーシックに「ラーメン」を注文してみました。

店内はレイアウトこそ以前とほぼ同じで、入って右手にカウンター、左手に小上がりの座敷があります。
厨房は2つに分かれているようで、カウンター側で麺を茹で、茹で上がったら店の奥の小窓がついた離れのような場所で盛りつけを行っているようです。
それにしても若いスタッフが4名も居ると、それだけで活気がある感じがしますね。

程なくしてラーメンが到着。

若さや勢いを感じる屋号から、ガッツリとしたラーメンをイメージしていたんですが、配膳されたラーメンは可愛い丼に淡い色合いの醤油スープが顔を見せており、これにはちょっと拍子抜け。

そのシンプルな見た目のスープを一口・・・
淡い見た目同様、サッパリとした野菜の旨味が優しく広がる醤油スープで、特筆すべきはやっぱりこのニンニク風味
なんとなく食べる前からその匂いがしていたんですが、臭み消し・風味付けというよりは、このニンニクの香りや旨味を全面に押し出した野菜スープという感じで、珍しい味わいですね。
動物系では鶏がらあたりも使っていそうですが、バランス的にはあくまで野菜、特にニンニクがメインな感じ。

麺は水分量の多い、プリプリとした食感を持つ、ややウェーブした中細麺。
最近は小麦の風味を重視した麺が多いんですが、昔ながらのこういう多加水麺もいい感じですね。

具材は煮込んだバラチャーシュー、茹で玉子、水煮のメンマに海苔・白ネギ。

インパクトある屋号から、味もインパクトあるかな・・と想像していたので、ラーメンが到着したときは若干肩すかし感を抱いてしまいましたが、まぁそれは勝手な思い込みですからね・・(^^;)

あ、ちなみにこの屋号なんて読むかわかります?
正解は・・「ひけん」だそうです。

(このラーメンは、2011年12月2日11時頃に食べました)

インパクトある屋号が目を引く「火拳」さん。

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. けいば より:

    よろしくお願いしまーす
    僕も行きました
    写真とはまた違う感じになってましたよ
    ちなみに3日目です
    店主に聞くことによると 初日 二日目の反省を生かし
    大幅に改良したとの事です 

    • かなり高橋 より:

      情報ありがとうございます。
      なるほど、お店としてはスロースタートを切った感じですかね。
      今後に期待!という感じでしょうか。

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」