駿河らーめん フジメン 鷹匠店 / で、岡崎八丁薫る味噌ラーメンを堪能する

 
味噌らーめん680円 +太麺120円

コッテリ:◎◎○○○(信州+八丁味噌薫るじんわり優しいスープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(縮れ太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:アッサリ ジンワリ 老舗
住所:静岡市葵区鷹匠3丁目21−6
TEL:054−253−2403
営業時間:11:00〜14:00
      17:00〜20:00
      11:00〜20:00(土日祝)
休日:水曜
駐車場:契約駐車場あり(30分無料の駐車券が貰える)
座席:カウンター13
URL:なし
最寄り駅:静岡鉄道 日吉町駅

ラの患者です。
フジメンというと、他店舗の立地から、人通りの多い所にあるイメージだったのですが、今回初めて伺ったこちら鷹匠店は細い路地のようなところにあって、真逆なロケーションで勝負しています。
鷹匠という地域は一方通行が入り組んだ迷路地帯。ナビ無しの車で行くと、迷うこと必至です。私も、目的地への到着はおろか、この一帯からの脱出もままならず、区域内をグルグル3周ほどして、ようやく店の前に辿り着くことができました。しかし、駐車場が見当たりません。店の人が「あそこがウチの契約駐車場です」と指さす先は、今通ってきた一方通行を30mほど戻ったところ。再度、魔の一通地獄を巡ってその駐車場に辿り着いたら満車で…と、一瞬、挫けそうになりましたが、執念の5周目にしてようやく近くに100円/30分パーキングを見付けて駐車し、そこから歩いてゴールインした次第。
達成感あります。(静鉄の日吉町駅から歩けばスグなんですが)

さて、ようやく辿り着いたこちらのお店、券売機が屋外に設置されています。「フジメン」の店舗は皆、このスタイルですね。
写真が貼り付けてある「つめたい辛いらーめん」も惹かれますが、今回は気分的に「味噌らーめん680円」で「太麺120円」にしてみました。(太麺にするだけで+120円というのは、ちょっと高く感じますが)

店内に入ってみると、まだ昼も早かったからか、サラリーマン客が1人しかいませんでした。カウンター席に着いて、券を渡してしばし待ちます。
出てきたラーメンはドロドロ感は全く無く、サラっとしたスープ。芳しい味噌の香りが立ち昇ってきて、気分が掻き立てられます。レンゲでスープを啜ってみると、ベースの信州味噌に八丁味噌の独特なコク味がアクセントになっていて、とても美味しいです。
メニューには「岡崎八丁」とありますが、岡崎市が八丁味噌の発祥の地なのだそうですから、これは本場モノという意味ですね。
麺も、縮れ太麺で結構コシがあって美味しいのですが、残念! このサラサラスープでは麺への味の乗りが足りません。デフォルトの細麺で食べるのが正解のようです。

私はドロドロ濃厚な味噌ラーメンが好きなのですが、こういう味噌が薫り立つじんわり優しいのもいいですね。
5年ほど前、別店舗で「もりらーめん」にハマっていました。今度こちらでも試してみたいです。
次は道に迷わず辿り着きたいと思います。

(このラーメンは、2011年5月24日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. 高原頭 より:

    それは、失敗しましたね。スープの絡み具合から考えたらノーマル麺の硬めがベストチョイスです。

    • ラの患者 より:

      ですね。前回「たけや」で味噌を食べた時は太麺にしとけばよかったと思ったので、つい。
      この後知りましたが、こちらの麺は全て自家製麺になったそうです。粉のグレードを上げてストレート麺にしたとか(いつからかは分かりませんが)。
      今度は細麺硬めで食べてみます。
      コメントありがとうございました。

  2. ルル より:

    フジ麺とか、鷹匠にランチのときは、「しずおか信用金庫本店」の広い駐車場において、記帳と軍資金引き出しをして、歩いていきます。何も言われたことないのですよ。鷹匠に車でいくのは、大変ですから。静岡市内も静銀とか利用してます。金利安いから、車を置くときくらいいいかなと思ってます。(^_^)

    • ラの患者 より:

      少し小声で交わしたい情報、ありがとうございました。
      ちなみに、再度鷹匠店に挑戦しましたが、前回散々迷った成果か、今度は一発で辿り着けました。水落の交差点から南下すると、4番目の信号を右折し、30mほど進んだ右手が契約駐車です。そこを行き過ぎると一通地獄にハマります。参考まで。

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」