通販ラーメンの「宅麺.com」さんで松福さんのラーメンを買ってみた!

宅麺12
最近はネット通販でラーメンを買われる方も多いかと思います。
通販ラーメンのメリットと言えば、やはり遠方だったり行列必至だったりするお店のラーメンが、自宅で並ぶことなく楽しめることでしょうか。
私も結構利用することが多く、例えば六厘舎さんや中村屋さん、田ぶしさんなどのラーメンを何度か買ったことがあります。
殆どの通販ラーメンサイトが首都圏のラーメン店を扱う中、「宅麺.com」さんがつい最近静岡県下のラーメン屋さんをラインナップに加わえたため、全国に向けてどんなラーメンを発信しているのか調べるべく、早速注文してみました。


宅麺1
宅麺.comさんでの注文方法はサイトを見て頂くとして、注文が確定して到着日になると、このような段ボール箱が冷凍宅配で届けられます。
宅麺2
中にはもちろん、注文したとおりのラーメンが一袋ずつに分けられ入っています。
宅麺3
宅麺.comさんで取り扱っている静岡県下のラーメン店は12月24日現在で「らぁめん大山」さんと「松福」さん。
今回は「松福」さんの「うまいラーメン」を注文してみました。
宅麺4
透明ビニール袋の中には、宅麺.comさんのウリである濃縮していないストレートスープに生麺、海苔が冷凍状態で入っています。
宅麺5
また、このような調理手順書も同梱されており、これを見ながら調理することになります。
では早速調理に取りかかりましょう。
宅麺6
まずはスープを解凍する小鍋でお湯を沸騰させ、スープを投入。
宅麺7
スープが温まった後は大鍋で麺を茹でます。
宅麺8
麺は凍っていますが、沸騰したお湯に投入するとほぐれ始めるので、菜箸で麺を泳がせ、麺を茹でていきます。
宅麺9
麺が茹で上がる1分ほど前に、スープを丼にあけます。「うまいラーメン」の場合は具材であるチャーシューがスープ袋の中に一緒に入っていました。
宅麺10
続いて麺が茹で上がったので、ざるで湯切りをします。
宅麺11
そして麺を丼に入れ、菜箸で麺を整えた後に具材を麺の上に乗せ、最後に海苔を盛りつけて完成!
お味の方は言うまでもなく、お店の味そのもの
ただ、冷凍かつ時間が経っているためか、お店で食べるよりもスープがやや熟成感のある深いコクが感じられましたが、気のせいかも。
生野菜は一切添付されていないので、お店のうまいラーメンにトッピングされるほうれん草やキャベツ、ネギなどが無いのが寂しいですが、むしろこれは私の準備不足ですね。
宅麺.comさんのサイトではお店と同じかそれ以上の値段で売られており、別途高めの送料が掛かるのが玉に瑕ですが、可能な限りお店と同じ味を再現するためなので、仕方ないかもしれませんね。
ちなみに段ボール箱には消費期限が書かれており、その期間は約10日間でした。
年末に向けて年越し蕎麦ではなく、年越しラーメンを食べようと考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、そこにこの宅麺.comさんの本物指向な冷凍ストレートスープなラーメンはいかがでしょうか。
また県外の方はもちろん、静岡西部地域の方も東部へはなかなか足を運びづらいと思われるので、この機会に「らぁめん大山」さんや「松福」さんといった東部地域のラーメンを食べてみるのもいいかもしれませんね。
宅麺.com
http://www.takumen.com/

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. GOLD より:

    こんにちわ、かなりさん。
    松福のラーメンは濃厚系なので、時々食べたい衝動にかられます。
    やっぱり松福と言えば、うまいラーメンだと思っています。
    それが通販で購入でき、更に店と似ている味ともあれば素晴らしいですね。
    そういえば、先日本店に行ったのですが、7月からスタートしたうまいラーメン2と言う海鮮系の出汁をプラスしたものがありました。
    まだ記事には書かれていないと記憶しているので報告です。
    海鮮系豚骨が好きなら気に入る味かと。

  2. かなり高橋 より:

    コメント頂きまして、ありがとうございます。
    そうですね、私も時々「うまいラーメン」が食べたくなって、東椎路店によく行きます。
    先日「うまいラーメン2」も食べてみました。濃厚な豚骨スープに鰹出汁がバッチリ効いていて、旨かったです。
    でも、ぶっちゃけ魚介豚骨系ってもう飽きたんですよね。。。(^^;)

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」