中華料理 一品香 / 滋味深い塩スープには香しい岩海苔がよく似合う!


きんめ・エビのワンタン入り下田外浦天然塩ラーメン 1050円
塩系

コッテリ:◎○○○○(下田産の塩を使ったアッサリ滋味深い中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(ややモチっとした食感と滑らかな舌触りが上品なストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。香しい岩海苔、ワンタン3粒にシットリチャーシュー)
おすすめ:アッサリ,ジンワリ,中華,老舗,ぶらり,軽呑み,駅近

住所:下田市東本郷1丁目4−8
TEL:0558−22−7476
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜20:30
休日:木曜
駐車場:3台
座席:テーブル16 座敷8
URL:http://www.ippinko.com/
最寄り駅:伊豆急行 伊豆急行線 伊豆急下田駅

どうしても下田市で2杯食べるつもりでしたが、どうやら下田市のラーメン店は夜のみ営業するお店が殆どのようで、昼間に訪れてもダメみたいなんですよね。
未だ行ったこと無いお店のリストもいつくかあるのですが、いずれもやってなくって、時間もどんどん過ぎて、2杯目を食べ逃す危険もあったので、久しぶりにこちらのお店に突撃してみました。

外から見た雰囲気は、随分前に突撃した際と変わらず、インパクトある押しの強い感じで、一瞬面食らってしまいそうですが、怖がらずに入ってみることに。

最後に来たのが随分前なので、雰囲気などはちっとも覚えていないのですが、塩ラーメンをウリにしているところは前と変わらず。新たに食べるラー油やお店オリジナルブレンドのふりかけなんかも売っていました。

入る前から名物の塩ラーメンにしようと決めた上で店内に入りましたが、メニューを見ると他に「きんめ・エビのワンタン」が入った塩ラーメンもありました。
1050円とかなり値の張る一杯ですが、きんめや海老を使ったワンタンにとても興味をそそられたので、そのワンタンが入った「きんめ・エビのワンタン入り下田外浦天然塩ラーメン」を注文してみました。それにしても長いメニュー名だ(^^;)

岩海苔が乗っているのがここの塩ラーメンの特徴ですが、今回はそれに見るからにプリプリしていそうなワンタンが乗っています。

ゴマ油の香りがいかにも中華っぽいというか、結構強く聞いている感じのスープは、十分な塩味がしながらも一切角が立っていない、とてもまろい味わいのアッサリとした中華スープ
豚や鶏といった動物系の風味よりも、若干節系などの魚介系が前に出ており、そこに滋味深い塩の旨味が差し込んでくる感じ。
ただベースはやはり中華スープなので、今時のラーメンのように強い出汁感はありませんが、具材でもある岩海苔の風味も溶け込んで、むしろ海に囲まれた下田だからこその味わいなのかもしれません。

麺はストレート細麺。
水分量が多い麺は、熟成感のある滑らかでしなやかな舌触りを持ち、シンプルなスープと相まって上品さすら感じさせるもの。

そして具材は、個人的にはコレがメインだろうと思える岩海苔に、プリプリとした海老の食感と金目鯛特有の脂っぽさが加わった、中華のワザが冴えるキンメ・エビワンタン、シットリとした食感を持つモモチャーシューに淡泊な味付けのメンマに青ネギ。
うーん、やっぱりこのシンプルな塩の中華スープには、海の薫りをたっぷり蓄えた岩海苔が合う合う!
プリップリのワンタンも、ノーマルの200円増しとちょっとお高い感じですが、これはトッピングした価値ありですね。ていうか元が850円と観光地価格なので・・・(^^;)

(このラーメンは、2011年6月12日13時45分頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」