中華 一元 (いちげん) は唐揚げが旨そう!

一元−味噌拉麺
味噌拉麺 600円
味噌系
炒めたニンニクとショウガが香るクラシック味噌拉麺
コッテリ:◎○○○○(肉野菜炒めの風味溶け込むアッサリ味噌スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(柔らかゆで加減のストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。炒めた豚肉・タマネギ・モヤシほか)
おすすめ:アッサリ 安い 軽呑み ファミリー 友人同僚 出前
住所:富士市久沢788−1
TEL:0545−71−4848
営業時間:11:30〜14:00
     17:00〜22:00
休日:月曜
駐車場:なし
座席:カウンター8 座敷4×1,6×1
URL:なし
最寄り駅:


水曜日が定時退社日の企業も多いかと思いますが、私の勤める会社もそうであり、今日はちょっと足を伸ばして富士まで突撃してみました。
以前富士に突撃した際に未だ突撃していないお店をいくつかリストアップしてあったのですが、こちらのお店はそのうちの一つ。
突撃前に住所から地図を確認してみると、スーパー銭湯らしき場所を指していたため、ひょっとして閉店したのかも・・・とやや不安になりながらも、一応行くだけ行ってみようと思い、向かってみました。
現地に着いて付近をキョロキョロしながらお店を探してみると、スーパー銭湯の駐車場脇にスポットライトで看板を照らした小屋を見つけました。
よーく見てみると、それが目当てのお店だというのがわかり、早速店舗近くの駐車場に車を停めて店内に向かいます。
看板には元情報のタウンページとは若干屋号が違って「中華 一元」とあり、静岡市清水区付近にいくつかある一元グループと関係があるのかも?という楽しみもあって来てみたのですが、中華ではなく普通のラーメン店目的でもあったのでちょっと気持ちがダウンしてしまったものの、ひょっとしたらもっと面白い発見があるかも!という期待を込めて暖簾をくぐってみました。
お店入り口には段差があり、引き戸を開けて店内に入ると床は木板が敷かれ、その下には空洞があるようでコツコツと歩く度に独特な音がする店内。
目の前にはズラリとカウンターが並び、その奥は厨房、後ろ手には小上がりの座敷がありました。
年配のご主人一人で営むお店は、中華とありますがメニューは意外にも少なく、店内には旨そうな唐揚げの匂いが立ちこめています。
その唐揚げを注文する気持ちをぐっと堪えながら、目当ての「味噌拉麺」を注文しました。
ちなみにメニューは他に、醤油拉麺や湯麺(タンメン)、餃子などもあり、いわゆるごく一般的な昔ながらのラーメン店と同じようなメニュー構成でした。
ほどなくしてラーメンがカウンター越しにご主人から手渡されます。
うっすらニンニクとショウガの香りが立ち上る一杯。
スープは見た目ほどには味が濃くない、アッサリと淡泊な味わい。
肉野菜炒めに使ったニンニクとショウガのみじん切りや野菜類の風味がスープに溶け込み、薄めではあるもののジンワリとした感じもします。
麺はストレートの細麺。
柔らかめの茹で加減でコシなどはないものの、スルリとした食べやすさは場所柄年配の方でも良さそうな感じ。
特筆すべきは具材でしょうか。
油にニンニクとショウガのみじん切りを入れてその匂いを移し、手早く豚コマ肉や野菜類をシャキッと炒めた肉野菜炒めは流石中華譲りのもの。
野菜のシャキシャキとした食感や豚肉のジューシーさを伴ったシットリとした食感が食欲をそそります。

一元
いやぁそれにしてもこの店内に漂う唐揚げの匂い。一度食べてみたいものです。

【287】【業務用 訳あり】若鶏の唐揚げ×1袋(約1kg)
亀のすけ
売り上げランキング: 981

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 0506 より:

    以前は139号線(大月線)沿いにありメニューも今より多かったですが、引っ越したときに減らしたようです。
    唐揚げはケンタッキーよろしく骨付き肉で量もあり、それだけでお腹いっぱいになる可能性ありです。

  2. かなり高橋 より:

    >0506さん
    初めまして、情報ありがとうございます。
    なるほど、やっぱり唐揚げ凄いですね!
    是非一度食べてみたい!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」