らぁめん 大山 富士本店 / で、二郎系をワシワシとかっ込む


大麺(+ニンニク)700円
二郎系

コッテリ:◎◎◎◎○(かなりしょっぱい豚骨醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◆(噛み応え十分なモチモチゴワゴワの極太縮れ麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。茹でたモヤシ・キャベツ、厚切りチャーシュー)
おすすめ:必食 コッテリ ガッツリ ワイルド オイリー 濃い味 自家製麺 チャーシュー 禁煙
住所:富士市青葉町604
TEL:0545−60−5333
営業時間:11:00〜15:00
          17:00〜21:00
休日:無休
駐車場:7
座席:カウンター8 テーブル30
URL:http://www.r-taizan.com/
最寄り駅:なし

 


ラの患者です
一日、自分の為に使える時間ができたので、かなりさんと予定を合わせて、東部方面にラーメンを食べに伺いました。
1軒目は、私が二郎系未経験ということで、「大山」に連れて行っていただくことに。
富士駅で待ち合わせると、金髪のかなりさんが登場。
フリーになって染められたんですね。解放された感があって、少し羨ましいです。
「金髪いいですよ。 ○○さんもどうですか」 とのお誘いでしたが、いや、申し訳ないが遠慮しておきます。
駅からは車で移動し、11時15分頃、大山に到着しました。
結構分かり難い場所でしたが、店の前は富士山への眺望が開けていて、素晴らしいロケーションです。

暖簾をくぐり、券売機で、二郎系メニューでベーシックな「大麺」を選びます。
テーブル席について店員さんに券を渡すと、トッピングを訊かれたので、「ニンニク」だけお願いしました。
さて、二郎系は具材が山盛りなのが特徴と聞いていましたが、出てきたラーメンは確かにそうなのですが、こちらはドンブリが小さめなので、無理なく食べられそうで安心しました。
まず、その具にレンゲをググッと押しつけてスープを掬い、一口啜ってみると、しょっぱっ!!
話には聞いていましたが、出汁よりも塩辛さが前に突き出してくる感じは予想以上でした。
それと、あまり馴染みのない、甘いニュアンスのムンとくる風味があります。
以前、来来亭でも似たような風味を感じましたが、はて、これは醤油のクセなのでしょうか。
私としては、ちょっとこの風味が気になったものの、スープに摺り下ろしニンニクを馴染ませると、素晴らしいパンチが効いたスープにガラリと変貌しました。
次にワリバシをパキッと割って、具の下から麺を引きずり出して戴きます。
この麺が、かなり力強いゴワゴワした太麺で、強烈なスープをがっしりと受け止めています。
なるほど、この麺だから、ここまでしょっぱいスープにできるんですね。
麺のボリュームと、スープのしょっぱさが、口の中で実にいい塩梅。
後は、具材と麺とスープを、渾然一体にワシワシとかっ込み、一気に平らげました。
満足満足。結構お腹一杯です。

さて、そんなことで今回、二郎系とファーストコンタクトし、確かに美味しいとは思いましたが、私にとって全く新しいコンセプトで、まだその魅力を理解できた感じがしていません。
あと、3回以上は食べないと定見を出すことができない気がしますので、これから富士方面に伺った際は、万難を排して来店し、探求を続けたいと思います。

ごちそうさまでした。
この後、沼津の「わさらび」に伺いました。
リポートはまたおって。

(このラーメンは、2011年7月15日11時半頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 5件

  1. yasu より:

    今晩は。今日会社の帰りに大麺食べてきましたが器が普通の大きさに変更されてました。2週間前は違ったのに。店員さんに聞いたところやはり溢れてしまうのでと…なんかあの盛りを見慣れてるので少し違和感あったです。

    • かなり高橋 より:

      確かにあの盛りの凄さは丼の小ささも手伝って凄かったですよね。
      食べ慣れていればこぼすことも希でしょうが、普通の方だと難しいかも知れませんね。

    • ラの患者 より:

      まぁあの盛りは、確かに食べにくいと思う方もいるかもしれませんね。
      私は、あの溢れそうな感じがよかったですけどね。
      多少困難の方が、逆に燃える心理といいますか。

  2. gen より:

    本日 たいめん目当てで行ったのですが。。。

    麺が・・・・・

    うーん、なんで変わってしまったのか・・・

    非常に残念で、大盛り用、器も変更されて、ややスープが薄くなっているような気がしてならないのですが。

    大ファンだっただけに、大ショックです。

    • かなり高橋 より:

      大山さんはしょっちゅうマイナーチェンジしますね。作り手によっても味が随分変わりますし。。
      屋号が同じだと店が違っても同じパフォーマンスを期待しちゃいますよね。。

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」