太ィつけ麺魂 (ふといつけめんだましい)

太ィつけ麺魂−濃厚魚介トンコツつけ麺
濃厚魚介トンコツつけ麺 780円
つけ麺系
本格的な濃厚豚骨魚介つけ麺がいよいよ浜松に登場!
コッテリ:◎◎◎◎◎(唇がひっついてしまうほど超濃厚な豚骨魚介つけ汁)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(小麦の風味豊かで強靱な噛み応えの極太ストレート麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。炙りチャーシュー、ボイルした野菜類など)
おすすめ:コッテリ ガッツリ ワイルド 濃い味 深夜 禁煙
住所:浜松市東区原島町145−5
TEL:053−443−7577
営業時間:11:00〜15:00
     18:00〜23:00
     11:00〜23:00(休日)
休日:無休
駐車場:13
座席:カウンター28
URL:http://tsukedama.com/
最寄り駅:なし


2010年3月15日オープンの新店。
といってもオープンからだいぶ時間が経ってしまったので新店といっていいものやら・・・
お店の近くは交差点があり、手前から看板が見えて停車場所によっては駐車場も見えるのですが、なんとなく車が少なく、ちょっと不安になりながらもお店に入店。
入り口には「当店はセミセルフとなっております」と書かれた張り紙が貼ってあり、右側に進むよう促されます。
ぽかーんと何をしたらいいか訳が分からないうちに、とりあえずキョロキョロしながら歩いて行くと、まずはお盆を取って進めと。
その直ぐ先には冷蔵ショーケースが置かれ、トッピングが選べるようですが、ぼけーっとしているとここで何かを取りそうになりますが、ここはスルー。
一番シンプルなつけ麺だけを食べたいのですが、この次は何をしたらいいか判らず、とりあえずレジの前に行くと、メニューを見せられ、あぁここで注文するのかと納得。
狙い通り、一番右端に書かれた「濃厚魚介トンコツつけ麺」を普通盛りでオーダーしました。
すると自分の持ったお盆の上に番号の振られた青いプラスティックの札を置かれ、「お好きなお席でお待ち下さい」と言われるがまま、カウンターに座って待ちます。
ちなみに麺は減量と増量が出来、普通盛りで200グラム、大盛りで300グラム、小盛りで150グラムとなり、いずれも無料。大盛り以上は有料でさらに増量が出来るようで、最大500グラムまで・・・って凄いな。。
あたりを見渡すと麺の茹で時間が9分ほどかかるようなのと、標準の極太麺の他に、さらに太い超極太麺というのが選べるということを知りました。
だいたい10分ほど待ってスタッフの方が麺とつけ汁の入った器を持ってきてくれます。
カウンターの目の前には蘊蓄の他、つけ麺の食べ方も書かれているのですが、こういうのっていいかも。
もう、いかにも六厘舎インスパイアなつけ麺を、まずは麺から啜ってみます。
今ではこの太さも珍しくなくなりましたが、極太の麺はいかにも全粒粉を練り込んでいます的な灰色を帯びており、啜ってみると確かに小麦の風味がプンプンとしてきます。
水分量が多くモッチリとした食感ではありますが、コシは思ったほど強くなく、ポクっと簡単に噛み切ることが出来ますが、正直もっと粘り強い噛み応えがあってもいいかも。
さてつけ汁に麺を浸してみようかと手を器に伸ばしてみたら、熱っ!!
器自体がとても熱くなっていて、スタッフさんよくこの熱いのを手で持ってきたなぁ。
あ、そういえば提供直前に厨房の方からチーンとレンジの出来上がる音が聞こえていましたが、これを温めていたんですね。ちょっと切ない感じですが・・・
気を取り直して味の方はというと、これまたいかにもな魚粉溶け込むドロドロと濃厚な豚骨魚介系
かなりの豚骨濃度を誇っており、魚粉やとろみを出すために鶏も併用しているそうで、非常にドッシリと腹に響く重さを持った仕上がりとなっていました。
具材は麺の上には炙ったバラチャーシュー、軽くボイルしたキャベツやモヤシなどの野菜類、極太のメンマが一本。
つけ汁の方には刻んだチャーシューにほうれん草。おまけで豆腐が一欠片ついてきました。
重々しいつけ汁は終盤飽きてくるのですが、ボイル野菜のお陰で結構食べきることが出来ました。
つけ汁に浸かった具材達はレンジで温められているのでアツアツ。
完成度も高いし旨いことは旨いんですけど、個人的にこの味って飽きちゃったんですよねぇ。。

太ィつけ麺魂
卵かけご飯もあるよ!の「太ィつけ麺魂」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」