麺屋 めん虎 浜松店 / ホンモノのド豚骨スープに酔いしれる!


こってりらーめん 650円
九州豚骨系

コッテリ:◎◎◎◎◎(豚骨だけを力強く長時間炊き込んだ、九州久留米系豚骨スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(水分量の少ないストレート細麺)
量の多さ:■■□□□(麺量やや少なめ。バラチャーシュー、半熟味付け玉子ほか)
おすすめ:必食,コッテリ,オイリー,濃い味,上品,自家製麺,人気店,安い,モダン,深夜,ファミリー,デート,友人同僚,禁煙

住所:浜松市中区助信町24−35
TEL:053−475−6006
営業時間:11:00〜14:45(平日)
     17:00〜24:30(平日)
     11:00〜24:30(土日祝)
休日:無休
駐車場:26
座席:カウンター10 テーブル2×2,4×7
URL:なし
最寄り駅:遠州鉄道 鉄道線 助信駅

2011年1月21日オープンの新店。

ミレちゃんほか、ミクシィの方でも情報を頂いて、突撃してみました。
ミレちゃんいつも美味しい情報、ありがとうございます。

めん虎さんというと、掛川・袋井方面で有名な本格九州系豚骨ラーメン店ですが、そのめん虎さんが自慢の豚骨ラーメンをひっさげ、新たに西へと進み、浜松に進出されるという情報を得たときは、正直浜松の方が羨ましい・・と思ったものです。

静岡県下を見ても、本格的な九州系豚骨ラーメンが食べられるようになったのは実は最近のことで、ちょいちょいその手のお店はあちこちには出来たものの、なかなか定着せずになくなってしまったお店がいくつかありました。
しかし、こと西部地域は豚骨というか、動物系スープの浸透がよいようで、割と旨い豚骨を使ったラーメン店が多いように見受けられます。

そんな中の新店情報だったので、やっぱり西部は豚骨強いよなぁ、と。

お店に着いてみると、沢山の花環が店の周りにびっしりと並んでおり、さらにその開店を祝うかのように、駐車場にはお客さんの車が満車状態で、交差点を曲がる前からもその行列が店外に伸びているのが見えました。

お店が進出するだけでなく、実際にお客さんの方も豚骨を扱う新店に興味をそそられるのか、この人気っぷりは大したものですよね。

なんとか車を停め、店内に向かうと、行列は店内にも出来ており、これはラーメンにありつくのに相当時間が掛かりそう。
覚悟を決めてウェイティングボードに名前を書いて、待ちます。待ちます。。

店内はカップルと家族連れで殆ど占められており、私のように一人客は殆ど見られませんでした。
しかし回転は意外に速いようで、私の前には5〜6組は居ましたが、名前を書き入れてから10分ほどでカウンターに座ることが出来ました。

メニューは他のめん虎同様に、こってりらーめんを筆頭に、あっさりらーめん、こってりよりもさらに濃厚だという丸こてらーめん、魚介風味をプラスした魚介とんこつ?などがありました。

一応老虎グループのお店はこれで全部制覇してはいるものの、それぞれのお店ではやっぱりいつもこってりらーめんばかり食べているので、ここでも同じく「こってりらーめん」を注文。
ちなみに、麺の固さは一番固い「粉落とし」から、一番柔らかい「やわ」まで選べ、今回は「普通」でオーダーしてみました。

大型店なので速い回転を期待してしまいますが、そこは味にあえて拘っているためか、突発的に入る替え玉対応のためか、ラーメンは1度に多くても3杯程度で回しているようです。

んで、ラーメン。

見事に泡立った、しかも骨まで溶け込んでいる様子が見え、食べる前から濃厚さを予感させる、うっすら赤みを帯びたスープ。
その思惑通り、豚骨の野性味ある、しかしけっして臭さではない独特の匂いと、力強い旨味がたっぷりと詰まった、まさに濃厚な豚骨スープ。
羽釜を九州から取り寄せ、豚骨のみをガンガンと長時間炊き込んでいると薀蓄書きにはありますが、まさに!まさにそんな印象を覚える、非常に濃厚でコク深い味わい
九州系豚骨にもいろいろ種類はありますが、これは久留米系を意識したものだそう。
私も豚骨は大好きなので、この味わいには正直参ってしまいます。旨さにもう降参です。

麺は九州系らしく、ストレート極細麺。
自家製麺化を果たし、薀蓄書きによると国産小麦などをブレンドした、スープ同様に拘った麺のようで、確かにこの麺は九州っぽいですし、なにより香りも味わいも、そして食感も絶妙!

具材は柔らかい食感のバラチャーシューに半熟味付け玉子、大判の海苔にメンマ、青ネギ。
メンマが入っているのが西部地区出身らしいところですが、意外にもこれ、マッチしていますね。

2軒目、しかも塩分の強い豚骨スープにも関わらず、あまりの旨さに思わずスープを完汁してしまいました。
あー、西部の方が羨ましい・・東部にも来ないかなぁ。。

(このラーメンは、2011年1月29日15時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」