太龍 清水駅前店 (たいりゅう しみずえきまえてん)

太龍清水駅前店−特製太龍らーめん
特製太龍らーめん(味噌・辛さおさえめ) 900円
味噌系
汗吹き出す辛さと重厚な牛骨スープが清水区に降り立つ!
コッテリ:◎◎◎○○(抑えめでも辛い、図太い味わいの味噌仕立て牛骨スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(やや硬めに茹で上げられたウェーブした中太麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。大量のモヤシ、半熟玉子ほか)
おすすめ:コッサリ ガッツリ ワイルド 濃い味 辛い 軽呑み 通し営業 深夜 駅近
住所:静岡市清水区辻1丁目4−8
TEL:054−364−5085
営業時間:11:00〜27:00(平日)
     11:00〜29:00(金土)
休日:無休
駐車場:22
座席:カウンター8 テーブル2×3 座敷4×2
URL:なし
最寄り駅:清水駅


今でこそ夜に出歩くことはめったにありませんが、車を購入したばかりの頃は、友達や先輩に連れられ、あちこちよく遊びに行ったものです。
そんな夜遊びが盛んだった時代に、よく通ったお店が御殿場にある「焼肉レストラン 太龍」さんでした。
焼き肉屋さんなのにラーメンが人気で、ひとけの無い山の中にありながら夜中でも地元や県外の車がずらりと並ぶお店だというのを記憶しています。
そんな太龍さんですが、今から1年ほど前に静岡市は清水区に新店舗をオープンさせたとの情報が入り、懐かしいなぁ、いつか行きたいなぁ・・と、思い出したのが今日のこと。
週末だし、多少遠出をしてラーメンを食べちゃおうと思い、のんびり西へ西へと車を走らせます。
現地に着いてみると、流石に清水駅に近いだけあって、大通りに面したなかなかの立地にお店は建っていました。
隣接する駐車場も広く、軽く20台以上は停められそうな雰囲気。
お店に入る前から既に、お金が掛かってるなぁ・・という印象を持ちました。
ラーメン屋さんにしては珍しい、オープンテラスを持った店舗は、横に長い設計となっており、中央には厨房があり、その向かいにはカウンター。
カウンター後ろには小さなテーブル席、厨房横には小上がりの座敷がありました。
太龍に来て普通のラーメンを食べたことがない私ですが、ここでもいつもと同じ「太龍らーめん」を味噌味、辛さをおさえめで注文します。
オープンから既に1年以上が経っていますが知名度は上々のようで、後にも先にもお客さんが切れることなく入ってきていました。
程なくしてラーメンが到着。
その懐かしい見た目や立ち上る匂いに、懐かしさがこみ上げてきます。
真っ赤なスープは、牛骨を丁寧に長時間炊き出した旨味と重厚感に溢れる味噌味仕立てのコッテリかつアッサリとした後味のスープ。
牛特有の臭みは炊き出し方が丁寧なのもありますが、味噌ダレが上手く打ち消しているようで、豚には無い牛骨独特の重く図太い旨味が感じられます。
札幌味噌ラーメンと同じように野菜類炒めた後にスープを投入するため、野菜の軽やかな甘味もたっぷりとスープに染み出しています。
味噌ダレもクリーミーかつしっかりとした甘味や旨味を持っており、何度も味わった既食感も手伝ってとても旨んまい!
辛さはおさえめにしましたが、食べているうちは辛さをほんのり感じる程度ですが、体は正直なようで、汗が止めどもなく噴き出してきます。
麺はやや硬めに茹で上げられた、ややウェーブしたストレート中太麺。
ガッチリとした食べ応えはワイルドなスープによくマッチしています。
具材は摺り下ろしたニンニクと共に炒め、スープで軽く煮込んだモヤシ・ニンジン、白ネギに半熟玉子、牛バラ角煮にナルト。
流石に焼き肉店をルーツに持つだけあって、この牛バラ肉の角煮は濃厚な味わいで旨いですね。

太龍清水駅前店
本店譲りの旨辛スープが自慢の「太龍 清水駅前店」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」