麺屋 鶏頂天 / 幻の銘鶏天城軍鶏を100%使ったスープは懐かしい味!


天城軍鶏醤油らぁめん 850円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(天城軍鶏を100%使ったスッキリと澄んだ中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(米粉を練り込んだややウェーブしたモチモチストレート中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。軍鶏チャーシュー、半熟味付け玉子ほか)
おすすめ:アッサリ,スッキリ,ジンワリ,濃い味,無化調,限定,ぶらり,軽呑み,ファミリー,接待,友人同僚,バリアフリー,禁煙

住所:沼津市岡宮1458−3
TEL:090−4407−9513
営業時間:11:30〜14:30
     17:30〜21:00
休日:火曜
駐車場:5
座席:カウンター7 座敷5×3
URL:http://menya-uchoten.com
最寄り駅:なし

2011年4月21日オープンの新店。

ラーメン好きが高じてお店を開く、という話はまれに聞きますが、まさか自分の周りでそれが起こるとは、夢にも思っていませんでした。
こちらの「麺屋 鶏頂天」のオーナーさんは、当しずめん!の前身である「静岡のラーメン食うぞ!」時代からの読者であり友人でもある方で、随分前からお店を開きたいという想いをお持ちでした。

何度かご自宅での試食にも立ち会いましたし、ここでは書けない紆余曲折もありましたし、そのため私自身がまるで共同経営者のように、思い入れが深いお店なんですよね。

お店は以前も中華料理系ラーメン店であった場所。
国道1号からちょっと入ったところにあり、なおかつ狭い道にも関わらず地元の車がひっきりなしに通る、なかなか目立つ場所。
目の前には大きな駐車場があり、お店の駐車場は5台分あります。

交通量の激しい道路を横切り、店内に向かいます。

入って左手には小型の券売機があり、名物の「天城軍鶏らあめん」を筆頭に、通常の「らあめん」、実は専門店顔負けの旨さを誇る「餃子」などがありました。

「天城軍鶏らあめん」の醤油味の券売機を購入し、わい社長・・じゃなかった、店主さんに手渡します。

私が言うのもなんですが、真っ白い丼に澄んだ褐色のスープは何度見ても美しいと思っちゃうんですよね。
そんなルックスにいつまでも惚れ惚れしていても麺が伸びてしまうので、静かにスープから飲み始めます。

キリっと醤油の風味が立ったスープは、ここでしか味わえない、「天城軍鶏」を100%使用した、シンプルでクラシカルな味わいの中華スープ。
中身をある程度知っているので逆に書きづらいところではありますが、臭み消しに長ネギをほんの少し浮かべているだけで、これ本当に天城軍鶏100%なんですよね。
ガラや骨だけじゃなく、ネックやヘッドといった肉系も一緒に炊き込んでいるため、冷めるとゼリーのように固まってしまうほど濃厚に作られており、シンプルながらも奥深い味わいに感じられます。

麺はややウェーブしたストレート中細麺。
静岡東部では珍しく、米粉を練り込んだ麺であり、米粉特有の柔らかさとモチモチとした食感が新しい感じ。

具材は天城軍鶏を使った軍鶏チャーシューに半熟の味付け玉子、淡い味付けのメンマに青ネギ、海苔。

やや値は張りますけれど、何度か食べるうちにその値段がむしろ安いとさえ感じる濃厚なスープは、今後さらに磨きをかけられるそうで、これがもっと凄くなるのかと、とても楽しみですね。

(このラーメンは、2011年5月14日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 11件

  1. REMY より:

    お久しぶりです

    ようやく鶏頂天さんに行ってまいりました
    天城軍鶏の塩らぁめんを食べてきました。
    とてもシンプルな味わいで、食べ進んでいくと
    しみじみ美味しいなぁと思える一杯でした。
    今度は醤油味で味わいたいです。
    そして、なんと静岡人さんとバッタリ出会って
    びっくりしました~

  2. 蝸牛 より:

    お久しぶりです。ようやく食べに行くことができました。(最近新店突撃に時間がかかるなー)さて本題のラーメンなのですが、本当はスープが売りなのでしょうが自分は麺がとても気に入りました。最近流行りの食感の強い麺でもなく、全粒粉を使用した小麦の香りの強い物でもないのですが一言で言うと【のど越し】たまりません!!この麺ぜひともつけ麺でなくラーメンで食べてほしいと久しぶりに思ったほどでした。(つけ麺好きなのでめったにこんなこと思いません)最後にちょっと気になったとことを・・・どこの店でも思うのですが、ラーメンの定番トッピングメンマと海苔何かほかに代わるものはない物か。せっかく鶏の旨味・香りの良いスープなのにその二つを口に入れると全て飛んでしまいます。店主さん読んでたらこんなわがままな意見ぜひご一考をお願いします。

    • かなり高橋 より:

      お久しぶりです!
      米粉が入った麺は随分不思議な食感ですよね。
      僕も新たな具が欲しいなぁと思っていて、無難ですけどワンタンとかいいんじゃないかなぁ・・と。

  3. ぜんたろう より:

    天城軍鶏の塩を注文しました。いやー、こういう鶏の旨みがじんわりと沁みこんでくるラーメンって好きなんですよね。半餃子(3個)というのが用意されているのもありがたい。また近いうちに今度は醤油味のほうを味わいに寄ってみたいです。

  4. おかぽん より:

    ハーモニーのおやじさんに行くよう勧められて鶏頂天に行って来ました。シャッター待ちしていると10分程早く開けてくれました。初回ながら鶏白湯の文字に惹かれてそちらを実食。生姜に頼らずに臭みのない濃厚な鶏白湯を作り出していて好印象でした。塩気はやや強い感じでしたが想定内、鶏チャーシューや味付卵もしっかりした味付けでのつまみにもなりそうでした。米粉を入れた麺はフォーを連想させるしなやかさで楽しめました。半餃子も頼んだので締めの飯をぶっこんで鶏飯にする腹の余裕はありませんでしたがあの塩気が飯をいれるといい感じになりそうでした。接客もよく、さすがラーメン好きが開いた店だなと思いました。同じカウンターにタオルはちまきをした、いかにもラーメン屋さん風情の男性が同じく鶏白湯をオーダーし、頂きますと言ってからどんぶりに鼻を近づけて臭いを丹念に嗅いだりスープを具にレンゲで何度となくかけてから食べているのを拝見しました。ただ者ではありませんな。

  5. ぜんたろう より:

    チャーシュー麺を注文しましたが、チャーシューの味は濃いですね。評価は人によって分かれそうですが、私は嫌いではありません。

  6. ようやく鶏頂天さんに行ってまいりました
    今日は普通の醤油ラーメンを食べました。
    一緒に行った友達は軍鶏の醤油でしたが、ただひたすら黙って食しておりました。
    さて、私の醤油ですが、残暑厳しき折 とってもおいしくいただくことができました。癖のない上品なスープと、とっても食べやすい長さの細麺が癖になりそうです。

    • かなり高橋 より:

      レポートありがとうございます。
      昔はよく食べる事が出来たクラシカルな中華そばですが、当時とは材料が変わった今はより高価な素材で出汁を取らないとあの頃の味って出ないようなんですよね。
      そういう意味では、貴重な味だと思います。

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」