丸源ラーメン 三島店 / スープがと〜ってもスイート!


ドッカンねぎ肉そば 819円
醤油系

コッテリ:◎◎◎○○(豚の力強い甘味と柚子胡椒が特徴のオイリーなスープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(水分量の少ないパツパツとした食感のストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。削ぎ切りネギ、豚バラ肉、柚子胡椒ほか)
おすすめ:アッテリ,ジンワリ,オイリー,濃い味,通し営業,深夜,ファミリー,友人同僚,禁煙

住所:三島市三好町13−20
TEL:055−991−1555
営業時間:11:00〜25:00
休日:無休
駐車場:あり
座席:カウンター5 テーブルあり
URL:http://www.syodai-marugen.jp/
最寄り駅:なし

2011年5月28日オープンの新店。

この地にこのお店がオープンする事はかなり前に近隣のラーメン屋さんから聞いていたのですが、ようやくお目見えしましたね。
今でこそ「肉そば」というキーワードをよく見掛けるようになりましたが、僕史上最初に肉そばというキーワードを見たのは、確か5年くらい前に富士で食べた、同じく丸源ラーメンさん。
そういう土地柄なのか、何故か富士はチェーンやフランチャイズ店がオープンしやすいんですが、当時食べた「肉そば」は、失礼ながらチェーン店なのに旨いじゃん!っと驚いたものです。
そんな丸源ラーメンさんが、沼津に進出し、いよいよ三島にも降り立ったとのことで、通勤路でもあることから早速突撃してきました。

ここ三島では自粛や節電ムードでやや活気が薄れた感じですが、ここ丸源ラーメンさんはそんな平素感を吹き飛ばすかのように、超デカい「ラーメン」という看板や、派手な外装が興味をそそるようで、開店日から連日、特に夜は混雑が続いているそう。
けして安いラーメン店ではないのに、入るところには入るんですね。

僕が行った日も23時を回っているというのに行列・・・
この時間に食事を取ろうと思ってもこの田舎では選択肢があまりないし、そもそもブログ記事にする目的もあったことから、頑張って並びました。

店内はテーブル席がメインで、主に家族連れで賑わっており、他の丸源商店系ラーメン店に同じく、ざっと20人はスタッフがいたでしょうか。こんなにスタッフが多いお店も珍しいですよね。

でもそのお陰か、並び始めてからは大して待たずにカウンター席に案内されました。

いろんなメニューがありますが、こちらのお店のウリはやっぱり「肉そば」
今日は少し贅沢にネギがたっぷり乗った「ドッカンねぎ肉そば」をオーダーしてみました。

5分と待たずに到着したのでこれまたビックリ。

小ぶりの丼には、ドッカンの由来通りネギがたっぷり乗っており、お腹が空いた僕にはこの見た目だけでも食欲をそそります。

具材をかき分け、オイリーなスープを一口・・

豚の厚みある甘味がなんともたまらないスープ。
作り方はよく分かりませんが、豚バラ肉を煮たような甘味と臭みのないフレッシュ感は、このお店特有のもので、ちょっと他では味わったこと無いですね。
添えられた柚子胡椒を溶かすとややオイリーなスープがサッパリと和風な味わいにガラリと変貌します。この変化も面白いなぁ。

麺はストレートの細麺。
水分量が少なく、パツパツとした食感と小麦の風味を感じます。

具材はスープの素でもある豚バラ肉とそぎ切りの青ネギをドッサリと。大判のネギとスープの味に変化をもたらす柚子胡椒。
こういう油っぽいスープにはネギを沈めてスープを吸わせると堪らなく旨いんですよね〜。
ちょっとお高いですけど、ドッカンねぎにしておいて良かったなぁ。

サクッと食べ終えてお会計に向かい、店を出ようとしましたが、さらに行列が伸びていました。
この人気はしばらく続きのかなぁ・・

(このラーメンは、2011年5月31日23時頃に食べました)

開店祝いのお花が沢山並ぶ「丸源ラーメン 三島店」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. naminaminami より:

    本日、行ってきました。
    私も、基本チェーン店は?の方なんですが、かるーい気持ちで入店すると、なぜ?と思うほどにお客さんが一杯!pm3:00ですよ!

    とりあえず肉そばをオーダー。周りはねぎ肉そばを頼んでいました。
    程なく到着し、スープを一口。見た目よりアッサリ。チョイと物足りない気持ち。
    しかし、テーブルに備え付けのどろだれラー油を垂らすと、モロ私好みに変身しウマいじゃん!私は、柚子胡椒を溶いても少しの変化にしか気が付かず、ふーんって感じでしたが….。

    ラーメンよりどろだれラー油に心を奪われてしまいました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」