麺屋 鶏頂天 / 天城軍鶏肉ギッシリな、食べ応えあるワンタン


軍鶏わんたん麺(醤油) 950円 (数量限定)
中華そば系

コッテリ:◎◎○○○(魚介出汁がほんのり効いた昔懐かしい中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(米粉入りのややウェーブしたストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。軍鶏挽肉ワンタン、味付け玉子ほか)
おすすめ:アッサリ,ジンワリ,濃い味,上品,限定,ぶらり,軽呑み,ファミリー,友人同僚,バリアフリー,禁煙

住所:沼津市岡宮1458−3
TEL:090−4407−9513
営業時間:11:30〜14:30
     17:30〜21:00
休日:火曜
駐車場:5
座席:カウンター7 座敷5×3
URL:http://menya-uchoten.com
最寄り駅:なし

オープン後から限定メニューにも意欲的に取り組まれている、沼津市の新店「麺屋 鶏頂天」さんに突撃してみました。

今月の限定メニューは、量が少ないために貴重で非売品となっている専用の「軍鶏挽肉」を使ったワンタンをトッピングした、「軍鶏わんたん麺
軍鶏挽肉の数が無くなり次第終了ということで、いそいそと早めに行ってきました。

ベースとなるタレは他のメニューと同様に醤油か塩が選べ、個人的にはこちらのシンプルなスープに合っていると感じる醤油で注文してみました。

スープを飲んでみると、んん?何か変わった??
頻繁と言うほどでもありませんが、比較的他のお店に比べて立ち寄ることが多いこちらのお店。
なんだか以前よりも旨味に厚みがあるような感じがして、聞いてみるとノーマルのスープには魚介出汁を少し効かせるようにしたとのこと。
どうりで旨味に厚みが出たんですね。軍鶏油を使っているので、値段的にもてっきり軍鶏スープを使っていたかと思ったら、流石にそれをしてしまうと値段がとんでもないことになるそうで、より軍鶏肉の旨味を楽しんでもらうべく、あえてノーマルのスープを使っているとのこと。
ノーマルにしても軍鶏スープにしても、どちらもシンプルで昔懐かしい中華スープタイプの味わいですが、開店以来徐々に改良を重ね、今はノスタルジックな味わいの向こうに品の良さも加わった感じですね。

麺は米粉入りのストレート細麺。
ややウェーブが掛かっており、それがスープの吸い上げをよくしている感じ。
米粉の特徴か、柔らかなモチモチ感と、米粉の風味が僅かに漂ってきますね。

具材はたっぷりと餡を詰めたワンタンが5粒にメンマ、半身の味付け玉子に海苔、ネギ。
主役のワンタンは軍鶏挽肉に野菜類が加わった、ちょっと餃子にも似た風味。
個人的には餡を今の1/3の量で、餡自体も野菜を抜いて肉肉しい感じで、ワンタンの皮をもっと大きくしたのが好みですが、このあたりは逆にお店側のたくさん食べて欲しいというこだわりもありそうですね。

開店当初から軍鶏肉のワンタンメンが食べてみたいな・・と思っていたのと、改良されたスープの旨味の厚みが増していたことなんかが重なり、丼の底の文字がハッキリ読めるほど旨いっ!っと全部平らげちゃいました。

提供数が少なく、早ければ10月半ばには終わってしまうかも・・らしいので、食べたい方はお早めにどうぞ。

(このラーメンは、2011年10月2日21時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」