めん処 藤堂 が放った坦々つけ麺は、肉たらしいほど旨かった!

藤堂−坦々つけ麺
特製坦々つけ麺 880円 (平日夜のみ数量限定)
つけ麺系

コッテリ:◎◎◎○○(ラー油の辛さとたっぷり挽肉がポイントの坦々つけ汁)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(プリプリ感がたまらないストレート平打ち太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。メンマ、小松菜、海苔、半熟味付け玉子)
おすすめ:必食,アッテリ,華やか,上品,辛い,限定,モダン,デート,禁煙

住所:三島市安久142 ハイツ杉沢101
TEL:055−982−6688
営業時間:11:30〜14:00
     17:30〜20:30
休日:火曜・水曜
駐車場:14台
座席:カウンター3 テーブル22
URL:http://td.orpro.jp/
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 大場駅


目がないってほどではありませんが、そのワードを聞くとワクワクしてしまうくらい担々麺が大好きな私。
ある日ブログチェックをしていたところ、なんとあの「めん処 藤堂」さんが、担々麺をつけ麺でやると発表されているじゃありませんか!
淡麗系の雄である藤堂さんが放つ担々麺とあれば、普通以上に興味をそそられます。
というわけで、早速突撃してきました。
行くにあたって不安だったのが、こちらの限定メニューは個人的にめっちゃくちゃハードルが高く、それこそオープン前に並んで開店と同時に入るくらいじゃないとありつけない!という、過去の辛い経験に基づくイメージがあるんですよね。
なのでこの日も会社を早々に上がり、脇目もふらずに一心にお店に向かってみました。
お店に着いてみたところ、天気の悪さもあるのか、駐車場には車がいつになくまばら。
よし!この感じだとまだ(限定が)残ってるぞ!と安心し、吹き荒れる雨を避けるように急いで店内に向かいました。
いつも通り、静岡でもトップのモダンで落ち着いた雰囲気は、本当にここラーメン屋さんですかと疑ってしまうほど。
丁寧な接客に流されるようにしてカウンターに座ります。
私も負けじとお上品なお客さんになるよう、オトナっぽく一応、「この、特製坦々つけ麺ってありますか?」と聞いてみたところ、「はい、ございます」とこれまた丁寧なご回答。
「じゃ、それをひとつ」とさらに負けずにゆっくりとした発音で注文してみました。
・・ていうかこのオトナ勝負、これだけで疲れた私の負けです。
なんてどうでもいいことは兎も角として。
真っ赤なスープ表面と、そこにうかぶ大きめに、しかし均等なサイズでカットされたネギが目を惹くつけ汁と、これまた丁寧に盛りつけられた、目にも美しい麺皿
つけ麺ですから、先ずは麺から。
みずみずしくプリプリとした食感がなんとも清涼な感じの麺は、お江戸は三河屋製麺所謹製の、ストレート平打ち太麺。
そんなモダンな食感の麺を、真っ赤なつけ汁に浸して食べてみます。
表面にたっぷりと浮かぶラー油の辛さに一瞬むせそうになりますが、そこをなんとか堪えて食べ進めてみると、芝麻醤を控えめに効かせたいつもの藤堂さんのスープに比べて味わいこそ強いものの、華やかさはむしろ強化されているような印象を持つ、藤堂流な坦々つけ汁。
均等な幅でカットされた、柔らかいところだけを吟味したと思しき白ネギがたっぷりと浮かび、そこには同じくタップリの豚挽肉。
この挽肉から相当な旨味がスープに染み出しているようで、かなり旨味の濃い仕上がりになっていました。
担々麺好き、ネギ好きな私としては、坦々スープだけじゃなく、ネギもたっぷり入っているので、嬉しいどころか、もう口の中は狂喜乱舞ですよ!
麺に乗せられた具材も一見地味。しかしちょこんと配置されて可愛さすら感じさせる、小松菜やメンマ、半熟味付け玉子に海苔それぞれを、麺と絡めた上でつけ汁にドボンと沈めてみると、これまた食感が広がってとても楽しい感じ。
なにより、それら一つ一つに味はもちろん食感や口内調味までキッチリと計算された上で、しかも盛りつけの美しさも考えられており、静岡では他に類を見ない、とてつもない華やかさを感じました。
感激のままにひとしきり麺を啜り終えた後は、もちろんスープ割りタイム。
柚子風味を効かせた出汁でつけ汁を割ってくれますが、坦々スープにも柚子って良く合うんだなぁ・・と、気づけば全部飲み干しそうになっちゃいました。このあともう1軒あるのに・・(^^;)
後になって調べてみたら半年ぶりの突撃みたいですが、それにしても相変わらずの素晴らしい雰囲気と驚愕の繊細さに、またしてもやられてしまいました。
(このラーメンは、2010年12月13日18:30頃に食べました)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 5件

  1. ペリエ より:

    現在、火曜日限定で「餃子定食」「風雅のあにき黒」提供です。

  2. ぜんたろう より:

    かなりさんの「肉たらしいほど旨かった」という一言だけで藤堂に突撃しました。が、坦々麺のつけ麺なんてどこにもメニューにない。もう終ってしまったのかと、帰宅して再度ブログと藤堂ホームページを見たら、「平日」で「夜のみ」。昼ないのは何故じゃ、かくなるうえは日を改めて必ずや成敗してくれるわと、堅く誓ったのでありました。

  3. かなり高橋 より:

    ペリエさんへ
    いつも情報ありがとうございます。
    黒って事は・・・(^^)
    ぜんたろうさんへ
    すみません、提供情報が少し間違えていましたね。
    担々麺、藤堂さんらしい淡麗さも持ち合わせた素晴らしい一杯でした。
    なかなかハードルは高いですが、是非再チャレンジしてみて下さい。
    藤堂さん好きな方であれば、きっと気に入ると思います!

  4. ぜんたろう より:

    実においしかったです、「特製坦々つけ麺」。挽肉などの具をすくってもスープが早くなくならないようにという配慮からか、普通のレンゲに加えて穴の開いたステンレスのレンゲも添えているのが何となく藤堂さんらしいなあと思いました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」