麺屋 山彦 (めんや やまひこ) 牛の旨味をギュギュっと凝縮!

山彦−つけ麺(しょうゆ、X-week仕様)
つけ麺(しょうゆ、X-week仕様) 700円 (毎月1週間限定)
つけ麺系
コッテリ:◎◎○○○(いつもの鶏・豚スープに牛の旨味をプラス!)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(浅草開化楼謹製のモッチモチ極太縮れ麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシュー、メンマほか)
おすすめ:必食 アッテリ ジンワリ ガッツリ 華やか 限定 穴場 禁煙
住所:浜松市東区小池町831
TEL:053−571−1110
営業時間:11:00〜14:00
     18:00〜21:30
休日:月曜
駐車場:4
座席:カウンター6 テーブル3×1,4x1
URL:http://mennyayamahiko.hamazo.tv/
最寄り駅:遠州鉄道 鉄道線 さぎの宮駅


ラーメンマップ静岡2」刊行特別イベントの「ラーメンコラボ静岡2010」協賛メニューを食べに、「麺屋 山彦」さんに突撃してみました。
目当てのメニューは「X−week仕様つけ麺」なんですが、このメニュー、実は以前からも1週間だけ限定で毎月提供されていたのですが、反響が凄く、麺も拘りの製麺所から取り寄せていると言うことで、提供して頂いているものです。
東部に住む私としては、1週間だけというのはかなりハードルが高いメニューではありましたが、他のブロガーさんのレポートを見るとかなり好印象なので、是非食べてみたいところに企画賛同と言うことで、とても気になる一杯だったんですよね。
というわけで今日は、開店早々を狙って一路浜松まで車を走らせてみました。
予定ではお店開店30分前くらいには着く予定ではありましたが、実際到着してみると開店5分前。
期間限定であり、数量限定ではないので焦る必要はありませんが、やっぱり一番乗りってなんか気持ちがいいですよね。
・・と思って外で待っていたところ、常連さんと思しきお客さんが続々と到着。
人気の高さが伺えますね〜!
で、程なくしてオープン。
壁のあちこちには雑誌や今回のコラボを紹介するポップや、どうやら限定メニューに力を入れているようで、それらの案内があちこちに貼りまくられていました。
手元のメニューを見ると、特にX−weekと書かれておらず、通常のラーメンやつけ麺が並んでいるのみ。
あれー?と思って店員さんに訊くと、全てのメニューがX−weekとしてスープが変わっているとのこと。
じゃあということで、「つけ麺」をオススメのしょうゆ味でオーダーしました。
話は変わりますが、今でこそ濃厚魚介豚骨系は、特に東部では定番的な味になりましたが、その味を全国に知らしめたお店と言えば、やっぱり「六厘舎」。
魚粉入りの濃厚な魚介豚骨つけ汁は、忘れられないインパクトある味ですが、その濃厚なつけ汁に浸して食べる麺もこれまたワイルドな一品。
その麺を卸していたのが、「浅草開化楼」という製麺所。
そしてその浅草開化楼謹製の麺を、実はこちらの「麺屋 山彦」さんでも使われているんですよね。
六厘舎に同じく極太の麺を使用しているため、麺を茹でる時間がそれなりに掛かります。
何故かダンスバージョンのスタジオジブリ系な音楽を聴きながら待っていると、目当ての「つけ麺 X−week仕様」が到着しました。
つけ麺ということで、先ずは麺から食べてみます。
大釜で泳がすように茹で上げられた麺は、極太で縮れが入ったワイルドなもの。
実はこちらのお店でつけ麺を食べるのは初めて。浅草開化楼ということで、あの強靱な噛み応えを想像しながら麺を啜ってみると、意外にも柔らかめの茹で加減。
しかし、極太だけあって、モチモチとした食感はやはり健在。プリプリとしたみずみずしさも伴い、非常に食べ応えの強い麺ですね。
そしてつけ汁。
薀蓄書きによれば、通常の鶏・豚スープに、牛をブレンドしたとの事。
いわゆる濃厚魚介豚骨とは違い、動物系や醤油ダレ由来の旨味の前に牛の風味がガツンと出ており、今まであったようで無かった味わい。
魚粉らしき物も多少入っているようですが、細かいネギやニンニクチップなどと相まって、華やかなザラザラ感が演出されています。
牛の旨味が前面に押し出されつつも、サッパリ・スッキリとした仕上がりを魅せているため飽きる感じは無く、むしろ牛の風味が華やかに活かされているため、クセになりそうです。
重くならないようにあえて控えているのかもしれませんが、トロミが殆ど無いサラサラ系のつけ汁なので、極太麺にも関わらずあまり麺にスープが絡んでこないのがちょっと気になるところでした。
しかし、この味はホントクセになるなぁ・・・
具材は麺の上にはチャーシューとメンマ、つけ汁の方にはネギやフライドガーリックなどが入ります。
文中書いたようにもう少し野菜などで重くならないトロミを持たせ、麺との絡みを良くすれば最高かなとは思いますが、それ抜きにしても、牛の旨味が非常にバランス良く調和していて、それが特に記憶に残る、また食べたい一杯でした。
そうそう、「○○ぶっこみDay!」というのをやるそうで、これはノーマルのスープにそのまま別の素材をぶち込む企画だそうで、次のぶっこみ素材はなんと「渡り蟹」。
12月の3日および4日4日から5日のみの限定だそうです。
どんな味になるのかとても楽しみですね!行きたいなぁ・・

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. ただのラーメン好き より:

    うちの一番近いラーメン屋です
    でも最近行けてません・・・(T T)
    久しぶりにお会いしたかった
    >太麺にも関わらずあまり麺にスープが絡んでこないのがちょっと気になるところでした。
    辛つゆが好みです パンチが効いてちょうどいいですよ
    渡り蟹のぶっこみは興味がありますねぇ
    食べてみたい☆

  2. かなり高橋 より:

    へぇ、辛つけっていうのがあるんですか!
    気づきませんでしたぁ(^_^;)
    渡り蟹も気になりますよね〜
    また行きたいなぁ。。

  3. 本日の来店者 より:

    本日『山彦』さんに行って来ました。
    渡り蟹♪渡り蟹♪とるんるん気分で来店してみると・・・
    『渡り蟹のぶっこみDay!』は12/4、5とのこと。。。

  4. かなり高橋 より:

    >本日の来店者さん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    「ぶっこみDay!」の日付間違えてましたか・・・大変スミマセン。。。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」