麺屋 燕 / 朝から食べても大丈夫! スッキリ濃い味系カレーラーメン

燕−京カレーラーメン
京カレーラーメン 700円 (朝限定)
ノンジャンル系

コッテリ:◎◎◎○○(濃厚なのに後味スッキリなカレースープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(プチプチと繊細な歯応えを持つストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー、揚げネギ・青ネギ・白ネギほか)
おすすめ:必食,コッサリ,濃い味,上品,限定,人気店,朝ラーメン,バリアフリー,禁煙

「麺屋
住所:島田市御仮屋町8770
TEL:0547−34−2223
営業時間:6:30〜9:00(平日)
     10:30〜14:15(平日)
     6:30〜材料終了まで(土日祝)
休日:火曜、第3水曜
駐車場:19
座席:カウンター10 テーブル2×3,4×3
URL:なし


このところ、朝ウォーキングや朝ジョギング、早朝会議に早朝セミナー、朝デートに朝婚活といった感じで、「朝」をキーワードにしたブームが広がりを見せているようです。
当然そのブームはグルメにも波及し、古くは朝バナナに始まって朝カレー、そして静岡中部に見られる独特のラーメン文化である「朝ラーメン」がうまく時流に乗って、首都圏でも提供するお店が少しずつ増えているようです。
そんなわけで、その「朝ラーメン」文化に久しぶりに触れるべく、早起きして静岡中部まで車を走らせてみました。
向かうは島田の超人気店「麺屋 燕」さんです。
今日は朝から雨が降ったり止んだりとあいにくのお天気。
開店時間の6時30分を少し過ぎた頃にお店に到着しましたが、そんなどんよりとした天気を吹き飛ばすかのように、続々と車が駐車場に出入りしていました。
明け方で沿線の国道は車の通りもまばらなのに、皆さんスゴイですね。
市外・県外ナンバーもチラホラとありますが、恐らくは通りすがりに寄ったわけではなく、明らかに朝ラーが目当てなんでしょうね。
生木の取っ手が温もりを感じさせてくれる扉を開けて店内に。
「いらっしゃいませ〜!」と元気のいい挨拶を受けながら、入って直ぐ右手の券売機の前に立ちます。
今日のターゲットは、地元近辺のラーメンブロガーさんの殆どが絶賛する、「京カレーラーメン」。
他にも色々なメニューがありましたが、半分寝ぼけながらの突撃だったので、朝ラーメンメニューがどんなだったかはちょっと忘れてしまいました・・スミマセン。
店内はお客さんで賑わっていましたが、既に皆さん舌鼓を打たれていたため、私の分のラーメンは直ぐに作られたようで、それほど待たずにラーメンが到着しました。
やや小ぶりでちょっと背の高い白い丼には、そこはかとない美しさを感じさせる具材たちと、カレーらしい茶色に濁ったスープが注がれています。
まずは蓮華でスープを一口・・・
(う〜ん、濃ぃ〜!)
言葉にするとなんとも間抜けな感想ですが、一口目に感じたのは味の濃さ
淡いのに重厚感がある燕特有のブランド鶏を主軸にしたスープに、旨みの強いカレースパイスを合わせ、腹にズシンと響く力強い味わいが広がります。
でも、意外なことに飲み終える頃の後味は、まるで春風が駆け抜けるかのようにスーっと軽やかで、前味の重さがまるで無かったかのよう。
「京カレー」というのがどういったモノを指すのか、ちょっと私は知らないのですが、この前にガツンと強い旨みが来て、後にスーっと潔く重みが抜けていくのが特徴であれば、まさにこのスープはそのストーリー通りの仕上がりです。
朝にはちょっと重いかもしれませんが、わかった上で食べるのであれば、これは十分アリだと思いました。
麺はストレート細麺。
しなやかなコシサクサクとした繊細な歯応えを持ち、カレーいや、華麗な味わいのスープにもよくマッチしている感じ。
スープの味が強いので麺自体の旨味は感じることが出来ませんが、代わりに舌触りや食感で主張してくる感じですね。
具材は柔らかい歯ごたえのチャーシュー、色味よりは薄味仕立てのメンマに海苔、そして燕の真骨頂である香ばしい揚げネギに削ぎ切りした白ネギ・斜めに輪切りした青ネギ。
やはり燕さんは本当にネギの使い方や味合わせ方がとても上手いですね。
カレーにはミスマッチかと思われるネギですが、ラーメンだからなのかもしれませんが、スゴくネギがいい感じに思えました。
濃い味好きな方はもちろん、カレー好きな方にも是非食べていただきたい、朝ラーメンです。

燕
シックでモダンなのに、温かみも感じられる「麺屋 燕」さん。

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. actionscene より:

    おお、ついに食べられましたねえ。
    このラーメンはお気に入りです。
    自分も感じた、「ねぎの使い方」がこの店は上手いですねえ、ねぎの扱いでは県内屈指だと思います。
    冷やしがまもなく出るのかな、気になっています。

  2. かなり高橋 より:

    >actionsceneさん
    だいぶ遅ればせながら、やっと行ってきました。
    朝からパンチがありましたが、食べ進めるうちに引き込まれるような味わいは、とても魅力的でした。
    そういえば、本枯節を使ったという冷やしの案内が店先にありましたが、もう始まったのかな・・・
    また行かなくっちゃ!ですね。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」