めん処 藤堂 / この見た目はまさか・・・まさか・・・


油そば(並盛り・ニンニク小) 780円 (平日夜のみ、数量限定)
和えそば系

コッテリ:◎◎○○○(魚粉が効いたマイルドな味わい)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(平打ちのウェーブ太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。茹でたモヤシ、甘辛いチャーシュー、刻み生ニンニクほか)
おすすめ:コッサリ,ガッツリ,濃い味,上品,限定,人気店,モダン,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人,バリアフリー,禁煙

住所:三島市安久142 ハイツ杉沢101
TEL:055−982−6688
営業時間:11:30〜14:00
     17:30〜20:30
休日:火曜・水曜
駐車場:14台
座席:カウンター3 テーブル22
URL:http://td.orpro.jp/
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 大場駅

初島からの帰り道。
三島市に入った頃は丁度夕飯時だったので、久しぶりに藤堂さんに突撃してみました。

随分久しぶりなんですが、つい最近はコンビニでもこちらのお店がプロデュースしたメニューが発売されているみたいで、それでふと思い出したんですよね。

真っ黒い外観が異空間を予感させる藤堂さん。その重厚さに引き込まれながら店内に。
夜の部が開いたばかりではありますが、暗めの照度で落ち着いた雰囲気の店内には、カウンターを除いて既に大入り状態。流石の人気っぷりですね。

手元のメニューを見ると、大きく「油そば」と書かれた限定メニューが目に付きました。

(え!?藤堂で油そば!?)

入る前は普通に雫の塩でも食べようかな・・・なんて思っていたのですが、限定、それも油そばがやっているなら、それを食べない手はありませんよね。
よく見るとニンニクを入れることも出来るみたいで、一体どんなメニューなのかな・・・とワクワクしながら店員さんにオーダーを通します。
東部の比較的新しいお店ではほぼ定着した、大盛り無料ルールもこのメニューにはあるようでしたが、あえて普通盛りの、ニンニク小でオーダーしてみました。
ちなみにニンニクの量は調節が可能で、無し・小・中・大の4段階になっていました。

で、それほど待たずに配膳されたのがこちら。

中央にはモヤシの山が出来ており、その脇には刻んだニンニクを初めとした具材が、一見ワイルドではあるものの、藤堂さんらしく丁寧に盛りつけられています。

これは驚きました。丁寧ではあるものの、まさかの二郎ルックス
あの藤堂さんですよ!?
そういえばちょっと前から「餃子」も提供されていますし、なんとなくこの地域の人が考える「ラーメン店」のイメージに、今になってメニューを追加している感じがしたのですが、まさかこの手のG系まで出してくるとは、ビックリして思わず笑いそうになってしまいましたよ。

でもお味の方はやっぱり藤堂流。

ガッツリ盛られた具材をかき分け、さらにはその下にある麺をも避けてみると、やや多めに茶褐色をしたタレが入っていました。
それを単品でなめてみると、口当たり軽くクセも無い油がたっぷりと入り、魚粉の風味と甘味が前に出た醤油ダレが沈んでいました。
見た目は汁無し二郎っぽい感じですが、味わいは全然別方向で、魚介醤油とでも名付けたくなる和風な味わい。
油も入ってはいるもののあまりしつこさはなくむしろまろやかで、魚粉がそのまろやかさをキリっとまとめ上げていました。

麺は平打ちのややウェーブしたストレート太麺。
とても滑らかで硬質さとプリプリ感が同居した食感は、藤堂さんらしいモダンな雰囲気。
見た目が二郎っぽかったのでてっきりワシワシ食感の極太麺を想像してましたがさにあらず。
その期待を良い意味で裏切る、繊細で上品な麺が待っていました。

具材は、軽くボイルしたモヤシの山盛りに甘辛く煮付けたチャーシュー、メンマ、半熟の味付け玉子に白ネギとアサツキのWネギ、お好みトッピングで刻んだ生ニンニク。
今回はニンニクを少なめでオーダーしましたが、気にならないなら多めでも良かったかも。
モヤシがガッツリ感を演出してはいるものの、やはり出自は隠せないようで、チャーシューやメンマ・半熟味付け玉子はゆっくり食べるとその繊細な仕事っぷりが見えてきますね。

いやぁ、それにしてもモダンで上品な藤堂さんがまさかG系に挑戦してくるとは思いもよりませんでした。
そういえば餃子も始めたりして、なんとなくそんな庶民的な兆候はあったとはいえ、いやはやビックリです。
この調子で二郎系ラーメンも・・・なんてことにはなりませんよね(笑)

(このラーメンは、2011年7月29日18時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」