食堂 蒲原館 / で、昔ながら系をズバズバッと啜って至福に浸る


ラーメン 520円
中華そば系

コッテリ:◎◎○○○(豚薫る昔ながら系スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(モチモチと存在感あるストレート中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:アッサリ、人気店、老舗、安い、ほんわか、ファミリー
住所:静岡市清水区蒲原堰沢433
TEL:054−385−2233
営業時間: 平日   11:00〜14:30  / 16:30〜19:30
        土日祝 11:00〜19:00
休日:木曜
駐車場:12
座席:テーブル18 座敷12
禁煙:全席禁煙
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 蒲原駅

 


ラの患者です。
土曜日の昼頃、興津まで用事があったので自転車で出かけ、ついでにそこから電車に乗って、チャっと「蒲原館」まで行ってきました。
こちらのお店は、私の周辺の「昔ながら系」が好きな方達から、かなり高い評価を受けていて、是非一度は伺いたいと思っていました。
JR蒲原駅を降りると、店は駅前の交差点の角にあるので、すぐ分かります。歩いて向かっていく途中の駅のロータリー内に、蒲原館の駐車スペースが二台分あり、店の前にも10台分の駐車場があります。これだけ見ても、相当な人気店だと分かります。

暖簾をくぐったのは、14時近くです。(土日祝は通し営業をされています)
店内は、地元の食堂という感じ。子連れのファミリーが3組、サラリーマン風の男性1人が先客でいました。

テーブル席に着いてメニューを見、最もベーシックそうな「ラーメン520円」を頼みました。安いですねー。
他のメニューは、ワカメ、モヤシ、ミソ・・・と一般的なラインナップですが、中には「揚げ餃子ラーメン」という変わりダネもあります。
さて、出てきたラーメンは、モモチャーシュー、シナチク、ナルト、ノリが乗った、スタンダードな「昔ながら系」で、豚の豊かな薫りと、刻みネギの香りが相まって立ち昇ってきて、結構ソソられます。
レンゲでスープを啜ると、豚と醤油の素晴らしい重奏が口の中に広がります。
麺の出来については、この食堂風の店構えと価格から、正直さほど期待していませんでしたが、意外なほど存在感あるツルツルモチモチの中細麺で、とても美味しかったです。
麺をズバズバッと啜り、そこにスープを啜り込むを繰り返して、ああ、もう至福です。
完汁、合掌。
ご馳走様でした。
評価どおり、大変美味しかったです。
駅前にこんな安くて美味しい店があると、私が蒲原住民だったら、結構通ってしまいそう。

この後、ラーメンとは関係ありませんが、興津で「ずんどう焼」(小さい今川焼きみたいなの)を買って、のんびり食べながら帰りました。(中の餡が、アンコ、クリーム、ツナ、キムチの4種類あって、ツナとキムチが秀逸)

美味しいラーメンとずんどう焼を食べることができて、この日はとてもいい日でした。

 

(このラーメンは、2011年7月24日14時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 5件

  1. naminaminami より:

    月一は店の前を通っているんだけどなぁ(>_<)
    やっぱり行かなきゃだめですよね!

    • ラの患者 より:

      ふわっと豚の薫り立つ昔ながら系がお好きでしたら、行った方がいいと思いますよ!
      この辺が行動圏に入っているって、ちょっと羨ましいです。

  2. naminaminami より:

    所用で楽座まで来たついでにチョイと足を延ばして行ってきました。
    12時前なのにこの混みようは何?とりあえず、相席ながらも座ることが出来、空かさずラーメンをオーダー。7分くらいで到着。
    (-_-;ウーン、嫌いな部類じゃないので些かショックです。悪くはないけど普通。麺もインスタントの乾麺みたいな食感だしぃ。まぁ値段通りかな。
    具材は美味しく仕上がっているのに、メインのスープと麺がイマイチなのは勿体無い感じがします。

    • ラの患者 より:

      やっぱり昼時は結構混むんですね。
      好みと合わなかったようで、ちょっと残念。

  3. ラの患者 より:

    先日、家族で行ってきました。
    店が清潔で気持ちいいですね。頼んだラーメン、野菜炒め、チャーハンも、シンプルな味付けなのに美味しいのは、素材も何気に新鮮でいいものを使っているんでしょう。
    小手先の技を弄すのではなく、全体的にお客に対する誠実な姿勢が感じられ、やはりいい店だと思いました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」