麺や くぅでん

くぅでん−支那そば
支那そば 650円
醤油系
飲み歩き派には嬉しい、深夜営業店
コッテリ:◎◎○○○(奥深い旨みが優しく広がるアッサリ醤油スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(ややウェーブしたストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシュー、そぎ切り白ネギほか)
おすすめ:アッサリ ジンワリ ぶらり 軽呑み 深夜
住所:静岡市葵区常磐町1丁目1
TEL:054−251−9134
営業時間:19:30〜27:00
休日:日曜
駐車場:なし
座席:カウンター12 テーブル4×3
URL:なし
最寄り駅:静岡駅


こちらもオープン以来、久しぶりの突撃。
静岡の他の地域ではあまり見ない、開店が19時過ぎというちょっと遅いところが、なんとも食べ歩き泣かせなお店なんですが、時間を潰して突撃してみました。
先程の「ラーメン専門店 にしかわ」と変わり、どんな雰囲気かな、どんなお客さんがいるかな、というのを知るには、暖簾を手ですいて中を覗き込む昔ながらのスタイルのお店。
ラーメン屋だというのは看板を見てもはっきりわかるのですが、中の雰囲気が伺い知れないとなんとなく入りづらく感じてしまいますよね。
以前突撃した時と変わらず、店内は元々お蕎麦屋さんか定食屋さんかといった感じの、ちょっと和の趣のある雰囲気。
メニューは基本の支那そばにトッピングでバリエーションを持たせた麺メニューが数種類、つけ麺の他、餃子などもありました。
オーダーは前回同様「支那そば」。
やや濁ったスープは、生姜の風味がツンと立った、どちらかといえばアッサリ系の中華スープ
醤油ダレ由来と思われる醤油の味や甘味・旨味といったメリハリある味わいが前に出ており、動物系や乾物系の出汁感もあるものの、あくまでタレで食わせるタイプのスープのようです。
最初はこの生姜や八角の風味がとても気になるのですが、食べ進めるうちに鼻が慣れてしまいあまり気にならなくなります。
麺は水分量の少ないストレート細麺。
具材はバラチャーシューにそぎ切り白ネギ、メンマ、ナルト、海苔。
飲んだあとに食べるのによさそうな、メリハリのあるアッサリラーメンでした。
ところでこちらのお店にあるこれ、なんだか判ります?

くぅでん

答えは「キャベツ絞り器」です。
(「」の中はマウスで選択して色を反転してください。)

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」