めんりすと / 柚子の清々しさを引き立たせた淡麗系ラーメン


ゆ・ず・し・お 850円
淡麗系

コッテリ:◎○○○○(淡く奥深い出汁の旨味が特徴の淡麗系塩スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(パツパツとした食感を持ったストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。焼き目を付けたチャーシュー、角切りメンマほか)
おすすめ:アッサリ,スッキリ,ジンワリ,華やか,上品,無化調,モダン,ファミリー,デート,接待,友人同僚,女性一人,禁煙

住所:三島市梅名108
TEL:055−977−8555
営業時間:11:30〜14:00
     18:00〜21:00(平日)
     17:30〜21:00(土日祝)
休日:火曜
駐車場:11
座席:カウンター6 テーブル16
URL:http://www.menristo.com/
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 大場駅

最近めっきりめんりすとづいている、かなり高橋です。

この日もあのジンワリと淡く、それでいて奥深いスープを求め、でも今日は何を食べようかなぁと迷いながらの突撃。

いつものようにカウンターに座ってメニューを見ると、いつものように限定メニューから目を通してみますが、この日はグッと来るメニューが無かったため、あえて通常メニューから選ぶことに。
なんだかんだでほぼ全部食べ尽くしている気がしたのですが、ふとみると、一番下にある「ゆ・ず・し・お」ってどんな味だっけ?っと忘れてしまったため、気分もアッサリ系だったことから、早速それを注文してみました。

こちらのお店の特徴は、その調理風景も見て欲しいという思いが込められているのか、清潔感溢れる厨房はカウンターに座ると手元の調理台まで見ることが出来、鮮やかで手際の良い調理の様子は、見ていてワクワクとしてきます。

で、程なくして届けられたのがこちらの一杯。

やや濁った黄金に輝くスープは、油分も少なく、見るからに淡麗そうな感じ。
レンゲで一口スープをすくってみると、めんりすとさんらしく、最初はん?ちょっと味が足りないかな・・?と思わせるものの、食べ進めるうちにしっかりと炊き出された鶏や野菜・魚介類の柔らかな旨味がジワジワと広がる、それでいてシャープさも兼ね備えた、いわゆる淡麗系な味わい。
具材としても添えられた柚子皮の風味が徐々にスープに溶け出し、春風のような爽やかな柑橘系特有の香りが何とも言えず清々しい
時折スープとともに運ばれる白ごまのプチプチとした食感がリズミカルで、この食感を味わうと、あぁめんりすとに来たんだなぁと思い起こさせます。

麺はストレート細麺。
シャッキリと茹で上げられた麺は、スープに同じく繊細でモダンな舌触りと食感を持ち、淡いスープとの相性も抜群。

具材は焼き目を付けたバラチャーシューに鶏のチャーシュー、半熟の味付け玉子に水菜、白ネギに角切りのメンマ、丼縁には切れ目を入れた海苔を添えて。

食べ初めのインパクトこそ弱いものの、食べるうちに奥深い味わいのスープに徐々に魅了されてしまうめんりすとさんのラーメンは、どこか懐かしさも感じる一杯でした。

(このラーメンは、2011年1月7日19時頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 新しいサイト、ものすごく洗練されていて素敵です。ラーメンのサイトと思えないくらいセンスが良すぎますね! 自分がやりたいと思っていたHPのデザインの見本みたいな感じで、勝手に共感したような気になってハッピーです。いや~、素晴らしい! ところでこのラーメン、私も本当に美味しいと思いました。 ”春風のような爽やかな柑橘系特有の香りが何とも言えず清々しい”なんて、素晴らしい説明に、納得です! 私も恥ずかしながら、これを読んで、本日の泥酔行きつく前にゆずしおのレビューを書いてUPしようという気になりました!! 春風フレーズパクりたいと思います(笑い)。それにしても私のラーメン感を揺さぶってくれたお店に対して、県下NO.1ラーメン評論家が「めんりすとづいている」なんて書かれていると、私の感性も悪くないねってホッとします。長文失礼しました。でもすっごく嬉しい記事とすっごく嬉しいデザインのサイト見ちゃったなあと嬉しすぎました。

    • かなり高橋 より:

      おぉ、随分気づくの早いですね・・(^^;)
      お褒め頂きましてありがとうございます。

      記事アップ楽しみです!
      きっとKのしたさんも喜ぶと思いますよ!

コメントを投稿する

© 2005 - 2011 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」