龍光屋 (りゅうこうや)

龍光屋−つけめん
つけめん 650円
つけ麺系
あえて私も言おう。浜松でつけ麺と言えばコレを食べておくべき!
コッテリ:◎○○○○(酸味・甘味・鹹味・旨味に醤油香の絶妙な調和)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(自家製ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー、メンマ、青ネギ)
おすすめ:アッサリ スッキリ ジンワリ 上品 自家製麺 人気店 老舗 安い ぶらり
住所:浜松市中区北寺島町211−7
TEL:053−452−0622
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜20:00
休日:木曜
駐車場:5
座席:テーブル4×4 座敷4×1
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 浜松駅


浜松のつけ麺を語るなら一度は食べておくべきと、いろんな方に言われ続け、行かなくちゃと思いつつもなかなか足を運べませんでしたが、やっと突撃することが出来ました。
それがこちらのお店、知る人ぞ知るラーメンやつけめんが旨いお店こと「龍光屋」さんです。
実はこちら、ラーメン店ではないにも関わらず中華そばやつけめんが人気で、ネット上の情報を見てもその2つの話題が殆ど。
小雨降る中突撃したこの夜も、先客も後客も全ての人がラーメン系を食べており、なるほどやっぱりここはラーメンが人気なんだなぁ・・と納得。
蕎麦屋らしい、背の低い4卓のテーブル席が4つ整然と並ぶ店内の一番奥に案内され、目当ては「つけめん」であったものの、一応それがあるかを確認してから注文しました。
これまた蕎麦屋らしい、竹のせいろに盛りつけられた麺。
先ずはこの麺から啜ってみます。
イマドキのお店は流水や氷水などで冷たく締め上げるのが一般的ですが、こちらは軽く熱を落とす程度でややぬるめ。
エッジが立ち気味の自家製ストレート細麺は竹の匂いが移っており、ややコリっとした食感が印象的。
ひとしきり麺のみを楽しんだ後は、ご飯茶碗のような小ぶりのどんぶりに注がれた、つけ汁に麺を漬けてみましょうか。
遠州地方のラーメン屋さんでよく見られる、動物の野性味ある匂いを極僅かに感じるつけ汁は、酸味・甘味・鹹味、それに旨味がどれも主張しすぎない程度に高次元にバランスしており、そこにフワっと醤油の香りが立っている、なんとも上品で奥ゆかしい味わい。これは素晴らしい!
どちらかと言えば前述した五味を前に出した判りやすいつけ汁ではありますが、なかなかここまでそれぞれの味を活かしたつけ汁って無いですよね。
そしてそのつけ汁に沈む具材は、若干脂身のあるチャーシューが2枚にメンマ、青ネギ。
まんまシンプルなつけ麺の具材達ですね。
一度食べておくべき、という理由がここまで書いた中にあるかは判りませんが、少なくともこの味の妙技と、蕎麦屋らしいシンプルの極致を感じたことは確かですね。
また、ラーメン店にはないこの緩やかなに流れる空気感というか雰囲気もいい感じです。
私も他の方同様に、「浜松のつけ麺を語るのであれば一度は行っておくべきお店!」とオススメをします。

龍光屋
小雨がよりいい雰囲気を醸し出してくれた「龍光屋」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」