麺匠 うえ田 / 煮干しがガチっと効いたニボニボ鶏白湯スープが旨い!


うえ田らーめん 750円
鶏白湯系

コッテリ:◎◎◎○○(鶏白湯に煮干しをブレンドしたスープは濃厚なのにキレ良し!)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(魚粉練り込み自家製ストレート中細麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。柔らかチャーシュー、メンマほか)
おすすめ:必食,コッサリ,ジンワリ,濃い味,華やか,上品,自家製麺,ぶらり,通し営業,深夜,ファミリー,友人同僚,女性一人,禁煙

住所:熱海市渚町8−1
TEL:0557−81−0150
営業時間:11:30〜23:00
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンター7 テーブル2×1,4×4
URL:なし
最寄り駅:なし

2011年4月26日オープンの新店。

プレオープンから暫く立ってしまいましたが、正式オープン後に再び突撃してきました。

お店のある場所は目の前には老舗餃子店、付近には「わんたんや」さんや「石川屋」さん、ちょっとマニアックなところでは「雨風本舗」さんがあるという、なかなかのラーメン激戦区
ちょっと前までは何故か「林福」と名を変えて松福さんの支店もありました。

ぶっちゃけこの界隈のラーメン店は、ある意味ここを訪れる年配の観光客向けといった感じの、メチャメチャクラシックなラーメンを出すお店ばかりなのですが、あえてこの地にモダンな味わいのラーメンを出すというのは、とても挑戦的で興味を引くところです。

さてさてお店はそんな勢いを反映してか、マニアを狙ったシブいラーメン店というよりは、オープンで明るさと若さを重視した、元気いっぱいな雰囲気となっており、枯れた感じが風情を醸し出す熱海市内にあって、一際目立つ感じ。
その印象は店内に入ってからも変わらず、若さと明るさに満ちあふれていました。

今回のオーダーは、前回食べて一発で気に入ってしまった、屋号を冠した「うえ田らーめん」。
お土産で餃子と手羽の唐揚げが出来るかと訪ねてみたら、残念ながら出来ないとのこと。
涙を飲んで、ラーメンのみの注文にしました。

今回もカウンターに座りましたが、厨房はカウンターから一段高いところにあるため、当然調理の様子は窺い知ることは出来ませんが、特にこのお店の場合は手羽を揚げ始めると独特の食欲そそる油の匂いが充満するので、もうこの匂いだけでもご飯が食べられちゃいそうです。

鼻で調理の様子をひとしきり楽しんだ頃、ラーメンが到着。

始めた食べたときの印象と変わらず、細かな気泡が丼周囲に浮くスープは、マイルドでコク深い鶏白湯スープに、ガッツリと力強く煮干しを効かせた、煮干し鶏白湯スープ。
豚骨のようにドシっとした良くも悪くもハードな重さは無い代わりに、コラーゲンをたっぷり含んでネットリとなめらかな舌触りを持つ鶏白湯スープは、臭みもなく非常に洗練された味わい。
そこにガッツリと力強く煮干しが効いているため、特に後味がスッキリと纏まっており、コッテリ濃厚なのに後に残らない味わいは、上品さすら感じました。
味わい的には言ってしまえば、魚介豚骨で名を馳せる超人気店「麺処 田ぶし」さんの「本家 田ぶしらーめん」の鶏白湯版ではあるものの、2度食べてみて、むしろ鶏白湯バージョンの方がよりモダンな味わいに感じました。

麺はお店で打つ自家製のストレート中細麺。
麺には魚粉を練り込んでさらに「おさかな感」を強調しており、なおかつこの麺からの魚出汁がスープに溶け出す時間的な計算までが最初から織り込まれているため、食べ進めるうちにより魚感が増すため、食べ飽きることがないところは流石。

具材は柔らかく煮込まれたチャーシューに、ジャクジャクとした食感が印象的なメンマ、小口切りの万能ネギにナルト・海苔。

プレオープン時にとても気になっていた焼いた後揚げる「黄金餃子」や「手羽先の唐揚げ」を出来れば持ち帰ってビールと共に食べたかったんですが、今のところ持ち帰りはやっていないそう。。
でも絶対食べてみたいので、次回はタッパ持参で行ってみようかなぁ・・

(このラーメンは、2011年5月20日19時頃に食べました)

店構えも完璧でございますの「麺匠 うえ田」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 蝸牛 より:

    今回食べたのは。うえ田のつけ麺。最近強く思うようになってきたんですが、魚粉を使用するとなんでも魚粉味になっていてしまうな~ということ。こちらもそんな印象を真っ先に受けた一軒。しかしこちらは他のお店と違い、鶏白湯ベースとゆうこでなんとなく胃にかかる負担が低いよう思いました。(結構胃もたれするんですがこちらは大丈夫でした)後別注文でレア焼豚なる物をいただいたんですが、これが結構イケるんです。ローストビーフの豚肉版といった感じなのですが、甘だれとの相性がよくつまみにはぴったりな感じ。お勧めですよ~

    • かなり高橋 より:

      こんにちは〜。
      うえ田さん、当初から随分変わったという噂があり、近々行ってみようと思っていたので、タイムリーなコメントでした。
      レアチャーシュー、気になりますね〜

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」