◯寿 (まるじゅ)

◯寿−冷かけ麺
冷かけ麺 600円
朝ラーメン系
コリコリ食感の麺がたまらなく旨い、志太系ラーメン
コッテリ:○○○○○(ちょっと甘味の強い油分の無いアッサリ和風スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(コリコリとした食感が心地良い平打ち気味のストレート細麺)
量の多さ:■■□□□(麺量やや少なめ。具材はあさつきのみ)
おすすめ:アッサリ ぶらり 早朝 ファミリー 友人同僚
住所:焼津市大覚寺199−1
TEL:不明
営業時間:07:00〜13:00
休日:木曜
駐車場:なし
座席:カウンター7 座敷4×3
URL:http://www.simple-office.com/marge-men.html
最寄り駅:なし


2010年5月29日オープンの新店。
確か最初にこのお店の情報を見かけたのは、匿名掲示板。
ひょっとしてまた某氏の書き込みかな・・なんて邪推しつつ、細かい情報が無かったのでその時はとりあえずメモを残すのみでした。
そんなある日、すすむさんよりブログにコメントが寄せられました。
志太系ラーメン店が2つオープンしたことを告げるそのコメントは、一つめのお店は判ったものの、二つ目のお店が判らず、兎も角一つめのお店に向かってみたのが先週のこと。
帰ってから深く調べてみると、二つ目のお店はどうやらこちらのお店のことを言っていたらしく、確かに事前情報とも一致しており、早速週末行ってみることに。
運悪くこの日も朝から雨模様。
現地に着いてみるとパラパラと時折雨が降る安定しない天候でしたが、和風チックな店舗はむしろこんな感じの天気のほうが雰囲気が出る感じ。
店内に入ると、かなり明かりを抑えた落ち着いた雰囲気。
お店入って右側に券売機が、厨房の前にはカウンターとその後ろには小上がりの座敷。
居抜きで使われてようで、元々蕎麦屋か定食屋か、そんな面影が今の「◯寿」という屋号にもマッチしている感じですね。
ちなみにこのお店は同じ発音をする雑貨屋さんを元々営んでいるようで、このお店は全くの異業種参入のようです。
この界隈はちょっとした朝ラーメン激戦区の様相を呈しており、このお店からちょっと離れたところには「ちっきん」、先日突撃した「支那そば処 麦」などがあります。
果たして、こちらのお店の実力はいかに!?
ガラスの丼が涼しげな一杯は、麺・スープ・アサツキと非常にシンプルな、かけラーメン。
先ずはスープを頂いてみましょうか。
砂糖でも入っているかのような強い甘味が印象的な、非常にアッサリとしたスープ。
一般的に正統派の志太系朝ラーメンは、油分の無い鶏ガラスープに鰹や鯖などの荒節出汁をブレンドしたものが普通ですが、こちらのスープは出汁の感じは穏やかで、ミリンをガッツリ効かせて甘味を前面に押し出した感じ。
解りやすい味といえばそうなのかもしれませんが、個人的にはやっぱり鶏や節系の出汁の旨味がもう少し欲しいところ。
麺はやや平打ち気味のストレート細麺
やや固めに茹であげられた後に流水でキッチリと締め上げられた麺は、外はモチモチ、中はコリットした、繊細なコシが心地良い一品。
スープの強い甘みに邪魔されてあまり良くわからないのですが、麺自体は小麦の風味が噛むたびにフワっと広がる感じで、コシと相まって咀嚼するのがとても楽しい感じ。
どちらの麺なのかは不明ですが、茹で上げかたといい、締め方といい、この麺、とても美味しいですね。
失礼ながら、ちょっと朝ラーブームに乗っちゃってるんじゃないの〜?と穿った見方でお店に入りましたが、なかなかどうして、スープは兎も角この麺は旨いじゃないですか。恐れ入りました!
こうなると、温かい方も気になりますね〜・・・
最後になりましたが、すすむさん、美味しい情報ありがとうございました。

◯寿
静かな雰囲気が魅力の「◯寿」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. すすむ より:

    スーパー田子重「田尻店」前の道を大井川に向かって1km位行った左側に「進栄楼」と言う店のメニューに、和風冷しらーめん(朝らーめん)と言うのがあるんですけど、今日、志太系かな?なんて思い食べてきました。
    見た目は志太系のスープほど黒くはなく、味は志太系と同じく、すっぱみはないんですけど魚系のだしより、鳥系のだしがきいていました。
    あっさり系しょうゆらーめんをそのまま冷たくした感じかな?
    一度食して「プロ」のコメントをお聞かせ頂ければ幸いです。
    尚、通常のあったかいらーめんもけっこういけますよ
    PS、朝らーめんと言いながら11:00開店です。

  2. かなり高橋 より:

    >すすむさん
    いつも情報いただきまして、ありがとうございます。
    プロじゃありませんが、今度突撃してみます!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」