創彩麺家 野の実 (ののみ)

野の実−煮玉子醤油らぁ麺
煮玉子醤油らぁ麺 880円
醤油系
あの支那そばやのラーメンが、サービスエリアで味わえる!
コッテリ:◎◎◎○○(繊細かつ奥深い旨味広がるオイリーな醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(小麦を独自ブレンドした細打ち麺が味わえるのはここだけ)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。チャーシュー、厚裂きメンマ、海苔ほか)
おすすめ:アッテリ ジンワリ オイリー 上品 自家製麺 通し営業 ファミリー 禁煙
住所:御殿場市深沢字前野原1780−19 東名高速上り線サービスエリア内
TEL:0550−70−0105
営業時間:09:00〜22:00
休日:無休
駐車場:あり
座席:カウンターあり テーブルあり
URL:http://www.shiino.co.jp/
最寄り駅:なし


2010年8月12日オープンの新店。
今から半年ほど前、ラーメンの鬼こと佐野実氏のブログで、サービスエリアのラーメン店をプロデュースするという話が公表されました
サービスエリアの飲食店といえば、味よりもお腹を満たすため、という印象を持つのは、私だけでしょうか。
味はもちろん、素材の素性にまで拘る氏がプロデュースするその理由は、【腹を満たすためだけの、味で劣るサービスエリアの飲食店】というイメージを払拭したいという、スポンサー側の熱い思いに答えるがため。
通常のラーメン店とは利用形態が異なるため、ラーメンを根本的に一から作り直していくという大変な作業が必要になり、氏のブログではその様子がたびたび綴られていきました。
そして本日、ついにそのお店がオープンしました。

野の実
店の名前は「創彩麺家 野の実」さん。

パン屋さんのような可愛い制服に身を包んだスタッフが忙しそうにラーメンを作っていました。
・・でもよく見ると一番手前には胡心房@町田の女性店長さんが何故か調理に参加していました。
ちなみにフードコートはどのお店も行列していましたが、このお店だけは行列無し・・・
その理由は、券売機で食券を購入すると、即座にリモコンブザーを手渡され、出来た順に呼ばれるシステムを導入しているためでした。
私も食券を買い、リモコンブザーを受け取りました。
その際、「申し訳ありません、お時間30分ほど頂いております」とアナウンスされました。
あたりを見渡すと、座る場所がひょっとしたら無いかも・・と思えるほどの大混雑。
立って待っていたところ、このお店をプロデュースした張本人である佐野さんご本人がひょっこり店の前に現れ、遅れて佐野Japanの嶋崎さんが登場。
胡心房スタッフだけが居るのが不思議でしたが、これで謎が解けました。
そうこうしているうちに、手元のリモコンブザーが鳴りました。
30分と言われていましたが、実際に待ったのはその半分でした。
僅かに濁りを帯びた醤油色のスープは、表面にやや多めの動物油が浮いており、これがほんのり甘く香って食欲を刺激してきます。
スープ自体は佐野スピリットが注ぎ込まれた、何かの素材が突出することなく、調和の取れた上品で非常に奥深い旨味を持つもの。
やや多めの動物油といい、豚・鶏・魚介・野菜類が渾然一体となった厚みがありながらもスッキリとした味わいといい、佐野さんのお店である支那そばやに通じるものがあり、実に滋味深くて美味
麺はこのお店専用に小麦をブレンドし、専用に打った自家製のストレート細麺。
麺には細かな茶黒いツブが多数見られ、恐らくは全粒粉を練り込んだものかと思いますが、そもそも麺の伸びを出来るだけ押さえることを念頭に開発されたようで水分量が少なく、全体的に粉感の強いザラザラとした舌触りがありました。
それでいて支那そばやらしい、しなやかなコシを持っているのは流石。
もちろん支那そばやで食べる麺の方がもっと滑らかでのど越しも鮮やかなので、そちらの方が旨いのですが、場所に合わせた麺となれば、これで仕方ないのかもしれません。
具材はロースチャーシューに厚く裂いたメンマ、肉厚の海苔、半熟の味付け玉子にネギ。
特に海苔は、その厚みといい、柔らかな香りがやはり支那そばやを思い起こさせます。
半熟煮玉子も雑味のない上品な味わいでトッピングには最適。
しかし、このメンマとチャーシューはやはり昔のサービスエリア風で、ちょっと残念。
食べ初めは超大衆版支那そばやのらぁ麺だな・・と思いましたが、そこはやはり佐野プロデュース。
食べ進めるうちにじわじわ旨味が増すようなスープや、調整を重ねた拘り麺自体が放つ小麦の旨味などに魅了され、気づけば一気に食べ終えていました。
その美味しかった余韻はサービスエリアを離れた後も続き、帰る途中に満足感に満たされている自分に気がつきました。
東名高速道路を上る際は、是非立ち寄っていただけたらと思います。
ちなみに、足柄サービスエリアは高速道路外からも入ることが出来、私も今回はその裏に隣接する駐車場に車を止めて利用しました。
野の実−佐野Japan
ミーハー全開で佐野さんと嶋崎さんに挟まれて記念撮影しちゃいました(^^;)

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 8件

  1. 静岡人 より:

    でも、私も写真撮ってほしい。 貴重ですね。

  2. かなり高橋 より:

    >静岡人さん
    多分、メディア向け対応のためと、客寄せパンダ的な意味でちょくちょく店頭に立たれていたようですが、お疲れのご様子ではあったものの暇そうだったので声をかけてみました。
    なかなか撮れる機会は無いと思いますので、貴重な体験でしたが、
    惜しむらくは私が緊張して顔が引きつっているところでしょうか(^^;)

  3. Naminaminami より:

    行ってきました。
    凄い行列です。初日・二日目と各1,200人来店したとか・・・。
    券売機にて煮玉子醤油らぁ麺を注文!
    席を確保しつつ、ブザー音を待ちつつ5分、意外と早くブザー音が鳴り響きカウンターへ。
    先ず、スープを。普通の中華そば?次に麺。ストレートの中細麺ですが旨い!
    「食事時間が多少長くなっても延びない麺」と豪語するだけあって噛み締めながら食すも伸びずモチモチとした食感が最後まで続きます。
    やはりSA初出店とのことでラーメンを持って席を確保する人に配慮した麺とのこと。
    柔らかいチャーシューも太いメンマも柔らかい味付けでステキ!
    全体としては、上級中華そばという感じですかな?
    でも、やはり年を追うごとにこってり〜サッパリに行く過程で外せない一杯になりそうです。

  4. かなり高橋 より:

    >Naminaminamiさん
    いいですよね〜、野の実さん。フードコート内でも地味に異彩を放っていましたよね。
    24H営業だと嬉しいんですけどねぇ・・

  5. ハーモニー より:

    早速訪問しますよ。

  6. かなり高橋 より:

    >ハーモニーさん
    高速利用の際に是非!

  7. ココロ より:

    野の実さに行って来ました!
    美味しかったです♪サービスエリアにあるラーメンとはやはり違うと思いました。
    伸びにくい麺を使っているとのことですし、スープも透き通っていました♪
    スタッフさんが一生懸命早く出そうとしてる姿が印象的でした。
    だた、佐野さんのラーメンはさっぱりが基本なので、コッテリ好きな方には微妙な感じなんでしょうね。
    でも、私は野の実のラーメン好きです♪
    また行きたいです!!

  8. かなり高橋 より:

    >ココロさん
    私もこの味は好きですね。王道中の王道という感じで。
    自宅からちょっと遠いというのも、プチ旅行気分を醸し出していいんですよね。
    しかも休憩するのも目的であるサービスエリアなので、気を遣うことなく、行列することもなく、ただ待っていて、あまり人目を気にせず、ただ旨いラーメンを食べられるというのが嬉しいです。
    同じく、また行きたいです!!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」