喜多方ラーメン 坂内・小法師 三島店 (こぼし)

小法師−中華風冷やしラーメン
中華風冷やしラーメン 730円 (9月までの限定)
冷やし中華系
コシのある麺の食感が光る、夏の風物詩
コッテリ:○○○○○(さっぱりとした魚介出汁効いたアッサリ冷たいスープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(喜多方らしいコシのある手打ち風平打ち太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシューが5枚、キュウリほか)
おすすめ:アッサリ 上品 チャーシュー 限定 人気店 安い ぶらり ファミリー 禁煙
住所:三島市玉川341
TEL:055−976−9825
営業時間:11:00〜21:00
休日:無休
駐車場:あり
座席:カウンターあり テーブルあり
URL:http://www.mensyoku.co.jp/
最寄り駅:三島田町駅


暑さに負けそうだから、という理由もありますが、今年の夏はその旨さに開眼して「冷やし中華」ばかり食べている私。
でもなかなか冷やし中華をやっているお店の情報が無く、これから「冷やし中華」をターゲットに突撃するお店のストックも無くなりつつあります。
そんな感じであまり冷やし中華情報を持っていないのですが、「」に注目した場合、ひょっとしたらここにはあるかも・・・と思いつき、とあるお店のホームページを覗いてみました。
それがここ、「喜多方ラーメン 坂内・小法師 三島店」さんです。
そもそもこのお店が思いついたのも、いろんな層のお客さんを相手にするフランチャイズチェーン店だからなんとなく(冷やし中華がメニューに)ありそう・・・と漠然と思い浮かんだんですよね。
予想が外れることももちろん多いですが、メニューに並んでいたときは(やった!)と心の中で小躍りしたものです。
お店がある県道140号沿いは通称「六本木交差点」を起点に渋滞が激しい場所で、お店に到着した18時過ぎは帰宅ラッシュも手伝ってか、猛烈に混雑していました。
その混雑をかき分けてお店駐車場に車を停めて店内に向かいます。
店内はファミリー客や仕事帰りのサラリーマンなどでほどほどに賑わっていました。
私はここのラーメンが大好きなんですが、メニューを見ると今日もそれを食べたい気持ちがふつふつと湧き上がってきますが、グッと堪えて初心貫徹。
目当ての「中華風冷やしラーメン」を注文します。
ちなみに他には「和風冷やしラーメン」や、「青唐うま塩ラーメン」といった夏らしい限定メニューがラインナップされていました。
冷やされて汗をかいたどんぶりには、冷やし中華にしてはやや多めにスープが張られ、飲んでくれと言わんばかりにレンゲも付いてきます。
そんなわけで、まずはレンゲでスープから飲んでみました。
一口目からガツンと鰹出汁の力強い旨味が広がる醤油仕立ての和風スープ。
玉状の油分も浮いてはいますが、恐らく植物油であるためコッテリ感やオイリーな感じは皆無。
冷たいスープで非常にアッサリとしており、角形の氷も入っていることから、最後までひんやり感がずっと続きます。
麺は喜多方ラーメンらしい、手打ち風の平打ち太麺
元々ラーメンでもモチモチ感に優れた食感豊かで美味しい麺ですが、冷やしということもあり、さらに麺のコシが強く、それでいて固くなくしなやかで、普通のラーメン以上に食感がたまらなく旨いですね。
やっぱり麺が優れた冷やし中華は旨い!
具材はバラチャーシューが5枚、爪楊枝のように細くカットされたキュウリ、紅生姜に長ねぎ、メンマに洋辛子。
バラチャーシューはこのお店のもう一つの特徴で、昔から好きなチャーシューなんですよね。
冷やしなのでジューシー感はありませんが、モチっとした食感は冷めても健在で、麺同様に食感がいい感じ。
これが5枚も乗っているんですから、たまりませんよね。
いやぁ、これが730円なんて、安いっ!とすら感じます。
フランチャイズ店ですけど、このお店だけは侮れないなぁと、改めて感じました。
福島の、佐野や喜多方の麺がお好きな方は、是非「冷やし」で食べてみてはいかがでしょう。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」