ラーメンいろいろ!駿河軍鶏ラーメンとラーメンバーガー

中部在住の多くのラーメン好きな知人から、是非行っておくべき!と何度も何度も言われ、やっと行ってきました。
そのお店の名前は、「旬菜酒房わいも」さん。ラーメン専門店では無く、居酒屋さんです。
当日はラーメン友達の静岡人さんに案内して貰い、まずはわいも自慢の駿河軍鶏を焼いたものや、刺身系をヱビスビールと共に頂きました。
軽く酔いが回ってきた頃、「じゃ、そろそろ頼む?」と静岡人さん。
私はノーマルの清湯系塩ラーメンを具別皿(素ラーメン)で。

駿河軍鶏を使ったスープは臭みが全く無く、それでいて軍鶏の旨味をパワフルかつ軽やかに纏った、繊細で煌びやかさすら感じさせる極上の味わい。
エッジの立った水分量が少なくパスっとした独特の歯応えを持つ細打ちのストレート麺も、この淡麗で華やかなスープをより魅力的に引き立てます。
そして別皿に盛られた鶏チャーシューも、低温でじっくりと仕上げた感がビンビンと伝わってくる、シットリと滑らかな食感とジューシーさも併せ持った素晴らしいもの。
居酒屋さんのラーメンというと、正直言ってやはり居酒屋メニューの一つ、という感から抜け出ていなかったのですが、この一杯は居酒屋の枠を完全に超えてますね。
もちろん、通常のラーメン店よりも原価は掛かっているでしょうが、この味を出されてしまうと、周りのラーメン店は参ってしまうんじゃないでしょうか。

旬菜酒房 わいも
住所:静岡市葵区七間町8−25 ITO七間町ビル1階
営業時間:17:30〜24:00
定休日:日曜
参考URL:http://www.sapporobeer.jp/gourmet/0000005665/

もう一つ小ネタ。
8月15日から8月17日まで、「三島夏まつり」が開催されました。
お祭りは三島広小路駅と三嶋大社を挟んで歩行者天国で行われ、その場所は自宅からそう遠く無いので、テクテクと歩いて行ってきました。
このお祭りのもう一つの楽しみは、沿道にずらりと並ぶ的屋。
たこ焼き屋さん、バナナチョコ屋さんなどの見慣れた屋台の中に、一つだけ大変珍しい屋台を発見しました。


「ラーメンバーガー」屋台です。

凄く行列していたので一旦は諦めたんですが、もう一度通りがかってみたら丁度空いていたので、買ってみました。

「ラーメンバーガー」500円


茹でた麺を湯切りし、そのまま油を引いた今川焼きのような型を掘った鉄板でカリカリになるまで焼き上げ、間にはラーメンの具材であるチャーシュー・メンマ・青ネギを挟み、片栗粉でトロミを付けたタレを塗って完成。
タレの味は4種類。醤油・塩・味噌・豚骨とありました。
チャーシューやメンマを揚げた麺と共に食べると、なんとなくラーメンを食べているような感じもします。
お祭り向けの面白い食べ物でした。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 6件

  1. naminaminami より:

    【新店情報】沼津と富士の境の380号線と163号線の合流地点に「うまいラーメンショップ○○店」が出来る模様。現在、基礎工事をしていました。昔はGSでした。まぁ、後1・2ヶ月は掛かるでしょうけど。

  2. naminaminami より:

    【続報】建屋が全形が見えてきました。それにしても、早いなぁ。

  3. naminaminami より:

    【続報】外観が見えました。あとは内装だけかな?

    • かなり高橋 より:

      お返事遅れましてスミマセン。。
      僕も先ほど通って確認してきました。
      目立ちますね〜、特に沼津から富士に向かう、下り側からは(^^)/

  4. naminaminami より:

    9月1日オープンの裾野市石脇の豚骨ラーメン豚”に行ってきましたよ。
    実際は豚骨醤油ですね。それにフォルムも二郎系。
    美味しいですよ。メニューも豊富でレディースセットなんかもあったりして年齢性別を問わないって感じです。

    行ってみてください。

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」