お台場ラーメンPARK in 静岡ホビーフェア / に行ってきました

ラーメンパーク10
静岡市葵区で開催中の「お台場ラーメンPARK in 静岡ホビーフェア」に突撃してきましたので、レポートをお届けしたいと思います。


東静岡駅の北側にある会場には、電車を使って行く方法と、車を使って行く方法の2つがあり、平日だから車で行っても駐車場はあるだろう、という判断から、車で東静岡駅を目指しました。
詳しくは「静岡ホビーフェア」のウェブサイトを見て欲しいのですが、駐車場は4箇所あり、2箇所は無料、2箇所は有料となっています。
今回は無料駐車場の「静岡けいりん 西第2駐車場」を目指しました。
ラーメンパーク11
駐車場からは定期バスが巡回しており、30分に1度、毎時8分と38分に回ってきます。
ちなみに有料で、大人200円、子供100円となっていました。
ラーメンパーク13
定期バスは東静岡駅南口に到着。
そこから駅コンコースを抜けて会場に向かいます。
ラーメンパーク15
駅コンコースの右手前方からリアルスケールのガンダムが見えるので、間違いなく目指すことが出来ました。
ラーメンパーク16
会場は混雑をコントールするためか、入口と出口が決められていました。
会場のレイアウトはこちらから。
リアルスケールガンダムの迫力に押され、そちらを見ることに気を取られてしまいそうになりますが、その前の腹ごしらえとばかりに、目当てのラーメンを食べ歩くことにしました。
ラーメンパーク1
「お台場ラーメンPARK in 静岡ホビーフェア」と名付けられたこのラーメンフェスタに参加中の店舗は全部で6店舗。
ラーメンパーク2
「創作らぁ麺 地雷源」
ラーメンパーク3
「せたが屋」
ラーメンパーク4
「BeeHive」
ラーメンパーク5
「富山ブラック 麺家いろは」
ラーメンパーク6
「支那そば きび」
ラーメンパーク7
「二代目 つじ田」
以上の店舗が第1弾として9月20日まで営業しています。
ラーメンパーク9
ラーメンの購入は食券制となっており、ブースの一番奥にチケット売り場があります。
ラーメンは1杯800円
お店によってはトッピングも用意され、同じく事前に券売機で購入することも出来るようです。
ラーメンパーク15
7月27日現在の各店のメニューはこちら。(拡大あり)
ちなみに地雷源さんは「冷やしらぁ麺」もあります。
今回私はこの中から3杯を食べました。
ラーメンパークーBeeHive
「BeeHive」の「冷塩ロック
芳醇な鶏の旨味が爽やかに広がる、洗練された味わいの冷たい塩スープ
トリュフオイルやフライドガーリックの香りとミネラル分を含んだ塩の旨味が夏らしい感じ。
全粒粉を練り込んだ細打ちのストレート麺も、コリコリとした歯応えが心地いい。
やや塩っ気がキツイ気もしましたが、暑い中食べる冷たいラーメンは涼しげで美味しかったです。
ラーメンパーク−きび
「支那そば きび」の「肉ぶっかけサクサクラー油
こちらはうって変わって汁なしのラーメン
熱盛りのストレート極太麺甘辛く煮つけた牛バラ肉を乗せ、さらにその上には肉味噌状の「食べるラー油」にぶぶあられとアサツキ。
静岡東部ではこの手の和えそばだと、某店の影響からか最初から混ざっている場合が殆どですが、東京発祥のこちらの場合は食べ手が自分で混ぜてから食べるスタイル。
牛バラ肉の煮汁が少しだけ入るものの、味付けは中央の食べるラー油で調節する感じ。
ただ、食べるラー油といってもどちらかと言えば肉味噌であり、固くてほぐれにくく、非常に混ぜづらいのが残念なところ。
ラーメンパーク−地雷源
「創作らぁ麺 地雷源」の「冷やしらぁ麺
これは旨い!
鶏や豚といった動物系に魚介の出汁をブレンドしたスープだそうですが、温かいラーメンとはそれらのブレンド比率を変えているそうで、確かにこの「冷やしらぁ麺」は魚介、特にエグミすら少し残した煮干しの風味がガツンと出ており、力強くも華麗で繊細な味わいに仕上がっていました。
麺も茹で上げた後に氷水でキッチリ締めあげられ、しなやかなコシとコリコリとした歯応えが同居した素晴らしい食感でした。
問題は無いように作っているとは思いますが、半生のチャーシューはこの季節にこの場所ということもあり、やや気になりました。
兎も角、このフェアに来たら、必ず食べておいて欲しい一杯でした。必食です!
最後にまとめとして、「静岡ホビーフェア」および「お台場ラーメンPARK」を200%楽しむための、12のポイントをご紹介したいと思います。
1)会場はとにかく暑くて日陰が少ないので、日焼け対策や熱中症対策が必要。
2)会場は殆どが砂利であり、革靴などはすぐに真っ白く汚れてしまうので注意。
3)ドリンク類は会場で買うことができるが微妙に割高。子連れなら水筒を持っていくことをオススメ。
4)トイレは2箇所設置されており、どちらも簡易な仮設トイレ。
5)リアルスケールガンダムは、マニアでなくても一見の価値大アリ!夢を貰えます。
6)ガンダムは30分に1度ショーが行われ、ショートプログラムとロングプログラムが交互に行われる。
7)ロングプログラムではガンダムから霧(ミスト)が噴射される。
8)17時以降のショーではライトアップが併用される。
9)ガンダムゾーン入口横の「フォトスタジオ」では、台に上がってガンダムをバックにスタッフが写真を撮ってくれる。
10)その際の写真は1枚1000円で買うことも出来るが、自分のカメラを差し出せばタダで写真が撮れる。
11)静岡ホビーミュージアムはプラモデルに強い興味があれば600円を払ってもいいかも知れないが、興味が少しでも薄い場合は止めておいた方が吉。
12)ラーメンは東京サイズ。つまり麺の量が若干少ないので、可能であれば2杯食べるべし!

「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」
お台場ラーメンPARK in 静岡ホビーフェア
会場: 東静岡広場 (静岡市葵区長沼 JR東静岡駅北側)
開催日時: 平成22年7月24日(土)〜平成23年1月16日(日)
      7月24日〜8月31日 10:00〜20:00
      9月1日〜1月16日  10:00〜18:00
URL:お台場ラーメンPARK in 静岡ホビーフェア
    静岡ホビーフェア

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 3件

  1. イソップ より:

    ラーメン博物館含めてこういったラーメンパークが大好きなので、2回にわけて行ってまいりました。
    つじ田・きび・BeeHive・地雷源(2メニューとも)・せたがやを制覇。
    あとは、富山ブラックだけです。
    好みもあるでしょうが、私は濃厚つけ麺のつじ田が1番でした。途中に絞るすだちが思いの外、味の雰囲気をガラッと変えて、二度おいしい思いができました。オプションですだちだけ売っているのも分かる気がしました。
    期間中、なんとか富山ブラック食してみようと思います。
    近くには「日本平動物園」もありますので、ついでに白クマのロッシーを見に行くコースもオススメです。

  2. ROCK GO GO より:

    とても参考になるな〜
    画像のデフォじゃ3杯はイケそうだ。

  3. かなり高橋 より:

    >イソップさん
    初めまして、コメント頂きましてありがとうございます。
    なるほど、私はつじ田は食べたことがないので、とても参考になりました。
    夜のガンダムも見てみたいので、その際はつじ田を食べてみます。
    情報ありがとうございます。
    >ROCK GO GOさん
    私は胃が小さいほうなので、普通の方なら余裕で食べられるはずです!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」