味のなかむら (あじのなかむら)

味のなかむら−ラーメン
ラーメン 600円
醤油系
味のなかむらといえば、優しさとネギ、そしておばちゃん!
コッテリ:◎○○○○(柔らかな旨味広がる素朴な醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(柔らかめに茹で上げられた緩やかに縮れた細麺)
量の多さ:■■■■□(麺量やや多め。たっぷりの青ネギ、モモチャーシューほか)
おすすめ:アッサリ ジンワリ 上品 人気店 老舗 軽呑み ファミリー 禁煙
住所:三島市中田町11−11
TEL:055−972−2829
営業時間:11:00〜14:00
     17:00〜20:00
休日:水曜、第1・3火曜
駐車場:6
座席:カウンター21
URL:なし
最寄り駅:三島田町駅


久しぶりに、三島の老舗店「味のなかむら」さんに突撃してみました。
今日の夜食べるラーメンは「味のなかむら」さんで!、というのを実は朝から決めていたことなんですが、沼津の山奥にある会社を出たのが19時過ぎ。
ここから自宅に戻るにも大体30分から40分は掛かってしまうため、同じような距離にあるこちらのお店を目指すにはちょっと遅い出発。
自席を立って会社を出る前から間に合うか、着いてもスープ切れで暖簾が下ろされていないか、心配しながらなんとか到着。
未だ暖簾も掛かっており、丁度お店の前の駐車場が1台分ぽっかりと空いていたので、そそくさと車を停め、あのおばちゃんが待つ店内に。
暖色系の照明が明るく照らす店内は、いつも笑顔の、でもまれに機嫌がナナメの時もあったりと、そこがまた楽しみなおばちゃんがお出迎え。
私は常連ではありませんが、空気の読みやすいこのお店は何故かいつも入って直ぐに注文を受け付けてくれるんですよね。ここがいっつも不思議。
で、今日のオーダーは、「ラーメン
ずっと前に本の取材がらみで2代目店主さんとお話させて頂いた時、ご主人は塩のモヤシラーメンが好きなんだよ、と教えて頂き、私も真似してしばらくはそればかり食べていたことがあります。
お味同様、とても優しい雰囲気のご主人は、仕事の疲れ一つ見せず、丁寧に取材してもらったことをよく覚えています。
そんな御主人が編み出すラーメンが、おばちゃんの手で運ばれてきました。
表面をやや多めの油が覆うスープは、意外にもアッサリとした味わい。
豚や鶏、野菜類といったスープ食材を使い、そのいずれかが突出することなく調和した味は、じんわりとした奥深い旨みが印象的。
老舗系のラーメンというと化学調味料を強めに効かせた派手な味わいのスープが多いのですが、こちらのスープはそんな派手な味わいとは無縁で、柔らかさや優しさだけが味わえる、非常にほのぼのとしたもの。
臭み消し程度に加えた黒胡椒が丸みのあるスープに僅かにシャープさを与え、同時にコク深さも加えています。
麺は柔らかめに茹で上げられた、緩やかに縮れた中細麺。
柔らかな味わいのスープに柔らかい噛みごたえの麺を合わせることにより、より一層優しさが強調される感じで、啜っているとホンワカとした気分になります。
具材はモモチャーシューにメンマと、大量の青ネギ。
固茹でのモモチャーシューはかなり固い噛みごたえで、周囲にちょっと塩辛目に醤油の味が染み込んでいます。
メンマは胡椒が効いた甘めの味付けで、シャックリと柔らか。
そして私のようなネギ好きには嬉しい、大量のザク切り青ネギ。
これが柔らかなスープにとてもマッチしていて、このネギとスープを一緒に飲むのがたまらなく美味しくて、思わず勢いでスープを全部飲んでしまいそうです。
そういえば、ラーメン屋さんで知り合いに遭遇することって最近なかったのですが、今日は久しぶりに顔見知りにバッタリ会ってしまいました。
別に恥ずかしいことでもないのに、なんだかちょっと恥ずかしかったです(笑)
ラーメン屋さんでバッタリ私を見かけても、絶対声をかけないでくださいね、スゴく照れますんで(;^_^A

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 1件

  1. まいど より:

    今年に入って値段が上がったようです。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」