ちゅうか なかむら家 (なかむらや)

なかむら家−なすソバ
なすソバ 840円
中華系
力強い甘味を持ったスープに、熱々の揚げナスがゴロゴロと!
コッテリ:◎◎◎○○(深く力強い甘味を持った中華系醤油スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(水分量の少ないストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。揚げナス、しいたけほか)
おすすめ:アッテリ ガッツリ ワイルド オイリー 濃い味 辛い 中華 人気店 ファミリー
住所:静岡市清水区袖師町150−3
TEL:054−365−8778
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜22:00
休日:火曜 第3水曜
駐車場:9
座席:カウンター10 座敷4×3
URL:なし
最寄り駅:なし


Nさんよりメールを頂いての突撃。Nさん、情報頂きましてありがとうございます。
是非、試して下さい。」とあり、調べてみると家庭的な中華料理を出す小さなお店で、なんでも「なすソバ」が一番人気とのこと。
お盆休みの連休前ということで、仕事仕舞いの晩飯にと思い、清水まで車を走らせてみました。
現地付近は住宅地のようで、夜はあまり灯りがなく静かな感じ。
そんななか、白地に黒の「なかむら家」という看板がひときわ目立っており、初めてでもすぐにお店を発見することができました。
外観からもこぢんまりとしたお店は、店の隣に3台分ほどの駐車場があり、ほぼ満車。
店の裏手にも駐車場があり、こちらもあと2〜3台停めたら満車という人気ぶり。
こんなにたくさんの車が停まっているのにこの小さなお店にいったいどれくらいのお客さんが入っているのか、とても不思議に思いながらお店の暖簾をくぐります。
店内は入って目の前にカウンター、その後ろには小上がりの座敷。
厨房はそれら客間の左手にあるようで、出来上がった料理を女性スタッフがひっきりなしに運んでいました。
カウンター頭上には中華料理店ではよく見られる、いわゆる「揚げ物系ラーメン」の写真が並んでおり、事前情報通り「なすソバ」が一番人気とあります。
そんなわけで、注文は迷うことなく「なすソバ」。
私が入った前も後もひっきりなしにお客さんが入れ替わっていますが、なすソバの注文率は高い感じでした。
んで、ラーメン。
ゴロゴロと具材が乗っかったラーメンは湯気が立ち上って見るからに熱々な感じ。
最近ではだいぶ熱いものも平気で食べられるようになりましたが、元々私は猫舌なので、この湯気を見て食べるのに注意が必要と悟ります。
レンゲでスープを一口・・・う、やっぱり熱い!(^^;)ていうか、辛い!
熱いのと辛いのが同時にやってくると、いったいどっちなのかわかんなくなっちゃう私ですが、おそらくこのラーメンの場合は同時でしょうか。
揚げ物系の具材が乗ったラーメンではよくある感じの、分厚くて深い甘味が前面に押し出されたスープは、中華料理店ではおなじみの醤油味の中華スープ
濃厚な甘味の向こうには、鶏や豚などをきちんと炊き出して作られた印象の旨味が感じられます。
さらに、おそらくこの具ものから染み出してきたと思われる辛味が結構パンチがあり、勢いよくスープを飲むとむせてしまうほどです。
麺は水分量の少ないストレート細麺。
ザラッとした舌触りを持っており、濃厚な甘味を持つスープやとろみのある具材の餡がよく絡んできます。
水分量が少ないのは、具材やスープが熱くて食べるのに時間が掛かるため、延びにくくするためでしょうか。
舌触りや食感はあの一元系にも似た感じで、清水ではおなじみの麺なんでしょうか。
そしてメインの具材。
小ぶりの茄子の皮を包丁で削ぎ、そのまま油で素揚げしたものが4本ほど入り、それ以外には豚こま肉・ニラ・モヤシ・シイタケなどが入っています。
茄子は油を吸い込んで非常に熱くてジューシー。ホフホフしながら食べ進めていきます。
甘味のあるスープと相まって、これらの具材が特に美味しく感じました。
流石清水で名を馳せるお店で、凄まじい人気でした。
特に庶民的な中華料理がお好きな方は、是非一度食べてみる価値はあるかもしれません。

なかむら家
まばゆい看板が目印の「ちゅうか なかむら家」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」