カナキン亭 吉田店 (かなきんてい)

カナキン亭吉田店−中華そば
中華そば 630円
中華そば系
藤枝から広がるカナキン亭のソウルフルな味が、吉田町に降り立つ!
コッテリ:◎◎◎○○(細かな背脂が浮く奥深い旨みの醤油豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(茹で加減はアルデンテ、ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。三角海苔に巻きバラチャーシューほか)
おすすめ:コッサリ ジンワリ オイリー 濃い味 ぶらり 通し営業 早朝 朝ラーメン ファミリー
住所:榛原郡吉田町住吉2191−9
TEL:0548−28−7415
営業時間:08:00〜21:00
     08:00〜23:00(金土)
休日:月曜
駐車場:16
座席:カウンター12 テーブル4×5
URL:http://www.kanakintei.com/
最寄り駅:なし


2010年5月27日オープンの新店。
カナキン亭といえば、藤枝を中心に支店をいくつか構え、このお店の味にインスパイアされたお店も多数生み出した、志太系ラーメンと並ぶ、もう一つの藤枝の味
そんなカナキン亭さんが先ごろ、吉田町に新たに支店をオープンしました。
お店に着く頃は途端に雨脚が強くなり、雷を伴ってまるで台風が来たかと勘違いしてしまうほど。
こんな天気でもカナキン亭の知名度は高いようで、お昼ちょっと前にもかかわらず駐車場はほぼ満車の状態。なんか最近は遠征で駐車場が空いているお店を見ない方が珍しいほどですね。
駆け足で店内に向かうものの、Tシャツには雨の粒で水玉模様が出来てしまいます。
ここも他の支店と同様、事前に食券を購入して席に着く方式。
一度は食べてみたいプロペラ麺のボタンを押したくなる衝動を堪えながら、(次もあるんだ・・次もあるんだ・・)と自分に言い聞かせて、いつものように「中華そば」の券を購入しました。
店内は出来たばかりで清潔そのもの。
厨房を囲むようにL字のカウンター、その後ろにはテーブル席がずらりと並び、カナキン亭のトレードカラーである黄色があちこちに散りばめられていました。
さすが回転重視のお店だけあって、食券を渡してからラーメンが到着するまではさほど待ちません。
お昼時は禁煙タイムとなるので、回転も良さそうですね。
さてさて、ラーメン。
表面にうっすらと細かな背脂が浮くスープは、豚や鶏の旨味やコク野菜類の甘味など、どれかが突出すること無く調和した、オイリーだけどサッパリとした豚骨醤油スープ。
お店曰く、「3回食べてみてください」とのことで、すべての支店を合わせると既に3回以上は食べていますが、そう言われるだけあって、やはりこの味にノスタルジーを覚え、(あぁこの味!)となんだか嬉しさにも似た感情が込み上げてきます。
強烈に旨いわけではありませんが、ハートにじんわり滲み込む、旨いスープですよね。
麺はストレート細麺。アルデンテな茹で加減の麺は、外は柔らかく、芯をうっすら残してプチンとした歯切れのいい食感を持っています。
具材は、三角海苔にバラチャーシュー、メンマ、万能ネギ。
そうそう、ラーメンにお酢を入れるというのを私が覚えたのは、このカナキン亭の味にインスパイアされた某店のラーメンを食べてから。
ここでも当然のように、途中からお酢を入れてみます。
すると、お酢の効果で味がより引き締まり、特に後キレがとても良くなる感じです。
もうこの味には随分慣れたので、コショウを食べる前からいきなりかけるように、いきなりお酢を回しかけてもいいかもしれません。
この味のラーメンは東部にも西部にも無いので、久しぶりに味わいましたがやっぱりいいですよね。
それにしても中部はラーメンの文化が多くて深いなぁ・・・

カナキン亭吉田店
土砂降り雨の中突撃の「カナキン亭 吉田町店」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」