麺ダイニング 花城 (はなしろ)

花城−彩(醤油)
彩(醤油) 700円 (昼限定)
醤油系
静岡駅からダッシュで3分、ラーメン好きの新たなたまり場が誕生!
コッテリ:◎◎○○○(華やかで力強い魚介と動物系Wスープが旨い!)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(プリプリツルツルっとした食感が魅力の自家製ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ジューシーなバラチャーシュー、ミョウガほか)
おすすめ:必食 アッテリ スッキリ ジンワリ 濃い味 上品 自家製麺 軽呑み 駅近
住所:静岡市駿河区南町1−22 石川ビル1F
TEL:不明
営業時間:11:30〜14:00
     18:00〜24:00(火〜土)
休日:不定
駐車場:なし
座席:カウンター4 座敷4×2
URL:なし
最寄り駅:静岡駅


2010年5月17日オープンの新店。
その名前からピーンと来る方もいらっしゃるでしょうが、こちらのお店は坦々麺で名を馳せる「麺屋 花いち」さんで修行された方というか、お身内の方が営業する、居酒屋スタイルのラーメン店。
中部地方のラーメンブロガーの評価もすこぶるいい感じなので、これは行ってみなくちゃ!ということで、早速突撃してみました。
カウンター4席に小上がりの座敷が8席の、非常にこぢんまりとした店内は、雰囲気からしてもラーメン店というよりは小料理屋といった感じ。
夜に訪れたので思わずビールを注文してしまいそうになりますが、ここはぐっと我慢我慢。
ちょっと注文する際に未誤ってしまって、夜の部は麺メニューが3種類しかないにもかかわらず、間違って昼のメニューを注文してしまったと、後で気づいたものの、店主は快く造ってくれました。
お客さんが丁度切れていたので、お一人で忙しそうではありましたが、それほど待たずにラーメンが到着しました。
チャーシューからと思しき豚の野性味ある匂いが印象的なスープは、どちらかと言えば魚介系の旨味が前に出たふっくらとした味わいの醤油スープは、こだわりの食材をふんだんに使っているためか、奥深い旨味が軽やかにそれでいてグワッと力強く広がっていきます。
お店の規模からしてもあまり多くのお客さんを呼ぶお店ではないため、恐らくスープもそれほど多く作られず、それが逆に凝縮感のあるスープに仕上がっているようで、花いち系列のラーメンとはまた違った旨さがありました。
麺は透明感のあるストレート細麺。
噂によると自家製だそうで、花いちで食べるものよりも水分量が多い感じで、細いのにプリプリとした噛みごたえと、ツルツルとした麺肌がとても印象的でした。
スープも華麗ですが、麺も華麗で、美味いですね。
具材はチャーシュー、ほうれん草、三つ葉、海苔、刻んだネギ、そしてミョウガ。
バラチャーシューは柔らかくて周囲が甘辛く味付けされており、単品でもおつまみになりそうな感じ。
味の強さにやや鈍重な印象を覚えるスープに、一筋の光明のごとく清涼感あるミョウガが効いていていい感じ。
具材の選び方も流石ラーメンのプロが作る一杯、という感じですね。
失礼ながら、花いちさんはどちらかというと大衆だけを狙った大型店と思っていたのですが、こちらのラーメンはこだわり感がひしひしと伝わってくる感じでした。
既にラーメンマニアの舌も唸らせているようで、隠れ家的な雰囲気といい、これは新たなマニア御用達店が誕生したかも!?
今度はちゃんと、居酒屋として一度利用してみたいな・・と思いながら、お店を後にしました。

花城
ラーメンも食べられる隠れ家的な居酒屋「麺ダイニング 花城」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」