蔵前家 (くらまえや)

蔵前家−ラーメン
ラーメン 650円
横浜家系
混じりっ気無し! これぞホンモノの超濃厚豚骨スーーープ!
コッテリ:◎◎◎◎○(骨粉沈むハードな濃厚さを持った醤油豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(モチモチストレート中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。大判の海苔、チャーシュー、ほうれん草)
おすすめ:必食 コッテリ ワイルド オイリー 濃い味 上品 人気店 安い 禁煙
住所:浜松市北区細江町中川7172−2522
TEL:053−523−3525
営業時間:11:00〜21:00
休日:火曜
駐車場:30
座席:カウンター10 テーブル4×2
URL:http://kuramaeyablog.cooklog.net/
最寄り駅:なし


今日は勤務先の創立記念日で半日仕事。
毎年恒例な日なんですが、今年は忙しくてこの日のことをついつい忘れてしまい、自分でも思い出したのが前日の事だったりします。
そのまま午後から残業モードで仕事をしてもいいのですが、作業スケジュールの関係でやることが無かったので、他の社員同様退社することにしました。
で、せっかくだからとなかなか行けない西部にラーメン食べ歩き遠征をすることに。
日頃の素行はそんなに悪くないとは思いますが、何故かこの日に限って天候が荒れ模様。
会社を出る頃には雨がポツリポツリと降り始め、車に乗って西に向かう頃には思いっきり暴風雨。
(お店の外の写真が撮りづらいなぁ・・)と思うのはある意味職業病なのか、もっと違うロマンティックな感想は無いものかと少し悲しい気分になりましたが、気を取り直し、下道を使って雨風渋滞をもろに喰らいながら、3時間以上掛けて浜松市に到着しました。
普段この渋滞の中走りまわることが無いので思いっきり疲れてしまい、少しだけ車中で仮眠を取り、1軒目の目的地である「蔵前家」さんを目指しました。
浜松でも有名な餃子屋さんの裏手にある蔵前家さんですが、駐車場がその餃子屋さんと兼用になり、以前よりもずっと駐車場が広くなっています。
でも流石にこの天候の中ラーメンを食べる人は少ないのか、夕食時ではありましたが、車もお客さんもぽつりぽつりという感じでした。
ガラス張りの店舗は外からも中からも様子が見え、開放的な感じ。
2重の扉を開け、店内に入ると威勢よく「いらっしゃいませ!」の声が掛かります。
ちなみに入って直ぐの左手に券売機があるので、ここで食券を購入します。
今日もこの後もう1軒行くつもりだったので、ここは無難に「ラーメン」の食券を購入。カウンターに座り、食券をスタッフに手渡します。
この時に確か「お好みはありますか?」的な質問を受け、横浜家系らしく味の濃さ、油の多さ、麺の固さを調節出来るのですが、今回は「全部普通でお願いします」と答えます。
店舗はガラス張りで開放的と書きましたが、厨房も同じく開放的な感じで、カウンターに座ると作業の様子はもちろん、調理機材の様子までよく見えます。
以前も紹介しましたが、中でも大変珍しいのが、まるでお風呂かという位のとても大きな羽釜が備え付けられており、営業中もそこでボコボコと豚骨を煮立たせていました。
私の知る限り羽釜を使ったラーメン店は、沼津駅北口の長浜豚骨ラーメン店くらいで、ここまで巨大な羽釜をしかも横浜家系で使っているというのは見たことがありません。
その脇には通常のラーメン店でも見かける1メートルクラスの寸胴が置かれ、作業の様子を見ているとこの寸胴からもスープを羽釜に移していましたが、どんな違いがあるんでしょうね。
さてさて、そうこうしているうちに麺が茹で上がったようで、店主さんが丼にスープを張り始めました。
お客さんに提供するその直前に海苔を載せるスタイルは、海苔がシワシワにならなくていいですね。
まずはラーメンの命である、スープから飲んでみます。
(うおお!これはウマい!)
その迫力ある味に思わず声が出てしまいそうになるくらいのスープは、豚骨を強火で長時間炊き出したというのが、ひしひしと伝わってくる、超濃厚な豚骨醤油スープ。
ひょっとしたら皮や肉類も使っているのかもしれませんが、それを全く感じさせない、ストレートな豚骨の旨味だけをこれでもかと言うくらいに濃厚に炊き上げたスープは、この地方特有の遠州系ラーメンにも繋がる豚の野性味ある風味も少しだけ備えつつ、重厚長大な非常に底の深いコクと旨味を封じ込めたもの。
力強く男らしいコッテリとしたスープなんですが、手間を掛けまくったためか、上品な後味すら感じます。
スープの底には当然のように骨粉が沈んでいるあたり、その濃厚さを伺わせますよね。
麺はしっかりと茹で上げられたストレート中太麺。
モチモチとした食感がたまりません。
具材はシットリとした食感のチャーシュー、ほうれん草、大判の海苔。
麺も具材もよくよく吟味されたものではありますが、とにかくこのスープの魅力の前では影が薄れてしまいます。それくらい、もの凄いスープなんですよね。
それにしても西部の豚骨はレベルが高い!
特に東部にお住まいの豚骨好きなあなた!
是非一度突撃しておくことをオススメします!

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. ハズ より:

    浜松住みだけど蔵前屋のラーメン旨いですよね!
    途中で酢を入れて味変えるのもアリですよ。酢がマッチして美味しいんですよぉ。

  2. かなり高橋 より:

    >ハズさん
    初めまして、コメント頂きましてありがとうございます。
    おぉ!白湯系の豚骨醤油ラーメンにお酢とは斬新ですね!
    今度やってみます。

  3. げんぱぱ より:

    蔵前家さん、本当に美味しいですよねぇ♪私も片道30㎞の道程を最低でも週一回通ってます。
    生姜やニンニク、酢などで味を変えるのも好きなのですが、スープ本来の味を楽しむ為に油も醤油も入れない「抜き抜き」がオススメです!途中まではそのまま味わい、その後自分で量を調節しながら醤油を入れて食べるのが最高なんです。
    もし次に行かれたら騙されたと思って試してみてください。

  4. かなり高橋 より:

    >げんぱぱさん
    初めまして、コメントありがとうございます。
    私も一度ヌキヌキ試したいんですよ〜。。普通のももちろん激ウマですが、是非スープ単体も試してみたいです!
    情報ありがとうございます。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」