らーめん 伽羅 (きゃら)

伽羅−特製きゃらめん
特製きゃらめん 750円
味噌系
ナチュラルなうま味に魅せられて
コッテリ:◎○○○○(優しい旨味溢れるピリ辛味噌スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(柔らかなコシを持つやや縮れた中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。拍子切りの炭焼きチャーシューほか)
おすすめ:アッサリ ジンワリ 上品 ピリ辛 無化調 チャーシュー 安い ぶらり 禁煙
住所:駿東郡清水町柿田136−41
TEL:055−983−1230
営業時間:11:00〜14:30
     17:00〜22:00
休日:月曜
駐車場:7台
座席:カウンター8 テーブル12
URL:なし
最寄り駅:なし


実は昨日の夜、オープン予定だったお店にパトロールにしに行った帰り道、ふとこちらのお店の前を通ったら、22時前だったんですが、なんと電気が点っているじゃないですか。
いつも21時過ぎにラーメンを食べようとすると、開いているお店が極端に少なくなり、どこで食べようかいつも悩むところなんですが、このお店があったとは。。
ただ昨日は「豚骨醤油」というか「横浜家系」が食べたい気分だったので、そのまま素通りしたものの、今度遅い時間に退社したときはぜひここに突撃だ!と思っていたのが、まさか次の日である今日になるとは・・(;^_^A
閉店間際にも関わらず、店主さんは嫌な顔ひとつせずに出迎えてくれました。
なにも考えずに入店しましたが、このお店に来るとほぼ間違いなく注文するメニューは決まっており、今日もお冷とウェットティッシュを受け取ると同時に、無意識に「きゃらめん」とオーダーしました。
厨房からはこのお店独特の恐らくはスープの甘い匂いが立ち込め、お腹が空き気味だった私はこの匂いを嗅いだだけで、ムクムクと期待が高まります。
赤・緑・黄と、色のコントラストが明るく美しい、見慣れた一杯。
いつもの味が思い出され、食べる前からワクワクとしちゃいます。
やや赤みを帯びた黄土色のスープは、淡い旨味を放つ野菜と動物系のスープをベースに、擂り胡麻をブレンドした味噌ダレを優しく効かせた、ちょいピリ辛な胡麻味噌スープ
薄味好きの私にはたまらない、柔らかい出汁の旨味がふっくらと広がって舌を優しく包み込むような、とても自然な味わいのスープです。
昨今の強い味に慣れた方には物足りないかもしれませんが、素材の持つ力を存分に感じるためには、むしろこのくらい淡い味わいの方が、体のためにはいいのかな・・とも思いました。
スープ表面にはラー油が気持ち程度に振りかけられており、食べ進めているとたまーに辛味がちらちらと顔をのぞかせます。
麺はやや縮れたストレート中細麺
中までしっかり火を通した柔らかめな茹で上がりで、クニクニとした食感はコシは強くありませんが、むしろこの柔らかい味わいのスープだけに、この柔らかさにチューニングしているのでしょうね。
具材は万能ネギに拍子切りした炭焼きチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、半熟玉子におまけ?の野菜のソテー。
スープもユニークですが、このお店らしい特徴として、この炭火焼チャーシューが挙げられるかと思います。
うっすらスモーキーな香りを移したシットリとした食感のチャーシューは、噛むほどにジュワっと肉の旨味が広がります。
ここのスープなら塩分量も少なそうですし、味も淡いので最後まで柔らかい味のまま楽しめるので、躊躇なくスープを飲み干せるところも嬉しいポイントですね。
もちろん、今日もぜーんぶ平らげさせてもらいましたよ!
ちなみにご存じの方も多いでしょうが、実はこちらのスープ、化学調味料を使用していないんです。
もちろんだから凄いとは言いませんが、化学調味料を使わないだけにとどまらず、素材が持つ本来の旨味を引き出し、かつ強すぎない味で毎日でも食べられる、まるで完全食のようなこの一杯は、健康にも気を配りたい方にオススメしたい一杯です。

伽羅
毎日でも食べたい、「らーめん 伽羅」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」