中華そば 金星食堂 / ほろ苦いマー油がミルキーな豚骨スープと溶け合う、オトナラーメン


黒豚骨 700円
豚骨系

コッテリ:◎◎◎◎○(ミルキーで洗練された味わいの濃厚豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(パスっと歯切れの良いストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシュー、モヤシ、細割きメンマほか)
おすすめ:コッテリ,オイリー,濃い味,華やか,上品,ぶらり,穴場,モダン,深夜,デート,接待,友人同僚,女性一人,禁煙

住所:静岡市葵区両替町2丁目3−2 NSコートビル1階
TEL:054−271−8847
営業時間:17:30〜27:00
休日:日曜、第3月曜
駐車場:なし
座席:カウンター10 テーブル4×1
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 静岡駅

2011年7月1日オープンの新店。

といっても突撃が随分遅れてしまいましたが。。

既に「ラの患者」さんも突撃しており、その記事にもあるように、こちらのお店は同じ静岡葵区にある「らーめん 矢吹」さんの2号店。

当初は鶏を主体としたアッサリラーメンも提供されていたようですが、今は矢吹さんに同じく、豚骨オンリーのお店になったようですね。(鶏のラーメンも食べておきたかったなぁ・・・)

両替町界隈は夜の街ということもあってか、夜だけ営業のラーメン店も数多く、こちらもお店もその一つ。
照明落とし気味の黒を基調としたオトナの雰囲気は、矢吹同様モダンな感じですね。

入口横にある券売機にはラーメンとつけ麺、およびサイドメニューが並んでおり、ラーメンはどうやら表面の油を使い分けて3種類の味が選べるよう。
海老油の白、唐辛子の赤、マー油の黒と、近隣店の権座さんや、浜松の海老蔵さんを思い起こさせるネーミングですね。

で、今回は私自身がマー油好きということもあり、「黒豚骨」の食券を購入してみました。

夜の部を開けたばかりで、先客も1組だけと言うこともあり、直ぐにラーメンが到着しました。

表面は油でキラキラと光り、黒いマー油と茶濁した豚骨スープが混ざり合い、さらに濃い茶色に染まりつつあるスープ。
粘性自体はそれほど高くないものの、とても滑らかな舌触りを持つ豚骨スープは、臭みが無く、それでいて力強い豚骨の風味も備えた、ミルキーで洗練された味わい
矢吹譲りのその味は、あえて分けるなら関東風の豚骨スープに仕上がっており、マニアならずとも、コッテリ好きな方ならきっと唸ってしまうことでしょう。
表面のマー油は甘くほろ苦く、独特の香ばしさを持っており、徐々にその風味が豚骨スープに溶け、スープ自体の風味も変わっていきます。

麺はやや平打ち気味のストレート細麺。
水分量が若干少ないのか、パスっとした歯切れの良さを持ちつつ、濃厚な豚骨スープもよく絡め、スープ同様洗練された風合いがありました。

具材は軽く湯通ししたモヤシに万能ネギ、その上にはすりゴマをパラっと乗せ、その周囲には幅広にカットされたバラチャーシュー、メンマ、海苔が刺さります。

それにしてもこの界隈は、伊駄天さんが支店を出したあたりから、イマドキなラーメン店が増えましたね。
しかも以前はあまり見なかった、豚骨メインのお店が増え、いずれもしのぎを削っているところが興味深いところであり、ある意味この界隈もラーメン激戦区と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。

ちなみに、しずめん!ライターの「ラの患者」さんの同じラーメン記事はこちらから。

(このラーメンは、2011年9月3日18時頃に食べました)

矢吹譲りの豚骨が旨い、「中華そば 金星食堂」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」