301餃子 (さんまるいちぎょうざ)

301餃子−胡麻みそラーメン
胡麻みそラーメン 690円
味噌系
鰹のお出汁がバッチリ効いた、ワイルド系味噌ラーメン
コッテリ:◎◎◎○○(オイリーな札幌味噌ラーメン風スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(ピロピロ食感の手打ち風平打ち中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。炒めた野菜類、バラチャーシューほか)
おすすめ:コッテリ ガッツリ ワイルド オイリー 濃い味 軽呑み 深夜 友人同僚
住所:沼津市若葉町21−24
TEL:055−922−4788
営業時間:11:30〜14:00
     17:00〜23:00
休日:なし
駐車場:あり
座席:カウンター8 テーブル2×3,4×2
URL:なし
最寄り駅:なし


2010年6月11日オープンの新店。
今日は仕事中に1通のメールが届きました。
新店舗情報」から始まるそのメールの送り主は、ブログ読者であり、頼れる兄貴のYさん。
曰く、たまたま通りかかり、店主に話を聞いたら某有名ラーメン店で働いていた方らしく、夜は居酒屋になるがラーメンも出来るとのこと。
ラーメンも出来るとのこと・・!
ラーメンも出来るとのこと・・!
というわけで、早速突撃してきました。今週は早速突撃シリーズ第2弾ですね(;^_^A
メールで教えていただいたお店は、沼津市明治史料館手前のすき家の信号がある反対側にありました。
その名も「301餃子」さん。名前からどうやら餃子がメインのよう。
オープン初日だというのにお店はお客さんで賑わっており、手狭なお店ながらもスタッフ4名で切り盛りされており、とても活気がありました。
カウンターに座り、出来たばかりのメニューを見ます。
お料理は「名物」「おつまみ」「炒」「揚」「飯・麺」そして「デザート」でジャンル分けされており、名物の中に唯一の麺メニューである「胡麻みそラーメン」がありました。
ちなみにこちらのお店、お昼はラーメンがメインのラーメン店で、夜は餃子や中華料理をメインとした居酒屋に早変わりする、2毛作店
周りはお酒を楽しんでいるお客さんもいましたし、事前情報で夜は居酒屋と聞いていたので、一応「食べるだけですが、いいですか?」とスタッフに尋ねると、「もちろんです!」と気持ちの良い返事。
というわけで、「胡麻みそラーメン」と、おみやげで「カリカリ焼餃子」を注文しました。
しばらく待っていると、なんと情報を頂いたYさんがお店にひょっこり現れます。
「もう晩飯食べたんだけど、ちょっと顔出してみた」との事。
せっかくだからとYさんは「カリカリ焼餃子」を注文されていました。
んで、ラーメン。
しっかりと炒め油の膜が張られたスープは、見た目通りオイリーでコッテリとした味噌スープ。
スープ自体は甘めの味噌ダレがやや強めに効いた味の強いもので、動物系スープのふんわりとした旨味と、魚介の出汁がビシっと効いた、札幌味噌ラーメン風の味わい。
見た感じはごく普通の札幌味噌スープのように見えますが、よく見ると脇には花鰹が盛り付けられているように、魚介の出汁が結構効いています。
「胡麻みそ」とのことで、胡麻の風味がガッツリ効いたものをイメージしていましたが、出汁や味噌の味わいが結構強いので、胡麻はどちらかと言うとドロドロ感を演出しているようでした。
言ってしまえばアブラガッツリ、味噌味ガッツリでワイルドな味わいなんですが、何故か後を引くのは、やはりこの麺の力もあるのでしょうか。
その麺は、普通のラーメン店でも最近ではめったに見られない、ランダムな幅を持つ手打ち風平打ち中太麺
ピロピロとした食感や、うっすら甘みを感じる風味は、あの「ラーメンJack」で食べられる「手打ちラーメン」と同じものでしょうか。
意外にも濃厚系味噌とのマッチングもいい感じで、後を引く美味しさ。
具材は厚切り幅広なバラチャーシュー、花鰹、炒めた野菜類など。
スープには出汁にもなる干し桜えびが結構たくさん入っており、食感と味のいいアクセントになっていました。
サッパリとしたスープには桜えびの殻が舌に触る感じですが、この手のワイルドなラーメンにはピッタリですね。
ちなみに屋号にある301とは、店主さんを含めたご家族のお名前から名付けられたそう。
そんな優しさと快活さ、なにより真摯な姿勢がとても気持ちがいい店主が営むこの「301餃子」さんは、間違いなくこの地域に溶けこむだろうな・・・と感じました。
また一つ、沼津にいいお店が出来ましたね。
最後になりましたが、情報をお寄せいただき、お付き合いまでしていただいたYさん、
美味しい情報と素敵な時間をありがとうございました。

301餃子
お客さんと祝いの花で賑わう「301餃子」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 8件

  1. 及川啓太 より:

    久々にコメント投稿します、及川啓太です。
    「ワイルド系胡麻味噌ラーメン」という記事に引かれ、
    今日301餃子へ行って参りました(笑)。
    店員さん曰く、「オープン時に比べて大分内容が変わった」との事ですが、
    出汁が効いてコッテリとした味わいは期待通りでした。
    それにしても、軟骨入りのチャーシューには驚きました。
    フレンドリーな店員さんも好感が持てましたね。
    ほぼ食べ終わった頃に、「当店の事どこでお知りになりましたか?」と
    気軽に尋ねてこられました。
    勿論、「静岡のラーメン食うぞを見て」と答えました。

  2. かなり高橋 より:

    >及川啓太さん
    おぉ、軟骨入りチャーシューとは、気づきませんでした。
    雰囲気がいいですし、ひょっとしたら外で飲食することもできそうなので、是非一度飲みに行きたいと思っています。
    ブログ宣伝、ありがとうございます<(_ _)>

  3. 蝸牛 より:

    本日お昼に時間が空き立ち寄ってみました。自分が食べたのは【冷やし】のごまみそラーメンとカリカリ餃子。冷やしのラーメンは温かいのとはかなり印象が違うようで、さっぱり目の味噌の印象のあまり無い味噌ラーメンでした。上に乗っている水菜と鰹節がかなりいい仕事をしてくれていてさっぱりしている割には物足りなさを感じない逸品でした。もちろん餃子も美味しかったのですが、浜松に住んでいたことのある自分としてはやはり餃子屋を名乗るならば10個単位の餃子定食がメニューにほしいところと思ってしまいましたが東部の人は餃子のみで晩御飯とか考えないんでしょうね。

  4. かなり高橋 より:

    >蝸牛さん
    お、「冷やし」もあるんですか。それはいい情報です!!
    味噌ラーメンの冷やしって食べたことがないので、これはトライしてみたいところです。
    餃子定食、いいですね。東部でもあるお店にはありますが、これは商品化価値アリ!ですね。

  5. わい社長 より:

    実は開店当初に「味噌だけでは暑い夏場はラーメン客が来ないからつけ麺か冷やしを考えた方がよいよ」と言っていて、冷やしを作ったようです。かなりさんが冷やしはあまり好きじゃないようだったので連絡しませんでしたが最近冷やしにハマっているらしく、実食してからレポートしようかなと思っていました。

  6. かなり高橋 より:

    >わい社長さん
    へぇ、そうだったんですか。
    つけ麺よりもより冷や冷やの、冷たいラーメンはいいですね〜!
    ちなみに、今更ですが、冷やし中華にハマッてます(^^)

  7. 野良 より:

    実は一昨日の大雨の中、かなりさんの記事に刺激され「301餃子」さんへ伺いました!
    かって、蕎麦通の間では蕎麦に新風を吹き込む革新的で、情熱的なお店を「ニューウェーブ」と称しました。最近の若いラーメン店主の方々にはまさにこの【ニューウェーブ】の意気込みを感じずにはいられません。
    この301餃子さんにはそのラーメンへの意気込みがとても強く感じられました。
    まだラーメン病を発病して間もない私が、食べた感想をしたり顔で述べるには甚だ早計ではありますが、こちらのラーメンは301餃子さんでしか味わえない独創性があるように感じました。胡麻味噌と謂えども、主役の味噌を隠し味にするような強い魚介と胡麻の香りと風味!
    【旨味】成分を知り尽くした感のある若い店主に、驚きを隠せませんでした。とっても美味しかったです!

  8. かなり高橋 より:

    >野良さん
    このところ豪雨だったり雷だったりと、激しい天気が続いていましたね。
    どうやら今週からは夏らしい天気に戻るようですが、ラーメン好きには嬉しいやら大変やら・・・
    301餃子さんのラーメンも、若さ溢れるパワフルでエネルギッシュな一杯ですよね。
    店主さんも明るい方ですし、いいお店が出来ましたね。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」