拉麺 豚風亭 / でつけ麺を食す


つけ麺(太麺・大盛) 750円

コッテリ:◎◎○○○(魚粉と胡麻薫るアッサリスープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(縮れた平打太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通)
おすすめ:アッサリ チャーシュー ファミリー
住所:静岡市清水区大内121−7
TEL:054−347−3036
営業時間:11:30〜14:30
       17:30〜22:00
         17:30〜21:00(日祝)
休日:水曜、第3火曜
駐車場:9
座席:カウンター8 テーブル4×2 座敷4×2
URL:なし
最寄り駅:なし

ラの患者です。
GWの合間に、二郎系の「豚風めん」を食べに豚風亭へ伺いました。
平日の昼時、期待に胸を膨らませて暖簾をくぐったのですが…カウンターに座って、メニューを見て愕然。豚風めんって夜間限定メニューなんですね!
まぁ自分のリサーチ不足とはいえ、二郎系のインパクトを求めてやってきたので、結構ショックです。(皆さんもお気を付け下さい)
普通のラーメンの気分では無かったので、メニューに載っていた写真で最も大盛感があった「つけ麺」を頼むことに。
細麺も選べますが、迷わず太麺の大盛にしました。大盛にするのは無料ということで、ちょっと気分が上向きに。単純ながら。

しばらくして出てきたつけ麺は、いかにも実力がありそうな縮れ平打麺。一口食べてみるとシコシコとなかなかの食感です。
つけ汁は、魚粉と胡麻薫るアッサリスープで、多くの方に受け入られるような、このタイプとしてはベーシックな味わい。
チャーシューはとてもしっかりした肉感があり、またその中に脂身層がグルっと巻き込まれていて、実に美味しかったです。

普通のラーメンは「カナキン系」とネット上で紹介されていたので、昔、両替町にあった「はんなり亭」(つけ麺が有名だったカナキン系列店)っぽいのかな、と、待っている間想像していましたが、上記のとおり、全くの別タイプでした。
今度来た時は、普通の「ラーメン」を食べてみようと思います。地元清水区内でカナキン系が食べられるというのは嬉しい事です。
二郎系の「豚風めん」を食べる機会は、残念ながらなかなか無さそうです。帰宅ルート上にあるお店なら夜でも寄れますが、全く別方向に位置しているので…
しかし諦めきれず、支払いの時に店員さんに
「昼に豚風めんを出す予定はありませんか? 夜になかなか来れないんですが、是非食べてみたくて」
と、訊いてみたところ、
「昼とはスープがガラッと変わりますからね。でも伝えておきます(店長に?)」
と笑って応えてくれました。
すみませんそうですよね。昼に出せるなら出してますよね。ラーメン中毒者の思い余った末の戯言ですので…
何とか夜に来る算段をしよう、と思いつつ店を出ました。
でもきっと、昼からガッツリ二郎系が食べたい方も多いと思いますよ!(←まだ言っている)

また伺います。

 (このラーメンは、2011年5月6日12時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」