拉麺 豚風亭 / の塩ラーメンと謎メニュー


塩ラーメン 750円
カナキン系

コッテリ:◎○○○○(煮干しが奏でるカナキン系バランスのスープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:アッサリ ぶらり ファミリー
住所:静岡市清水区大内121−7
TEL:054−347−3036
営業時間:11:30〜14:30
      17:30〜22:00
      17:30〜21:00(日祝)
休日:水曜、第3火曜
駐車場:9
座席:カウンター8 テーブル4×2 座敷4×2
URL:なし
最寄り駅:なし
 


ラの患者です。
久しぶりに豚風亭へ伺いました。7月以来です。
メニューが新しくなっていました。以前伺った際に、店主が「これからは、塩を推していきたいんです」と言っていましたが、確かにメニューを開くと、左に「塩ラーメン」、右に二郎系インスパイア「豚風麺」が大きく紹介されていて、このアッサリ、ガッツリのツートップで攻めていく方針がよく分かる感じになってます。新メニューでは、上の2メニューにサクラエビで作った香味油を加えた「えび」味バージョンが加わり、ほか、若干のネーミング変更及び価格改定がされています。

さて、今回はそのイチオシ「塩ラーメン」を注文しました。
前回伺った時にも頂いたのですが、その日4杯目のラーメンで、お腹が臨界状態で堪能できなかったため、再チャレンジです。
出てきたラーメンは、麺はストレート細麺で、具材は鶏団子、シナチク、白ネギ、タマネギの微塵切り、水菜と、見掛けも非常にアッサリ、シンプルなもの。前回食べた時は、鶏団子ではなく、普通にチャーシューで、あと胡麻が掛かっていましたが、そこはマイナーチェンジされた様子です。
スープは、煮干しが味わい立つカナキン仕立て。このダシのバランスに私、弱いです。
チャーシューから鶏団子になったことで、以前より更にアッサリ感と、優しい感じが増しました。
豚ダシ好きな私としては、もう少し豚ガラを効かせるか、チャーシューを載せて脂の香味がスープに溶け込み、ボディが出た方がいい感じですが、そのへんは微妙な好みの問題か。
麺大盛りで注文したところ、細麺で伸び易いからか、大盛り分は後で小鉢で出てきました。この辺の気遣いも嬉しいところです。
美味しかったです。ご馳走様でした。

ところで、新メニューを眺めていたら、「豚風麺」の部分に、テープでマスキングされているメニューがあることに気が付きました。若干透けて見えるので何となく読んでみると、とんでもないものが隠されていました。
「豚風野郎Aチーム(太麺) 麺500もやし300g  チャーシュー8枚 ・・・ ¥2,000」
なんですか麺500gって! (普通は多くても200gぐらいと思いますが) 価格も凄いけど。
一気に三杯食べるくらいのボリュームですね。もやしだけでお腹一杯になる気が。
吹き出しで、「お一人様につき、1杯のご注文となります」と書いてありますが、これだけ頼んで多人数で分け合うのはダメということですよね。
原則、一人で攻略せよと。これ、世間の豚攻野郎に挑戦状を叩き付ける感じですね。
このメニューは、いつか封印が解かれるのでしょうか。今後に注目です。(それとも1度世に問い、既に封印されたものなのか)
あと、なぜAチームなのか。店主がメンバーの一人に何となく似ているからなのか(失礼)。

今回、日曜日の12:30頃伺いましたが満席でした。繁盛ですね。
次は、まだ食べていない旨辛ラーメンを頂きに伺います。Aチームの封印が解かれても私には無理です。その際は、大食い部隊、豚攻野郎の皆さん、玉砕必至ですがリポートよろしくお願いします。

 (このラーメンは、2011年10月8日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」