厨華麺飯店 蘭蘭 (らんらん)

蘭蘭−汁なし坦々麺
汁なし坦々麺 800円
担々麺系
ドロドロ超濃厚な坦々スープは、辛くて痺れるシビ辛系
コッテリ:◎◎◎◎◎(芝麻醤をたっぷり効かせたドロ系坦々スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(柔らか茹で加減のストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。肉味噌にチンゲンサイ、白ネギ)
おすすめ:コッテリ 濃い味 華やか 辛い 中華 軽呑み 深夜 ファミリー
住所:沼津市原町中3−13−22
TEL:055−969−0055
営業時間:11:00〜15:00
     17:00〜23:00(平日)
     17:00〜22:00(日祝)
休日:月曜
駐車場:8
座席:カウンター7 テーブル4×4 座敷6×2
URL:なし
最寄り駅:原駅


ブログをご覧いただいているMさんより頂いた情報を元に突撃してみました。
あまり大型のお店が無かった原地域ですが、元々戸建てや団地アパートが多い地域だけに、そこに住む多くの家族連れを狙ってか、一気に周辺開発が進んでホームセンターやビデオ屋さん、アミューズメント施設などが揃い、ちょっとした街に変貌しています。
今回突撃した「厨華麺飯店 蘭蘭」さんは、その中央に伸びる通称根方道路から原駅に向かう道路沿いにありました。
隣も同じジャンルの台湾料理店があり、なにげに競争が激しそうな気配がしますね。。
ガラス張りの店舗は中がよく見えて解放感がありますね。
厨房向かいにカウンター、その後ろと両側をテーブル席と座敷が囲んでいました。
私はいわゆる「おひとり様」なので、迷うことなくカウンターに座ります。
頂いたメールによると、その日のお昼はここで「汁なし坦々麺」を食べに行く、と書かれており、私もそれを真似してみることに。
汁無しと書かれているものの、見た目は結構スープが入っている感じ。
レンゲも刺さっているので、まずはスープをすくって飲んでみます。
四川料理でよく使われる花山椒などのスパイシーな香りと、それが持つ痺れる辛さがビビーっと駆け抜けていく感じは、真っ赤な見た目を裏切らない非常に刺激的な味わい
大量に使われている芝麻醤や、他にも粘りを出す調味料があるのか、それらの相乗効果で非常に粘性が高く、細くて柔らかい麺に張り付くようにスープが乗ってきます。
非常に辛くて痺れる、いわゆる辛シビ系の坦々スープですが、粘り気といい濃厚な味わいといい、本場の四川料理を思い起こさせるような、本格的な味わいに感じました。
麺はやや柔らかめに茹で上げられたストレート細麺。
若干ウェーブしていますが、無くてもすさまじく粘性があるスープが自然に絡みついてきます。
具材はスパイシーに味付けされたそぼろ肉に茹でたチンゲンサイ、裂き切りした白ネギ。
とにかくドロドロスープのドロ感と辛シビ感に圧倒される一杯でした。
最後になりましたが、メールを頂いたMさん、美味しい情報ありがとうございました。

蘭蘭
カジュアルな外装とは裏腹に本格的な味が楽しめる「厨華麺飯店 蘭蘭」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. skydog より:

    今日は天気が悪く、無気力になってしまったので、「一風堂」のラーメンでも作ろうかと思っていたところ、家人に誘われて「蘭蘭」さんへ。例のごとく、汁なし担担麺を注文。う〜ん、別の所で「酷暑を乗り切るためのシビれるうまさ」なんてコメントしてご免なさい。これは季節に関わらず「ハートに火を着ける(Light my fire)」麺なのでした。普通の2倍以上の大きさの餃子も大変おいしく、午後は少し元気が出てきました。ご馳走さま。

  2. かなり高橋 より:

    >skydogさん
    わかります。私も天気が悪いときは気分的にパワーダウンです。
    なるほど、辛いモノがそういうパワーを与えてくれる事をすっかり忘れてました。
    今日は辛いモノを食べようかな・・・

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」