ラーメン 暖暮 / 懐かしくもモダンな本場博多豚骨ラーメンが静岡で!


ラーメン 700円
九州豚骨系

コッテリ:◎◎◎○○(髄の旨味溶け込んだ本場博多系豚骨スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(いかにも博多フレーバーなストレート極細麺)
量の多さ:■■□□□(麺量やや少なめ。薄切りチャーシュー、ネギほか)
おすすめ:必食,コッテリ,濃い味,ピリ辛,ぶらり,通し営業,深夜,駅近,デート,友人同僚,女性一人,禁煙

住所:静岡市葵区紺屋町6−6
TEL:054−221−7737
営業時間:11:00〜26:00
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンター15
URL:http://www.danbo.jp/
最寄り駅:JR東海 東海道本線 静岡駅

2011年4月1日オープンの新店。

こちらの場所は以前も関東出身のラーメン店が展開していましたが、まだ記憶に残るうちに撤退され、その後直ぐにこちらの「ラーメン 暖暮」さんが入ったようです。ちなみに「だんぼ」と読むそうです。
こちらの暖暮さん、九州地方TVが主催したラーメンランキングにおいて第1位を受賞されたお店だそうで、ランキングの内容は兎も角、1位を取るからにはやはりそれなりの実力が無ければ取ることが出来るはずはなく、味に期待が高まります。
また、味や雰囲気には関係ありませんが、コメディアン「アンタッチャブル」の柴田さんの弟が店長を務めるということもあってか、最初この情報をmixiコミュニティで得たときは確かに記憶に残る物でした。

そんなわけで、オープンからちょっと時間が経ってしまいましたが、小雨降る土曜日のお昼に突撃してみました。

元々がラーメン店ということもあり、外は兎も角中は居抜きだろうと予想していきましたが、比較的大がかりに改装されており、動線は同じものの、L字カウンター15席のみのシンプルな店内に変わっていました。

注文は入り口左手にある券売機で食券を買うスタイル。
味は硬派に豚骨スープオンリーですが、具材や辛味でバリエーションを持たせてありました。
今回はこの後もう1軒寄る予定だったので、シンプルに「ラーメン」の食券を購入。客間を仕切るのはギャルっぽい感じの若い女性店員さん。調理は同じく若いスタッフが二人で行っていました。

九州系らしく、殆ど待たずにラーメンが到着。

乳白色の完全に白濁したスープからは、うっすらと豚骨の甘い香りが立ち上っています。
カウンターに備え付けられたレンゲでスープを掬ってまずは一口・・・

うーん、旨い!!
そして、懐かしい!!

ずっと以前に仕事にかこつけて何度か福岡に出張して、何十軒と博多のラーメンを食べた時代がありましたが、あの頃味わった本場博多ラーメンの記憶が蘇る、一口目からリアルな味わい
豚骨のみを10時間煮込んだというスープは、臭みが殆ど無く、それでいて博多ラーメン特有のドッシリと力強く奥深い豚骨の旨味や風味がタップリと蓄えられており、なおかつ僅かにざらりとした骨っぽい舌触りを残す、豚骨好きにはたまらない味わい。
私が福岡で食べたトンコツはどちらかといえばタレの味が前に出たものが多く、後発のお店になるほど豚骨感を活かした味わいという傾向があり、こちらのスープもどちらかといえば後者にあたる感じ。
しっかりタレの旨味を持ちながらも、じっくり丁寧に炊き上げた豚骨の旨味がしっかりと感じられ、コッテリしているのにスッキリとした後味は、モダンな印象すら覚えます。

麺はこれまた博多スタイルのストレート極細麺
博多ラーメン特有の小麦とカンスイのフレーバーを纏った麺は、ホンモノスープと相まって珠玉の味わい。

具材は薄切りの巻きバラチャーシューに青ネギと、自家製の辛味噌。
シンプルな具材ですが、スープや麺がしっかりしているので物足りなさは感じませんでした。
ちょっぴり添えられた自家製の辛味噌も、スープに溶け出すとピリっとした辛味と共に唐辛子の香りが加わり、特に飽きそうになる後半に溶かしながら食べるといい感じです。

いやぁ、実に実に旨い、ホンモノの豚骨ラーメンでした。
通しで、しかも深夜までやっているというのも、嬉しいところであり、駅周りで呑んだ後は是非ここで締めたいですね。

(このラーメンは、2011年4月9日11時頃に食べました)

真っ赤な看板と豚骨ラーメンが目印の「ラーメン暖暮」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. 投票一位の暖簾に誘われ
    静岡出張1日目の夕方に頂きました。
    ラーメンだけのつもりが食券機の
    「ビール&一口餃子セット」に・・・
    ビールはもちろん、餃子もカリカリでおいしかったです
    ラーメン、もちろんおいしかった。
    でも、また行きたい・・・ん~別にって感じ

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」