和風ラーメン 英鶴 (えいかく)

英鶴−ひやしラーメン
ひやしラーメン(ゴマだれ) 850円
冷やし中華系
彩り鮮やかなゴマダレ冷やし中華
コッテリ:◎○○○○(醤油とお酢ベースに練りごまを溶いたクリーミーなゴマダレ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(柔らかな食感を持つストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。中華クラゲ、ハム、錦糸玉子ほか)
おすすめ:アッサリ 老舗 ぶらり 軽呑み 深夜 ファミリー
住所:駿東郡長泉町下土狩378−24
TEL:055−987−2644
営業時間:11:00〜23:00
休日:水曜
駐車場:13
座席:カウンター12 テーブル20 座敷14
URL:http://www4.tokai.or.jp/eikaku/
最寄り駅:下土狩駅


旨い冷やし中華を探す旅。
先日、旨い冷やし中華があるんじゃないかと思わしきお店の戦略を立てたばかりですが、
早速そのセオリーを破り、昭和の雰囲気を色濃く残す老舗ながらユニークな和風スープが売りの「和風ラーメン 英鶴」さんに突撃してみました。
目当ての冷やし中華があるかどうか、入ってみるまでわかりませんでしたが、もし無くてもあの体にジーンと優しく滲み込む和風スープのラーメンを食べればいいか・・と、いずれにしても楽しみにしながらお店に入ってみました。
いつものようにカウンターに座ると、そこに置かれたメニューに書かれた「ひやしラーメン」という文字と、その脇にあるまさに冷やし中華というルックスの写真が目に飛び込んできます。
(おぉ!あるし!)
しかし冷静に見れば「ラーメン」と書かれていますし、よく見れば「ゴマだれ」とも書かれていました。
醤油ベースの冷やし中華は無いのかな・・・と、念のため通常メニューの方も見てみましたが、見当たらず。
(ちょっと変化球だけど、まぁいいか)
さっきまでの気分は醤油でしたが、ゴマも嫌いじゃない、いやむしろゴマ大好きな私なので、力強く「ひやしラーメンをください」と注文してみました。
メニューポップの写真に同じく、具材の色鮮やかさが目を引く一杯。
それらをかき分けるように麺を引き出し、早る気持ちを抑えながらゴマダレとゆっくりと絡めてから、麺を啜ってみます。
中までしっかりと火を通して茹で上げられた麺は、流水で荒熱を取り心なしかヒンヤリとしたストレート細麺。
かなり柔らかい茹で加減でコシはありませんが、食感や歯応えは具材たちが助けてくれそうなのでこれでいいのかも。
ゴマダレは醤油とお酢などをブレンドしたよくある味わいの冷やし中華の醤油ダレに練りごまを溶いた感じのタレで、ややクリスピー感はあるものの、基本的に醤油の冷やし中華ダレの味わいがそのままに。
具材は中華クラゲに細く拍子切りしたハム・錦糸玉子・キュウリ・ナルト、中央にはちょこんと紅ショウガが乗っています。
中華クラゲは酸味の強い甘酢味に仕上げられており、独特のコリコリとした食感がとても小気味いい感じ。
非常にスタンダードな冷やし中華に練りごまと中華クラゲという二手間を加えた一杯は、ちょっと高いかも・・という印象もありますが、夏はやっぱりこれだね!という風物詩的な味わいに仕上がっていました。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」