らーめん もかすけ / 優しさが味の決め手!?マイルドで上品な豚骨魚介ラーメン!

もかすけ−もかすけらーめん
もかすけらーめん 650円
魚介豚骨系

コッテリ:◎◎◎○○(臭みの無い濃厚な豚骨に魚介をプラスしたコッテリスープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(やや平打ち気味のストレート中細麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。ロースチャーシュー、揚げネギほか)
おすすめ:コッサリ,上品,自家製麺,チャーシュー,ファミリー,友人同僚,禁煙

住所:田方郡函南町肥田345
TEL:055−944−6360
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜21:00
休日:水曜
駐車場:5
座席:カウンター10 テーブル4×3
URL:http://ameblo.jp/agobusi/
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 原木駅

2010年9月29日オープンの新店。
掲示板で青空さん、ペリエさん、ブログコメントでメッチャさんからも情報をお寄せ頂きました。
お寄せ頂いた皆様、いつもありがとうございます。

さてさてそんな感じで皆さんの期待が強く掛かっているこちらのお店。
実はオープン後に何度か突撃してみたのですが、一度目はスープ切れ、二度目に行った際は店先に掲示物が貼られており、曰く昼の部しかやっていないとのこと。個人的に敷居が高いなぁと思いつつ、行けない日々が流れていきましたが、やっとこさ行くことが出来ました。
このお店の前は伊豆に繋がる天下の国道136号。しかも信号がよく変わる交差点に位置しているため、大きな看板も相まって非常に目立っていました。
この界隈は道路や大型店舗の開発は続いていますが、このような庶民的なお店は暫く出来ていなかったせいもあってか、店には行列は当然、車の入庫もひっきりなしの、大変な賑わいを見せていました。
オープン当初に比べてオペレーションが安定したようで、並んでから座るまではそれほど待たず、ラーメンを注文してからもごく普通のラーメン店程度の待ちくらいで、言われているほど気になる感じはなく、むしろ(失礼ながら)田舎特有のフレンドリーなおばちゃんの対応に好感すら覚えました。
店内は広めの厨房を10席ほどのカウンターがL字に囲み、その後ろにテーブル席が控えるオーソドックスな配置。全席禁煙。
メニューは行列しているときに前に並んでいた方に手渡されていたメニューで決めており、今回は「もかすけらーめん」をオーダーしました。
他には「つけ麺」と、魚介豚骨の「あっさりしょうゆ」、サイドメニューとしてモツ煮やネギチャーシューなんかもありましたが、営業時間同様にプレメニューで今後も増える可能性もあるのでご注意を。
ちなみに麺は最近ではよくあるパターンですが、大盛り無料となっています。
で、程なくしてラーメンが到着。
土色をした完全に白濁したスープは、いわゆる豚骨魚介スープ。
コッテリと濃厚な口当たりながら、しつこくない後味に仕上がっているのは、うっすら魚介を効かせているためでしょう。
豚骨自体は丁寧に旨味を抽出した感じで臭みが無く、むしろ優しささえ感じる、非常に上品な仕上がり
良かれ悪かれクセがないのが信条なのかもしれませんが、さて吉と出るか凶と出るか。
麺は自家製のストレート中細麺
やや平打ち気味なのがイマドキな感じで、麺自体とてもしなやかなコシと滑らかな舌触りを持っており、繊細な印象を受けます。
小麦の甘味や香りが感じられるのも、これまたイマドキな感じ。濃厚なスープに隠れてしまいがちかもしれませんが、麺自体も凄く優しく上品に仕上がっています。
具材はロースチャーシューに半熟味付け玉子が半分、淡泊な味わいを見せるメンマに青ネギと揚げネギのコンビに海苔。
あくまで箸休め程度に一つまみほど添えた揚げネギが、濃厚な豚骨魚介スープにいいアクセントになっていました。
優等生的な豚骨魚介ラーメンでしたが、また食べたいかと言われるともう少しお店らしいクセというか特徴が欲しいこの一杯。
しかし、この界隈ではここまで上品で繊細なラーメンは無かったので、今の人気ぶりがそのまま続くといいなぁ・・と思いながらお店を後にしました。

もかすけ
お会計用紙には「もからー」って書いてありました(^^)

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. 蝸牛 より:

    本日やっとこ食べてくることができました。自分はつけ麺を食べたのですが、家からも近いということで今後の期待も含めて辛口で書きます。まず麺ですが、つけ麺ではありがちなのですが水切りが不十分だと思いました。麺に水が多く付着しているためスープの持ち上げも悪く麺自体の旨味も薄くしてしまっているように思いました。次にスープですがつけ麺にしては味が薄く今使用している麺を今後も売りにするならばスープの粘度を上げるか何かをしないと全体がぼやけてしまうような気がしました。最後にトッピングですがネギは麺の上ではなくスープに入れた方が良いように思いました。食べ終わり時にどんぶりの中にネギだけが残ってしまうのはちょっと残念でした。全体のまとまりがある分オペレーションのちょっとしたきずかいでぐっと味も良くなるのではと思いました。【こんなにいろいろと書きましたが家から近いのでまた行きます。】

  2. かなり高橋 より:

    >蝸牛さん
    詳細なレポート頂きまして、ありがとうございます。
    私は未だこちらでつけ麺は食べていないのですが、なるほど、と思う貴重なご意見だと思います。
    近いうちに食べてこようと思います。

  3. ぜんたろう より:

    つけめんは途中でスープがぬるくなるのがイマイチと敬遠気味な私でしたが、このお店ではぬるくなったら温め直しますとのこと。こんなことを言ってくれたお店は初めてでそれだけで感激。早速つけめん大盛りを注文し、途中で温め直しをお願いしました。が、ほとんど温かくなっていなかったなあ。まあこれはご愛嬌。その心配りや良し。

  4. かなり高橋 より:

    あはは!なるほど。。でもそうそう、こういった心配りがいいですよね〜

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」