蕎麦処 三友庵 (さんともあん)

三友庵−ラーメン
ラーメン 525円
遠州系
なんてココロに染みこむラーメンなんだ!
コッテリ:◎◎○○○(ジワッとした出汁の旨味がたまらないアッサリ醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(僅かに柔らか茹で加減のゆるウェーブ細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。モモチャーシュー、炒め野菜ほか)
おすすめ:アッサリ ジンワリ 上品 自家製麺 老舗 安い ぶらり 出前 ファミリー
住所:磐田市見付2625−1
TEL:0538−32−2323
営業時間:10:45〜14:00
     16:45〜19:30
休日:木曜
駐車場:5
座席:カウンター6 テーブル4×2 座敷4×5
URL:なし
最寄り駅:なし


ぶん屋さんのブログで見かけ、かなり気になっていたお店。
蕎麦屋さんなんですが、ラーメンも旨いとのことで、早速突撃してきました。
整備された道路沿いに堂々とそびえ立つそのお店は、黒字に金色で「三友庵」と力強く描かれた看板や、趣ある暖簾など、歴史と威厳を静かに放っていました。
店内は手前からテーブル席と小上がりの座敷が並び、奥には三角コーナーのカウンター席が控え、歴史ある和を感じさせるの雰囲気はいかにもお蕎麦屋さん的な感じ。
開けたばかりだったためか店内にお客さんが居なかったので、一番手前のテーブル席に座りました。
メニューを開くと、お蕎麦メニューに丼もの、そして一番最後のページには目当ての「ラーメン類」という項目がありました。
どれも比較的リーズナブルで、どれも食べてみたい衝動に駆られますが、初志貫徹、ラーメン類の中から一番シンプルな「ラーメン」に決めました。
しばらくすると、奥に厨房があるようで、おばちゃんがお冷やのコップと汗ふきを持ってきてくれ、そのついでに注文を入れました。
ラーメンの到着を待っていると、奥から電話の鳴る音が聞こえます。
どうやら出前の電話のようです。
数えてはいませんが、何度か電話が鳴っていたので、出前が多いお店なのかな・・・
程なくしてラーメン到着。
具材類が表面を覆い尽くす一杯は、醤油と動物系スープの食欲をそそる香りがフワっと立ち上ってきます。
スープ自体は野菜や醤油ダレの軽やかな旨味が、柔らかな動物系スープを包む、ジンワリ優しいアッサリ系スープ
そのジンワリ感は食べ進めるほど心に響き、素朴ながらお店の歴史の古さにも通じる奥の深さすら感じさせます。
やや濁ったようにも見えますが、これはすりゴマによるもの。これが僅かながらコクやゴマ特有の香ばしさを加えており、一見奇抜にも見えますが地味に絶妙な組み合わせ。
具材でもある炒めた野菜の旨味もしっかりスープに染みこんでおり、これが軽やかなのにジンワリ染みこむような旨味に繋がっているのでしょうか。
麺はゆるくウェーブした自家製の細麺
やや柔らかめに茹で上げられており、しっかりとメリハリある旨味があるのに優しい味わいのスープが持つ優しさに通じる食感がありました。
具材は固茹でのモモチャーシューに濃いめに味付けされたメンマ、炒めたキャベツやモヤシ・ニンジンなどの野菜類、長ネギ、海苔。
野菜炒めはたっぷりというほどではありませんが、麺と絡めながら食べるのに程よい量乗っており、この値段でこの味、このボリュームは嬉しいところ。
前日にお酒をしこたま飲んだというのもあるのかもしれませんが、久しぶりにジンワリ系ラーメンで旨い一杯を食べた!という、静かなる感動を胸にお店を後にしました。

三友庵
素朴なラーメンがお好きな方にオススメの「三友庵」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」