いさみ

いさみ−ワンタンメン
ワンタンメン 500円
中華そば系
店の外まで漂う煮干しの匂いに誘われて・・・
コッテリ:◎○○○○(煮干しと動物系をブレンドした昔ながらのアッサリ中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(ややウェーブしたストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。肉入りワンタンにモモチャーシュー、メンマほか)
おすすめ:アッサリ 中華 老舗 安い 軽呑み
住所:富士市今泉2048−7
TEL:0545−51−1383
営業時間:不明
休日:月曜
駐車場:あり
座席:カウンター12
URL:なし
最寄り駅:岳南鉄道 岳南鉄道線 本吉原駅


せっかく富士まで来たのに一杯だけじゃあもったいない!
ということで、もう一軒突撃してみました。
すっかりラーメンブーム真っただ中の静岡では、最近新店や限定メニューを出すお店が多く、それだけを追いかけるだけで精一杯。
古くからご覧頂いている方はご存知と思いますが、そもそもこのブログのウリはマイナーなお店もくまなく分け隔てなく取り上げること。
個人的にもそういう行ったことの無いお店に突撃するほうが楽しかったりします。
そんなわけで、今日選んだお店はこちらの「いさみ」さん。
吉原高校のすぐ隣にひっそりと建つ年季の入ったそのお店。
駐車場に車を停め、車のドアを開けた瞬間に店のほうから煮干しのイイ匂いが漂ってきます。
全く前情報を持たずに突撃した割にはいきなり隠れたいいお店を見つけたか!とワクワクしながら暖簾をくぐりました。
店内は初老のご主人と奥様の二人で営まれる、カウンター12席ほどのこぢんまりとした昭和の香り漂う雰囲気。
外からは吉原高校の野球少年たちの元気な声が聞こえてきます。
カウンター頭上にあるメニュー表を見ると、ラーメン以外も充実しており炒め物や揚げ物といった一品料理も豊富で、しかもどれも安い!
ラーメンなんて400円ですから。
入る前から注文するのはラーメンと決めて入りましたが、流石にそれを注文するのは気が引けたため、「ワンタンメン」をオーダーしてみました。
でも、これでも500円なんですよね。
「おまちどうさま」とカウンター越しに手渡された一杯。
鼻が慣れてしまったのか外で感じたほどの煮干しの匂いはありませんが、その澄んだスープをレンゲですくってみます。
うっすら動物油が浮く、煮干しの荒々しい風味がやんわりと広がるスープは、動物系と煮干しをアッサリ煮込んだ懐かしい中華スープ
いまどきのラーメンと比べてしまえばその出汁感はかなり弱いものの、シンプルで懐かしい味わいは身も心もホッとさせます。
麺は柔らかめに茹であげられたストレート細麺。
これもシンプルでなんだか和みます。
具材は肉入りのワンタンに味付きメンマ、しっとりとした食感のモモチャーシューにナルト、海苔、青ネギ。
ワンタンはその皮がツルツルと滑らかな食感で、これもなんだか懐かしい味わい。
高校が近いという場所柄なのか、どのメニューもいまどき考えられないくらい安いですし、なによりこのほのぼのとした雰囲気がまた来たい!と思わせる、温かみのあるお店でした。

いさみ
創業30年以上の歴史を持つ「いさみ」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. syaku より:

    突然失礼します。
    カテゴリが「ラーメンニュース」になってますが、これでいいんですか?

  2. かなり高橋 より:

    >syakuさん
    初めまして。ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
    直しておきました。よくやっちゃうんですよね〜・・

  3. テツ より:

    お久しぶりです。
    このお店、近所なので軽呑みで行って来ました。
    飲んだ後のシメなので普通のラーメンを注文しましたが
    かなり煮干しの強いスープですね。
    値段もお手ごろ価格なので
    今度は出前で楽しみたいと思います。

  4. かなり高橋 より:

    >テツさん
    お久しぶりです!
    いさみさん、値段も手頃ですし、出前も出来るし、渋いお店ですよね!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」