伊豆の佐太郎 / シンプルなラーメンを浄蓮の滝前で食べる


支那そば 735円
醤油系

コッテリ:◎○○○○(甘味と淡い味わいが特徴のシンプルな醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(水分量の多い手打ち平打ち中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。甘く煮付けた豚チャーシュー、海苔ほか)
おすすめ:アッサリ,上品,老舗,ぶらり,軽呑み,通し営業,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人

住所:伊豆市湯ケ島2859−29
TEL:0558−85−0534
営業時間:10:30〜夕方
休日:木曜
駐車場:あり
座席:カウンターあり テーブルあり 座敷あり
URL:http://www.sataro.jp/
最寄り駅:なし

ハートフルなこぢんまりとしたラーメン店「木曽屋」さんを後に、さらに車を南下し、向かった先がこちらのお店「伊豆の佐太郎」さんです。

自然が豊富で観光地としても有名な伊豆の、「浄蓮の滝」前にあるこちらのお店。
純和風の建物は外から見ても趣があり、広々とした店内は開放的で、古民家のような雰囲気。

中央には正方形の大きなカウンター席があり、その周りをテーブル席が囲んでおり、奥には小上がりの座敷もありました。
窓際のテーブル席に案内され、手元のメニュー表を広げてみます。

付近に猪が多く出没するため、ウリは「しし鍋」がメインのようですが、店の入り口にもあるように、手打ちの支那そばも3種類ほどラインナップ。
どれも観光地価格でやや高めの設定ですが、今日はその中から、「支那そば」をチョイスしてみました。

「おまちどおさまです」と配膳された一杯は、透き通ったスープが白いどんぶりに映える、シンプルな見た目のラーメン。

もくもくと湯気が立ち上るスープは、甘口で淡い和風出汁風味が広がる優しい味わいのアッサリとした醤油スープ。

自慢の麺は、食べずともその見た目で判るくらい、透き通った水分を多く含んだ、手打ちの平打ち中太麺。
柔らかめに茹で上げられ、コシも柔らかな感じですが、手打ち特有のチュルチュルとした食感が印象的。

具材は、海苔が2枚に甘く煮付けられたチャーシュー、ネギに水煮のメンマ。
お店のウリが「猪」であり、食感も硬めで野性味溢れる感じだったので、このチャーシューも「シシ肉」を煮込んだものかと思いきや、これは豚だそう。

窓の外は浄蓮の滝を訪れる観光客で賑わっており、まだまだ観光地伊豆としての魅力は褪せていないように感じました。

(このラーメンは、2011年1月30日12時30分頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」