太平閣 / シンプルなラーメンは炒め物と一緒に食べるのがツウ!


らーめん 450円
中華そば系

コッテリ:◎◎○○○(ハートに染みこむスタンダードな鶏ガラ中華スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(ややウェーブした細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。モモチャーシュー、メンマほか)
おすすめ:アッサリ,スッキリ,上品,人気店,老舗,安い,ぶらり,軽呑み,ファミリー,接待,友人同僚,女性一人

住所:静岡市葵区瀬名1−11−84
TEL:054−261−1491
営業時間:11:00〜14:00
     17:00〜21:00
休日:月曜
駐車場:あり
座席:カウンター3 テーブル4×3 座敷4×2
URL:なし
最寄り駅:なし

中華料理店がひしめき合う、瀬名の中華スポットにやってきました。
住宅街の中、半径500m範囲に中華料理店が4つもあり、いずれも老舗で、いずれも賑わっているので、どれにしようか目移りしてしまいますが、今回はこちらの「太平閣」さんに突撃してみました。
(というよりも、実は別の目的があって最初からこちらのお店に狙いを定めていたんですが。。)

この界隈は見た目は閑静な住宅街という感じなんですが、お店の直ぐ近くには団地や寮があって、お昼時というのもあってか、特に学生さんが多く歩いていて、随分人が多いなぁという印象。
台風が接近して時折雨風が激しく吹き荒れる天候だったんですが、人通りもあり、お店も車がひっきりなしに入ってきて、人気があるんだなぁという感じがしました。

店内は入って右手が小上がりの座敷、左手奥は広い厨房で、その手前に3席ほどのカウンターと、後ろにはテーブル席が囲んでいました。

カウンターは1人が座るともう一杯というこぢんまりとした感じだったので、奥のテーブル席に独りポツンと座りました。

メニューは炒め物が豊富な、いかにも町の中華料理店という感じ。
私の感覚では静岡市は物価が高めで、値段がやや高めという感覚だったんですが、ここは中心部からもだいぶ外れているためか、むしろ伊豆のようにリーズナブルな値付けになっていました。

1軒目なら躊躇してしまいますが、お腹が半分埋まっていたので、一瞬迷いつつも、一番シンプルな「らーめん」を注文しました。450円ってメッチャ安いですね。

底が浅い丼のためか、スープ表面から麺が浮く、写真映えのする一杯。
丼の縁や麺に寄り添うように、動物油が控えめに浮くスープは、鶏がらのサッパリとした風味と共に、醤油の甘辛い味わいが淡く広がる、いわゆる昔ながらの中華スープ

麺はややウェーブした細麺。
柔らかめに茹で上げられており、見た目の白さが目を惹く感じ。

具材はシットリ煮込まれたモモチャーシューに、ほんのり甘い味付けの水煮のメンマ、ナルト・海苔・万能ネギ。
この手の淡いスープって万能ネギのジャクジャクとした歯応えと、ネギの風味が合わさっていい感じなんですよね。

単品でも値段を考えれば食べ応えある一杯なんですけど、やっぱり中華料理店では、これを単品で食べるよりも、油が強めの炒め物とライスと共に食べるほうが、このラーメンの良さがより光る感じなんでしょうね。

とある目的で「太平閣」さんを食べに行ってみようと突撃してみましたが、静岡中部には太平閣さんが2店舗あるようで、実は今回突撃したこちらは間違えていたことが後になって判明。。
本来行きたかった方の太平閣さんに行ってみよう。。

(このラーメンは、2011年9月3日12時頃に食べました)

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」