ラーメン 大関 (おおぜき)

大関−みそラーメン
みそラーメン 700円
札幌味噌系
芳醇な甘味を讃える自家製味噌ダレが味の決め手!
コッテリ:◎◎○○○(自家製味噌ダレを溶いたスープは昔に比べて穏やかな味付け)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(ややウェーブしたストレート中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。軽く炒めた大量のモヤシ、ネギ)
おすすめ:アッサリ ジンワリ ガッツリ 上品 老舗 ぶらり 軽呑み
住所:田方郡函南町平井774−17
TEL:055−978−4197
営業時間:11:30〜14:00
     17:30〜21:00
休日:木曜
駐車場:あり
座席:カウンター10 座敷5×2
URL:なし
最寄り駅:なし


年季の入ったラーメン好きな方にはお馴染みの、函南町が誇る味噌ラーメンの名店「ラーメン 大関」さんに久しぶりに突撃してみました。
前にも書いたかもしれませんが、このお店の存在を知ったのは、実は私の父親からの情報なんですよね。
「あそこの味噌ラーメンは本当に旨い!」と力強く薦められたので、その後何度か突撃したんですが、どうも親父さんの体調不良やらなんやらが重なっているのか、味が安定しておらず、時は流れるもんなんだなぁと、その時はそれで納得していました。
で、今日は別のお店を目指してみたもののやっておらず、どこに行こう・・と考えながら熱函道路を下っていたところ、ふとこのお店がやっているのに気がつきました。
通りすがりに中を覗いてみると、以前立っていた女将さんやら親父さんではなく、年配の男性が厨房に立っていました。
そのことがなんだか気になって、車をUターン。
隣の焼き肉屋さんは駐車場がいっぱいだったので、ラーメン屋さんの前に車を停めます。
中に入ると、やはり女将さんや親父さんの姿は見えず、代わりに白髪交じりの男性が一人厨房に立っていました。
注文は口頭で、このお店一番の人気メニュー「みそラーメン」を。
ちなみにお冷やもセルフサービスです。
ちなみにちなみに、隣の焼き肉屋さんには昔と同じく、女将さんが厨房を仕切っているようでした。
注文が入るなり麺を中華鍋に放り込み、蓋をして麺を茹で始めます。
その後は直ぐさま北京鍋に油を回し、手早くモヤシを炒め始めるさまは昔と変わらない、札幌味噌ラーメンスタイル
軽く炒めた後は動物系をベースとしたスープを鍋に注いでモヤシの旨味をスープになじませていきます。
そして自家製の味噌ダレが入ったどんぶりに今モヤシを茹でたばかりのスープを注ぎ入れ、あとは麺の茹で上がるのを待つばかり。
程なくして麺が茹で上がり、平ざるで手際よく湯切りをし、スープの入ったどんぶりに麺を入れます。
仕上げには先ほど炒め、茹でたばかりのモヤシを盛りつけ、レンゲを刺して私の前に。
昔と変わらないそのルックスは、正真正銘「大関」のみそラーメンそのもの。
先ずはレンゲでスープを一口啜ってみます。。
味噌味が支配的なのは以前と変わりませんが、前よりもかなり味噌ダレ自体の使用量を減らしたようで、あの塩辛さが無い代わりに非常にマイルドな甘味がジンワリと出ており、とっても温まる味わい。
スープ自体も昔に比べて旨味の出方が穏やかになっており、全体的に優しい仕上がりに変わっていました。
昔のあの強烈な塩辛さを期待すると拍子抜けしちゃうかもしれませんね。
麺はモチモチとした食感が心地いいややウェーブしたストレート中太麺。
具材は炒めた後にスープで軽くボイルしたモヤシ、青ネギ。
肉類やメンマは入らないシンプルさ。
モヤシは結構大量に入っているので、丁度同じ太さの麺と共に啜るのが旨い食べ方でしょうか。
食べ始めていつも気づくのですが、これにバターをトッピングした方が良かったかも。
だいぶアッサリとしたスープなので、パンチが欲しい方は是非バターをお忘れ無く
ところでこちらの見たことのない男性はお店とどういう関係なのかな・・・と思いながら食べ始めたところ、
丁度常連さんと思われる年配のお客さんが入り、その方々との会話を聞く限り、どうやらこちらの男性はご主人の息子さんらしいのです。
そういえばよく見ると、あのご主人の面影が感じられますね。
この界隈の年季の入ったラーメン好きな方にはお馴染みの「ラーメン 大関」さん。
現店主の息子さんも末永くこのお店を守り続けて欲しいですね。
味噌ラーメンと言えば「味の三平」さん。一度お店でそのルーツの味を確かめてみたいですね!

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 6件

  1. じいく より:

    いつも楽しく拝見しております。
    大関のの味噌らーめん、大好きです。
    ただ、休みが多くなかなか食べられなかった・・・
    ご主人が病気になってしまい、息子さんが跡を継いだそうですよ。
    代替わりしてから食べていないので、早く食べてみたいです。
    あと、すぐ近くの「どん」のラーメンも大好きです。

  2. かなり高橋 より:

    >じいくさん
    初めまして。コメントありがとうございます。
    そうですね、なかなか食べる機会が少なくてどうしちゃったのかな・・と思っていましたが、見事に返り咲きましたね。
    雰囲気も心機一転という感じで清潔感と活気が復活しているので、是非行ってみて下さい。
    情報お寄せ頂きまして、ありがとうございます。

  3. unyo より:

    かなりさん、ご無沙汰しておりま〜す。
    今は息子さんが厨房にたっておられるんですね〜。今年の春位に一度食べに行ったときは、まだご主人が作っていた記憶がありましたが、遠ざかっておりました。
    心機一転ですか!それはまた楽しみですね。近いうち行ってみたいと思います。

  4. かなり高橋 より:

    >unyoさん
    お久しぶりです。
    前はちょっと失礼ながら気だるさ感があったのですが、
    先日行ったときは生き生きとした感じがして、
    雰囲気の違いにちょっと驚きました。
    前とは味が変わってしまったかもしれませんが、
    是非一度お試し下さい!

  5. unyo より:

    土日連日のラーメンの1件目はこちらでした。
    この記事を見てから、行こう行こうと思ってたのですが、なかなか実現せず。
    やっと土曜日こちらにお邪魔できました。
    すごいですね。以前とは比べ物にならない清潔感。厨房の中の雑然とした感じが、とても整理された印象になりました。
    相変らず、カウンターの椅子はガタガタ傾きますが、これはもうこちらの味ですねw
    肝心のお味は、かれこれ大関に知り合って7,8年といったところですが、その最初の味噌の濃厚に出会った衝撃とまではいきませんでした。
    が、広く愛される味噌のまろやかさはありますね。それでも普通の店の味噌ラーメンよりは、濃いかなと感じました。
    あと、若干ボリュームアップしたような気がしました。700円でチャーシュー無しのもやしと葱だけの割りに、結構な満足感でした。

  6. かなり高橋 より:

    >unyoさん
    あ、言われてみるとボリュームが増した気もしますね。
    以前は塩辛いなぁ・・と思いつつ、あれ?もう終わった、と結構早く食べ終えてしまったんですよね。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」